2015年09月25日

常識を捨てろって

先日、新しい弟子が一人増えて、
また弟子の合計数が10人に戻りました(笑)
  
  
私の弟子は減ったり増えたりしていますが、
  
弟子になった後も、
「仮弟子」から「本弟子」になるための【 試練 】があって、
  
それを乗り越えられない弟子は、弟子をやめてしまいます。
  
  
その試練とは、
 
【 「優等生の観念」を外せるかどうか? 】
  
です。
  
  
私の言う【 優等生の観念 】とは、
  
・完璧主義(減点方式の評価基準、あら探しをする)
・他人の評価=自分の価値(他人に幻滅されたくない)
・たった一人で何でも出来る人間が優秀(他人に頼りたくない)
・他人より出来る事に価値がある(劣っている人間に価値は無い)
  
  
というような、ネガティブ観念の総称です。
  
   
これらの「価値基準、評価基準」は、
学校教育で洗脳されてしまうのですが、
    
「学校では優秀」だと思われる事が、
  
「社会・仕事・成長」においては、
【 多大なる邪魔 】でしかありません。
  
  
ですから、私のやるべき最も重要かつ面倒な仕事が、
   
この「学校教育の洗脳を解くこと」です(笑)
  
  
これが、本当に大変で、
(※ なぜなら、大量のネガティブ感情と恐怖がくっついてるから)
  
これさえ無ければ、
もっと人はカンタンにポジティブに変われます。
   
  
だから、私は学校教育はクソだと言うのです。
   
   
この学校教育の洗脳(優等生の観念)を解くと言うことは、
  
「自分が信じてきた古い幻想を捨てて、新たな真実を信じる」
  
という事です。
  
  
しかし、多くの人は、
【 自分が信じてきた事を否定する(捨てる) 】という事が嫌いです。
    
   
・「自分が間違っていた」という事を認めたく無い!
・今までの「自分の頑張り」が無駄になるような気がする!
  
という風に、「ネガティブな過去」にしがみついていて、
その代わりに「ポジティブな未来」を捨てるのです。
  
  
だから、【 自分は今まで、たくさん無駄な事をしてきたんだ! 】
  
と、「素直に認められるかどうか?」が、カギなのです。
  
  
それを認められる人間は、
ネガティブな過去と決別し、ポジティブな未来を選択する事ができます。
   
   
私の弟子たちも、
今まで本当に「無駄な事」を繰り返して来ています(笑)
  
  
初めは、「自分のやってきたことが無駄だった!」
と、【 認める事 】に抵抗するのですが、
   
「過去の自分の過ち、間違い」を無理矢理肯定し続けるという事は、
   
その分だけ【 新しいポジティブな真実を否定し続ける 】という事です。
  
  
弟子で言うと、田中くんが一番、
  
「自分のやってきた事が、全部無駄だった」
  
と思いたく無いようですが(笑) 
  
  
その「優等生の観念」を持ち、
  
過去に学んで来た【 常識的で結果の出ない知識 】にしがみ続ける限り、
   
私の伝える、新しい【 非常識で結果の出る知識 】は吸収できないのです。
   
  
弟子にしても、お客さんにしても、
  
大きな結果を生み出している人の共通点は、
   
【 私の指導・助言を、全面的に信頼している 】
   
という人です。
   
   
本当に、それだけの差でしかありません。
    
  
なぜなら、私は「結果が出る事」しか言っていませんから。
  
   
【 必ずポジティブな結果が出る事だけを伝える 】
  
それが、私の仕事のポリシーです。
  
  
新しく弟子になった人も、
  
これまでは、私の勧める書籍を
あまり読んだことが無いみたいでしたが、
  
弟子になるという事は、
 
【 師匠の指導・助言に対して、全面的に従う】
  
という事なので、早速私の勧める本を読んで、
今、めちゃくちゃハイスピードで成長していると思います。
  
  
結局、「私が伝える内容」は変わっていないのですが、
  
本人の【 学ぶ姿勢、吸収する姿勢 】が変わったから、
  
「成長スピード」も「現実好転スピード」も速くなった訳です。
   
  
私の伝える事は、常に【 最高峰 】で【 最善 】です。
  
あとは、受取手の「吸収する姿勢」の問題なのです。
  
  
別に、大きな結果を出す方が偉いわけでも無いし、
  
結果を出すことが全てではありません。
  
  
私が提供してるのは、バイキング形式のビュッフェです。
  
私が提供する「知識」や「サポート」のウチ、
何を食べて、何を食べないのか、どれだけ食べるか?を決めるのは、
  
お客さんの自由です。
  
  
でも、私の伝える内容を信じて、実践してもらえれば、
  
必ず「本人も、周りの人」も含めて、
全体的に現実が良くなっていきます。
  
  
はこぶね倶楽部には主婦の人も多いですが、
  
その女性が自分自身をポジティブに変えていくことによって、
旦那さんの方もポジティブに変わっていっています。
  
  
弟子の国本さんや裕治くんがポジティブに成長しているので、
ご両親も、少しずつポジティブに変化している様です。
  
  
  
私の伝える内容を信じて、実践してもらえれば、
  
必ず「本人も、周りの人」も含めて、全体的に現実が良くなっていく。
  
  
それだけは、必ず【 断言 】する事ができます。
  
私が伝えるのは、「万人に結果の出る方法」ですから。
  
  
だから、もし私の元で学んでいて、
望む結果を出せていない人がいるとしたら、
  
残念ながら、
「私をそこまで信じてくれていない」という事でしょう。
   
   
私としては、自分を信じてくれれば、
ポジティブな結果を出せる自信はあるのですが、
  
自分を信じてもらえずに、
ポジティブな結果も出ないという事が、残念に思います。
  
  
弟子たちにしても、
   
過去に自分が学んで来た事にしがみつくという事は、
その分だけ、「私を全面的に信じていない」という事です。
  
  
私は、「過去に学んで来た事は要らない、邪魔だ」
  
って言ってる訳ですから。
  
  
結局、【 どっちを信じるのか? 】って話です。
  
  
でも、私を信じてくれている人は必ず結果を出していますし、
 
それは、周りを観察すればよく分かる事だと思います。
  
  
・過去に学んで来た「古いネガティブな常識」を信じるか? 
・私の伝える「新しいポジティブな真実」を信じるか?
   
  
結局人は、何かを信じている訳ですが、
   
「何を信じるか?」で、人生は決まります。
  
  
きっと、常識に囚われている人ほど、
 
非常識な私を信じる事は出来ないでしょう(笑)
  
   
でも、その非常識な事を信じた人が、
 
どんどん結果を出しているわけです。
  
  
・常識を信じて幸せになった人はいるでしょうか?
 
・常識を信じて金持ちになった人はいるでしょうか?
  
  
常識を信じれば信じるほど、苦しくなるのがこの社会だと思います。
  
  
私も、「学歴主義」という常識を信じて、苦しみ、挫折しました。
  
  
常識はクソです。 人の人生の足を引っ張る事しかしません。
  
  
常識を信じて幸せに、豊かになれるのであれば、
 
この世の中の人々は、もっと幸せで豊かなハズです。
  
  
この世の中で最も成功している様な人たちは、
 
みんな、【 常識を疑え 】と言います。
  
  
「常識に従って生きろ」なんて言う人は、誰もいません。
  
  
不幸になりたきゃ、常識に従って生きるという事です。
  
  
むしろ、常識を打ち破った人こそ、偉人として讃えられる訳です。
  
  
みんな、常識から外れるのを怖れているだけです。
  
常識から外れる事によって、他人の目が怖いだけなのです。
  
  
これから2020年に向けて、
社会全体の常識自体がどんどん崩れ去っていく事でしょう。
  
  
個人が常識にしがみついていると、
古くネガティブな社会システムと共に落ちていきます。
  
  
非常識になれないのは、他人の目が怖いからです。
  
  
「他人の見る目、他人の評価」を手放した人間が、
  
幸せに、豊かになれるのです。
  
  
そうは言っても、他人の目が怖いと思うのが普通です。
  
最後は、【 本人の一歩踏み出す勇気 】で、人生が大きく変わるのです。


mixiチェック

haxe501 at 16:29│clip!