2015年08月29日

利己と利他のバランス

「経済的に豊かな人」には、利己的な人が多くて、
「精神的に幸せな人」には、利他的な人が多い訳です。
  
二つの両立には、
「利己と利他」、「優しさと厳しさ」のバランスが必要で、
  
この両方を兼ね備えるのは、結構難しくて、
だから、その両方を満たしている人は少ない訳です。
  
  
でも、これからの時代は、
  
その両方を高いレベルで満たしている人で無いと、
生き辛い世の中になっていきます。
  
  
厳しい時代ですが、ポジティブな世界になっていく上では、
避けて通れない道です。
  
  
私は、人に優しくするのは得意ですが、厳しくするのが苦手です(笑)
  
ついつい、甘くなってしまいます。
  
  
ブログ記事だけ読んでいる人は、
私の事を厳しい人だと思っているかもしれません。
  
まぁ、それも否定しませんが、
  
それ以上に何倍も、めちゃくちゃ優しい人間なのです。
  
  
私の近くに居る国本さんに聞いてもらえれば、
私がどれほど思いやりの深い人間か、わかってもらえると思います(笑)
  
  
でも、ポジティブな結果を出すには厳しさも必要ですし、
  
私自身、昔に比べれば、
めちゃくちゃ「厳しさ」を備えられるようになってきました。
  
  
時に、厳しい事でも伝えなきゃいけない事もありますが、
  
文章で書くとまだ気が楽なので、
厳しい事は文章で表現しているわけですね。
  
  
それに、直接相手に厳しい態度を取ると、
  
めちゃくちゃ邪気・邪念をもらってしまうので、
それを避けようとしている意識も働いている気がします。
  
  
本当は、もっと冷酷になった方がバランスが取れるのでしょうが、
つい、お節介を焼きたくなります。
  
  
「冷酷になる」と言う事は、自分を守るために、
ドン底にいる相手を「見捨てる」とか、「見放す」と言う事ですね。
  
しかし、私は人の可能性をトコトン信じていますから、
「見捨てる」と言う事が、なかなか出来ません。
  
  
偉大な人間になるには、もっともっと、
【 「厳しさ」と「優しさ」の幅 】を広げて行かなければなりません。
   
   
その為に必要なのは「勇気」です。
  
恐怖に立ち向かう勇気。
  
  
保身を捨てて、他人に貢献していくにも勇気が要るし、
  
保身を捨てて、他人に厳しくしていくにも勇気が要ります。
  
  
【 どれだけ保身を捨てられるか? 】
  
が、大きく成長していけるかどうかの分かれ目です。
  
  
勇気を持って、保身を捨てた分だけ、前に進めるのです。
  
  
私は自分が死ぬことを真剣に考えましたから、
  
一度捨てた命だと思っていますし、
死ぬこと自体にあまり恐怖はありません。
  
  
最悪のどん底を知っているからこそ、
修羅場をくぐっているからこそ、
 
リスクを背負って、前に進む事が出来ます。
  
  
私は、保身を捨てたら、
その分だけ「大きな報酬が待っている」という事を理解しています。
  
  
徳も積めますし、逃げなかった自分を心から褒める事が出来ます。
  
  
だから、保身に走りたい気持ちが出てきても、
 
その気持ちをねじ伏せて、他人に貢献する道を選択します。
  
  
保身に走って逃げても、ただ苦しみが増大するだけです。
  
  
私も「恐怖の乗り越え方」を理解する以前には、
目先の恐怖から逃げまくって、苦しみまくった経験があります。
   
怖いことから逃げるだけでは何の解決もしないし、
単に苦しいだけだと学びました。
  
  
自分(我)を捨てて、「もうどうなってもいいや!」
 
と、恐怖の中に飛び込める勇気を持つ者だけが、
前に進めるのです。
  
  
やっぱり、度胸試しに、
弟子全員にバンジージャンプを飛んでもらおうかな(笑)
  
勇気を出した分だけ、自信が身につくのですから。


mixiチェック

haxe501 at 13:53│clip!