2015年10月01日

地上の天国

今日は、ヨドバシで髪の毛が真っ黒の
「いしぐろさん」を発見しました(笑)
  
真剣な表情を見て、
改めて、「働く」って尊い事だなぁと思いました。
  
  
そして、私としては、
  
「一日でも早く、次のステージに進んで欲しい」
という気持ちを新たにし、
  
自分に出来る事をもっと追求しようと思いました。
  
  
自分がいくらラクを出来る様になったとしても、
やはり【 現場を見る 】って事は大切です。
  
自分が現場で働いてばっかりいても、
「教育」や「頭脳労働」は出来ませんが、
  
「現場をまったく見ない」というのも問題ですね。
  
  
私は、いくら自分が幸せになろうとも、
   
他人の苦しみが明確にイメージ出来るので、
人を助けたいというモチベーションが落ちることはありません。
  
  
他人の苦しみに共感できない人は、
そもそも、他人を助けようとは思わないでしょう。
  
  
私にとって、「雇われて働く」という事は、
苦痛でしかありませんでした。
  
それに比べれば、今は本当にストレスがありません。
  
  
・理不尽な上司もいない
・好きなときに寝て、好きなときに起きられる
・やり甲斐のある自分の好きな仕事だけやっている
  
【 ライフワーク&自営業 】は、最高です。
  
  
国本さんや吉田さんに対しても、
「やりたくない仕事はやらなくていい」と言っていますし、
  
本人がやりたくない事を強制した事は一度もありません。
  
  
ただし、面倒くさく感じても、
【 結果を出すためにどうしても必要不可欠 】
   
という事もあります。
  
  
例えば、「運動」なんかもその一つでしょう。
  
  
その場合は、なぜ必要不可欠なのか?
  
という事を理解してもらいます。
  
  
そうすると、「結果を出す為ならやろう!」って気になりますし、
  
意義を理解すれば、
「やりたくない事」も「やりたい事」に変わるのです。
 
   
  
しかも、私の心理メソッドを用いれば、 
人間関係においても、質がどんどん高まっていくので、
  
私の心理メソッドを忠実に実践している人は、
 
仕事上でも、
【 変な客、わがままな客が減って、客層が上がっている 】
  
と言ってくれます。
  
  
だから、人間関係のストレスも大幅に減るわけです。
   
   
私が企業を支援するとしたら、
   
「社員に長く働いてもらおう」という会社より、
「社員を鍛えて、どんどん独立させてやろう!」という会社の方が、
   
根本の価値観が合致しているので良いですね。 
  
  
なぜなら、今後は会社組織自体が衰退していくと思うからです。
  
個人の自立を支援していく方が、時代の流れに合っています。
  
  
  
私の役割は、人生における【 超高性能カーナビ 】です。
  
目的地を入力してもらったら、
障害の出来る限り少ない「最短ルート」を示す事が出来ます。
  
  
しかも、目的地を決める為のアドバイスまで出来ちゃう(笑)
  
  
ただし、私が代わりに運転してあげる事は出来ません。
  
運転するのは、あくまでも本人です。
  
  
だから、いくらカーナビが最短ルートを示しても、
  
運転手が
 
・「寄り道したい」とか、
・「遠回りしたい」とか、
・「アクセルを踏みたくない」とか言ったら、
 
その意志を尊重するしかありません。
  
  
私は、あくまでも「ナビ」としての役割と品質を、
極限まで追求するしかありませんけどね。
  
  
弟子たちの中にも、私のナビ(指導・助言)に従わず、
  
まったく逆方向に逆進している様な子もいましたが、
そういう子は必ず現実で頭を打ち、痛い目を見ます(笑)
  
  
そういう子は、
私のナビを全面的に信頼していないという事ですし、
  
「他人を信じられない」という事の根本原因は、
【自分自身を信じていない】という事なのです。
  
  
私は、自分を信じているから、他人も信じられるのです。
  
  
過去の国本さんは、
自分も信じていなかったし、他人も信じていませんでした。
   
  
でも、成長を続けていく上で、
自分を信じられる様になり、他人を信じられる様になってきました。
  
  
厳密に言うと、
  
私は他人を信じるばかりで、他人を疑う事が欠けてしましたし、
国本さんは、疑うばかりで、信じる事が欠けていましたから、
   
両方のバランスが大切です。
  
  
私が信じられると思う人は、
  
【 奉仕精神がある人 】です。
   
   
「自分が苦しい状況でも、他人への思いやりを絶やさない」
  
つまり、
【 目先の損得勘定より、美学や信念、正義感を優先する 】
  
そういう人が、信じるに足る人です。
  
  
私の周りに集まってくる人は、
大なり小なり、そういう部分を必ず持っています。
    
  
だから、私はそういう人たちの可能性を信じることが出来ます。
   
    
たまに、奉仕精神が無い人も目の前に現れたりしますが、
  
そういう人は、すぐに居なくなってしまいますね。
  
  
私も、そういう人を応援しようとは思えないですから。
  
  
「奉仕精神がある」って事は、本当に素晴らしい事です。
  
それだけ、【 魂のレベルが高い、成熟度が高い 】という事です。  
  
  
そういう人は、
  
自分の才能を活かして、大勢の人々に貢献していく方が、
自分も人生が楽しいし、全体の為でもあるのです。
  
  
ただ、奉仕精神があっても、恐怖が強ければ、
   
「保身に走りたくなるようなチキン根性」が
表に顔を出すこともあります。
    
  
でも、恐怖を消していけば、
純粋な奉仕精神だけが残るようになります。
  
  
ですから、
「奉仕精神」と「恐怖心」のせめぎ合いが起こったときに、
  
恐怖心をひとつひとつ乗り越えていく事が大切です。
  
  
利己的な人たちが集まれば、奪い合いが起こってモメますが、
 
奉仕精神溢れる人たちが集まれば、
与え合いの天国の様な社会になります。
  
  
良い人に囲まれるって事が、地上の天国ですね。


mixiチェック

haxe501 at 16:34│clip!