2015年08月18日

一本道を敷く

目標を立てても、
すぐに飽きたり、挫折したりして上手く行かない人は、
  
「目標」の前に、
そもそも「目的」が見つかっていないからです。
  
  
人生を懸けた「目標」を立てるのであれば、
人生を懸けた「目的」が見つかっている必要があります。
  
  
「目的」が見つかっていないのに、
「目標」を立てたって、実現する訳ありません。
  
  
そもそも、「目標」とは、
「目的」を満たすための手段でしかありません。
  
  
私が、「自分の人生を懸けて世界一に立つ」と、
目標を公言しているのは、
  
人生を懸けた「目的」が明確だからです。
  
  
それに、目標を立てる時には、
  
【 現実的に考えて、それがどれくらいの難易度なのか? 】
  
と言う事も、知っておかなければなりません。
   
  
自分が登る「山の高さ」も知らないのに、
ちゃんとした準備もできる訳がありません。
  
「1000m級の山」を登る恰好で、
「8000m級の山」を登ろうとしたら、死にます(笑)
  
  
自分がチャレンジする山の高さくらい、
正確に把握しておかなければなりません。
  
  
自分の人生を懸けた「目的(使命・情熱)」を自覚した上で、
  
本当に高い山(目標)を目指すのであれば、
自分のエネルギーをそこに一点集中させる必要があります。
  
  
一本道を敷くのです。
  
  
少年ジャンプのマンガでも、
 
・ルフィが「海賊王に、おれはなる!」とか、
・ナルトが「火影になる!」とか、
  
そういう風に言ってると思いますが、それと同じです。
  
  
そして、どんなに大きな試練がやってきても、
自分の発言・行動は曲げないのです。
    
  
でも、多くの人は、
自分の行く道を「一本道に絞る」ことを怖れます。
  
  
なぜか? 
 
【 出来なかったときの事を考えて、保険を掛けたかがるから 】です。
  
  
もし、公言をして、出来なかった時に恥ずかしいから、
言うのを止めようとするのです。
  
  
そういう風に、「出来なかった時の事」を怖れている時点で、
   
「でかい目標」なんて叶いっこ無い訳ですが。
  
  
逆に、何でも軽々しく公言して、自分の発言を裏切り続け、
恥を掻くどころか、信頼を失っていく様な人間もいますけどね。
  
  
もし公言して出来なかったら、
  
【 「無力さ」や「悔しさ」を感じ、「大恥」を掻く 】
  
ただそれだけです。
  
  
甲子園の出場チームだって、
みんな優勝を狙っている訳です。
  
  
で、負けたら、悔しくて泣くのです。
  
  
でも、負けることを怖れて、初めから勝負しない人間には、
  
一生、「大きな夢」なんて掴めっこありません。
  
  
「恥」をビビって怖れている時点で、「大物」になれる訳がありません。
  
  
私がもし自分の言っている事を実現できなかったら、
  
堂々と恥を掻くだけです。
  
  
堂々と公言し、堂々と恥を掻けば良いのです。
  
  
そのリスクを怖れている限り、夢など叶いません。
    
  
目標を本当に実現させたければ、現実的(シビア)に考える事です。
  
  
本当に実現させたい目標を立てるときには、
  
自分が発言するときと同じで、
めちゃくちゃ慎重にならなければなりません。
  
  
私はめちゃくちゃ慎重です。
  
自分の発言には「重い責任が伴う」と理解しているからです。
  
  
で、そういう慎重な人間が「やる!」って言うなら、
 
それは本気なのです。
  
  
軽々しく発言する人間が「やる!」って言っても、
  
「朝令暮改」で、すぐに言う事がコロコロ変わって、
アテにならないのです。
  
  
そういう人間は、「有言実行、言行一致」できない事こそが、
【 本物の恥だ 】と言う事を解っていないのです。
   
  
本人は恥を掻いていないつもりかもしれませんが、
周りの人間から見たら大恥です。
  
  
同じ「やる!」でも、
 
「慎重に、慎重に、考え抜いた末の結論」と、
「何も考えずにテキトーに言ったこと」では、
  
月とスッポンの差があります。
  
  
目標を実現させるのは、前者であり、
  
後者の目標は実現しないのです。
  
  
「目標」が上手く立てれない人は、
まず、その前に「目的」を見つけなければなりません。
  
目標を立てるなど、10年早いのです。
  
  
目的(自分の魂が何を求めているのか?)さえ見つかったら、
   
目標は自然と立てられるモノです。
  
  
だから、まずは自分を知る事、
 
【 自分の情熱、使命をちゃんと知る事 】です。
  
  
その前に具体的な長期目標なんか立てても、どうせ叶いません。 
  
  
弟子たちにも、
   
【 自分の発言を裏切る事は、恥を掻き、信頼を失う行為 】
だと言う事を理解した上で、
  
  
・本気で無いこと、出来もしないことを軽々しく発言しない
・自分の発言には責任を持つ 
  
と言う事を、徹底していってもらいたいと思います。


mixiチェック

haxe501 at 14:33│clip!