2015年09月06日

エネルギーヒーラーの仕事

私は、
  
教育者であり、研究者であり、
指導者であり、経営者でもありますが、
  
同時に、「エネルギー的なヒーラー」でもあります。
  
  
そして、「ヒーラー」という役割は、
その中でも、【最も精神的、肉体的に負担が大きい仕事】です。
  
  
私は、様々な役割を担い、
自分の持つ限られたエネルギーを、
  
どのように分配していくか?という事について、
いつも気を遣っていますが、 
  
他人へのヒーリングにエネルギーを割きすぎると、
他の仕事に支障が出るようになります。
  
  
ある意味、エネルギー的労働は、
「頭脳労働」よりも「肉体労働」に近いので、
  
私にとっては、出来る限りやりたい事ではありません(笑)
  
  
他人に対して、
「エネルギー的、精神的ヒーリング」を施すと、
  
少なからず、
相手からネガティブなエネルギーを受けてしまいます。
  
  
それは、絶対に避けられない事です。
  
  
ですから、私は出来る限り、
「セルフヒーリングの方法」を伝えています。
  
自分で自分のヒーリングをしていれば、
他人に悪影響が及ぶことが避けられますから。
  
  
でも、やっぱり自分一人では何とも出来ず、
プロのチカラを借りなければならない…、
 
という状況もあります。
  
  
そんな時こそ、私や国本さんが、
「セッション」や「コンサルティング」を行う訳です。
  
  
ヒーリングという行為は、ただのお喋りとは違います。
  
  
「目に見えない領域」で起こっている事なので、
それがどれほどの価値があり、どれほどの負担があることなのか?
  
という事については、わかりにくい事かも知れません。
  
  
だから、一般社会では、
  
ヒーリングという仕事の価値がよく理解されておらず、
むしろ、軽視されていると思います。
  
  
しかし、私の指導に基づいていろいろ経験していくと、
 
「エネルギー的な影響」が、
いかに自分の精神や現実に、多大な影響を及ぼしているか?
  
という事が、わかってくると思います。
  
  
例えば、「私の弟子から一時的に離れていた子」は、
その瞬間から、仕事でクレームが増えたと行っていました。
  
   
それが、エネルギーの価値であり、ヒーリングの価値です。
  
  
病院で「日帰り手術」を受けると、
約5万〜10万円くらいの費用がかかるらしいですが、
  
それくらいが、正当な対価だと思います。
  
  
まぁ、これが一般レベルでの話なので、
 
一流のプロの手術を受けようと思ったら、
「数千万円の費用」が必要な場合もある訳ですね。
  
  
もし、世の中の人々が、
  
目に見えないエネルギーの価値、ヒーリングの価値を、
正当に認め始めるとしたならば、
  
実力のあるヒーラーは、
一気に尊敬されて、経済的にも裕福になる事でしょう(笑)
     
   
そして、そういう未来は、刻一刻と近づいています。
  
  
現代人は、
 
「価値のないモノに価値がある」と思い込み、
「価値のあるモノに価値が無い」と思い込んでいます。
  
だから、貧しく、不幸な人間が多いのです。
  
  
働いて、稼いだお金で、
「実際には役に立たないクズみたいなモノ」
  
ばっかり手に入れているからです。
  
  
「価値の無いもの」に金を払い続け、
「価値のあるモノ」に金を払えないとすれば、
  
その人が「価値あるモノ」を手に入れる事なんて、
一生、あり得ません。
  
  
私は、日々高速で成長しているので、
   
その分だけ、私が費やす【 一時間あたりの価値 】というのは、
どんどん高まっています。
  
  
ですから、
    
成長スピードが遅い人や、 
「金銭的、エネルギー的、精神的」な【 対価 】を払えない人は、
  
私と会うことがどんどん困難になっていきます。
  
  
それは、昔から分かっていたことです。
  
  
私が、世の中を動かすような立場に立ったときには、
   
「今会っている人たちとは、必然的に会えなくなる」という事です。
  
  
私が、世界一になったときに、
3000円で仕事をするわけにはいかないですから(笑)
  
  
それは例えるなら、孫正義 社長が、
ソフトバンクの店頭で接客をするようなモノです。
  
柳井正 社長が、
ユニクロの店頭で接客をするようなモノです。
  
  
社長には、社長にしか出来ない、
もっと大切な仕事がありますからね。
    
  
普通の人は、自分が成長していくときには、
人脈(出会う人の層)を変えていくと思います。
  
過去に出会った人と離れ、疎遠になっていくと思います。
  
  
でも、私は「一緒に成長していける仲間」が大事だし、
   
出会った人を自分の成長の踏み台にして、
置いてけぼりにするのではなく、
     
その人のステージにあったサポートを、
一生、継続的に提供していきたいと思っていました。
   
  
だから、弟子を育てて、
  
私が直接サポート出来なくなっても、距離が離れてしまっても、
弟子がそういう人たちをサポート出来る様に算段しているのです。
  
  
もちろん、国本さんも成長していきますし、
国本さんも、今のお客さんとは会えなくなる時期が来るかも知れません。
   
   
でもそうなる前に、
国本さんの後継者となるヒーラーを、必ず用意するつもりです。
  
  
私にとって、
 
「教育者、指導者、ヒーラーを育てる」というのは、
【 組織の要 】です。
  
  
会社組織も同じだと思いますが、
  
信頼できる「教育者」や「指導者」をちゃんと育てておかないと、
組織は拡大できずに、行き詰まると思います。
  
  
結果的に、大きな影響力を持つ事が出来なくなります。
  
  
根本的に政治を変えるには、国民への教育が必要だし、
  
組織を上手く成長させて行くにも、教育者が要。
  
  
結局、【 教育こそ、この世で最も価値のある仕事 】だという、
  
私の信念は変わらず、むしろ、強くなっていく一方なのです。


mixiチェック

haxe501 at 17:53│clip!