2015年09月22日

自分の可能性を信じられない理由

先日の弟子の集まりで、
  
「自分の可能性を信じられない」という問題を抱えた子がいたので、
 
その原因について、深く掘り下げていました。
  
  
私は、昔っから自分の可能性を信じていたので、
自分の可能性を信じられない人の気持ちが、逆にわからない(笑)
  
  
だから、どういう考え方が原因で、
  
「自分の可能性を信じられないのか?」
  
深く突き詰めていくと、
  
結局は、
  
「しんどい事をしたくない!」
「怠けたがっている自分を認めたく無い!」
  
というのが、根本理由でした。
  
  
例えば、バイトでも社員でも良いですが、
新しい人が入社してきたとします。
  
で、その人が、
 
「やる気はめちゃくちゃあるんだけど、
 ものすごく要領が悪くて、仕事の出来ない人」だった。
    
   
その時、
  
1.クビを切る(諦める)
2.粘り強く指導する(諦めない)
  
と、2パターンの方法があると思います。
  
  
私は、後者の人間です。
  
  
なぜなら、人の可能性を信じているからです。
   
そして、他人の可能性を信じることと、
自分の可能性を信じることは同じです。
   
   
仕事のできない社員のクビをアッサリと切る人は、
   
「面倒な事はしたくない」と思っていて、
   
【 自分の可能性もそこまで信じていない 】という事です。
   
  
後者の、粘り強く指導するという事は、しんどい事です。
  
  
ですから、
  
【 可能性を信じる = しんどい事 】なのです。
   
   
だから、
無意識で「しんどい事はしたくないなぁ」と思っている人は、
  
【 自分と他人の可能性 】を信じられないのです。
  
  
・自分の可能性を追求する
・他人の可能性を追求する
 
どちらも「しんどい事」です。
  
  
「可能性を信じる」という事と、
「しんどい事をやる」という事は、【 必ずセット 】なのです。
  
  
私は、しんどい事をしてでも、
「自分と他人の可能性を追求したい」と思っているから、
  
「しんどい方」を選択する訳です。
  
  
他人の可能性を信じられず、アッサリと他人を見捨てる人間は、
  
自分の可能性も信じていない訳で、自分で自分のクビを締めています。
  
  
私は、極限まで他人の可能性を信じて、サポートを続けますから、
 
自分の可能性を追求する事も、極限までやるのです。
  
  
もちろん、しんどい事ですが、私は可能性を信じていますからね。
  
  
  
で、自分の可能性を信じられない弟子たちは、
  
【 怠けることは悪い事だ 】と否定していました。
  
  
そうすると、「怠けたい自分」を否定する事ですし、
   
逆に、「怠けたいと思っている自分」が強調されるような事が起こります。
  
    
その結果として、
   
【 成長に本気になれない、成長に集中できない 】
    
という風に、「自分は怠けているんじゃないか?」
   
と思えるような現実を引き寄せる事になるのです。
   
   
「怠けたい自分を認めつつ、でも怠けずに可能性を追求したい!」
 
と思ったら、しんどくても自分に出来ることをやろうと思います。
  
  
このカラクリを私が解き明かしたことによって、
  
弟子たちのモチベーションも少しはアップした様です。
  
  
自分の可能性を信じられない…、
 
と言う人は、
 
【 しんどい事をしたくないという「怠け心」 】
 
を持っているだけです。
  
  
でも、「怠け心」は誰でも持っています。
  
それは、悪い事ではありません。
  
  
まずは、【 怠けたい自分 】を認めて、
  
「その上で、自分はどうしたいのか?」です。
  
  
「可能性を信じること」と、「しんどい事」はセットです。
  
  
私は、「他人の可能性」を極限まで信じています。
  
だから、他人の為にしんどい事をいくらでもやります。
  
  
それは、「自分の可能性」を極限まで信じているからです。
   
    
【「怠ける自分」を否定しているから、自分の可能性を信じられない 】
   
生真面目な人こそ陥りそうな罠ですね。
   
   
これは、面白い【 心理のカラクリ 】でした。
  
  
自分の可能性を信じたい人は、
  
「怠けてもいいんだよ」って事を、自分自身に言ってあげる事です。


mixiチェック

haxe501 at 18:23│clip!