2015年08月07日

この先、誰にも「平凡な人生」など待っていない

ここ最近、世の中平和だなぁと思います。
  
  
もちろん、平和を感じていない人もいるでしょうが、
  
・世界を揺るがすような大規模な金融危機も、
・日本において3・11に匹敵するような天変地異も、
  
起きてはいません。
  
  
まるで、「嵐の前の静けさ」の様です。
   
   
しかし、近い将来、
  
大規模な金融危機、テロ、天変地異、原発事故などが連発し、
戦時中の様に「社会が荒れ狂う時期」がやってきます。
    
  
多くの人が「住む家」や「仕事」を奪われ、
食糧も手に入りにくくなり、食うにも困る様な社会がやってくるのです。
  
  
日本という国は、食糧を海外から大量に輸入し、
その食糧の食べ残しを大量に廃棄しています。
  
そういう事をしている国の人々は、
【 食べ物の有り難み 】がわかっていないので、
  
それを思い知らされる現実を必ず引き寄せます。
   
  
さらに、テクノロジーも発達していきます。
  
  
昨日、国本さんに近未来の社会像をリーディングしてもらいましたが、
  
近い将来には、携帯電話もなくなります。
  
チップを使ったテレパシーが、遠距離交信の主流となる様です。
  
  
そういえば、孫正義さんも、同じような事を言っていました。
   
http://www.j-cast.com/2013/07/24180083.html
http://logmi.jp/39608
  
  
当然、国本さんは孫さんのニュースなど見ていないませんが、
別々のソースから、共通の未来像が描かれている訳です。
  
  
人工知能やロボットの技術が発達していけば、
ルーチンワークは全て、テクノロジーに代替されます。
  
電車の運転手、タクシードライバー、
コンビニやスーパーのレジなど、
  
そういう仕事はみな、機械がやるようになります。
  
  
今人間がやっている仕事は、みんな無くなっていくのです。
  
  
コンピュータやロボットには真似の出来ない、
【 創造性のあるクリエイティブな仕事 】が出来る人だけが、
  
豊かに生活していくことができます。
  
  
その準備が、今から出来ているかどうか?です。
  
  
それ以外の人は、
  
田舎に移り住んで、農業をしながら自給自足するか、
スラム街のようなところで暮らしていくしか無いのです。
  
  
同じ地球上に住んでいて、
  
ドバイ、シンガポール、ニューヨークなど、
キレイで発展している都市もあれば、
 
アフリカなどに行けば、
幼い子供が農園で重労働を課せられています。
  
  
これが、日本の中でも起こるわけです。
  
二極化が進み、日本国内でも、貧富の差が激しくなっていくのです。
  
  
この流れは、政治家がどれだけ頑張ったところで、
止められる訳ではありません。
  
  
現在、「まったくパソコンを使えない!」と言う人は、
携われる仕事にかなり制限がかかると思います。
  
  
私の父は理系で、幼少の頃から自宅にパソコンがあり、
私は小学生の頃からブラインドタッチの練習をしてしましたし、
  
兄は、小学生か中学生の頃には、
DOSでプログラミングをしていました。
  
  
私は子供の頃からパソコンに慣れていたので、
 
大人になってからも、
仕事をする上でだいぶと得をしたと思っています。
  
  
ただ、子供の頃は、
パソコンを触っていると「オタク呼ばわり」されていましたけどね(笑) 
  
  
でも、今パソコンに長けていても、
オタク呼ばわりされることは無いと思います。
   
むしろ、尊敬されるプロフェッショナル扱いだと思います。
  
  
現在では、心理やスピリチュアルに精通していると、
オタク扱いを受けると思います(笑)
  
しかし、それもコンピュータと同じで、
いずれ尊敬されるプロフェッショナルと思われる日が来るでしょう。
  
  
私は、子供の頃にオタク呼ばわりされたとしても、
パソコンという最新の技術に触れていて良かったと思います。
  
  
そして、現在では、心理やスピリチュアルの知識が、
それに相当します。
  
  
今はオタク呼ばわりされても、
次世代に必ず必要とされる知識なのです。
  
  
先を読める人は、先手を打ち、未来に備えることが出来ます。
  
  
私は、「先見性があるな」と思っている人をマークして、
観察しています。
   
  
先述の孫正義さんも、その一人です。
  
孫さんは、ITの事業を経営している訳ですから、
「IT業界の未来」を読めていなければ、話になりません。
  
自分の予測している未来が外れたら、
「事業がコケる」のと同じ事ですから、絶対に慎重になります。
  
  
そういう人は、徹底的に情報を収集し、
未来を予測し、読み込んでいるのです。
  
  
単なる「素人の予想」などとは、次元が違うのです。
   
   
自分が無知だとしても、先見性のある人をマークしておけば、 
 
どういう未来がやってくるのか? ある程度予想できますし、
 
それに備えておくことが出来ます。
  
  
断言出来ますが、これから先、平凡な人生など誰にも待っていません。
  
  
この地球上に生きる全ての人が、
  
上に上がっていくか、下に落ちていくか、二つにひとつです。
  
  
上に上がる気のない人は、落ちるしか無いのです。
  
  
テクノロジーは急激に進歩しています。
 
さらに、金融危機、テロ、天変地異、原発事故など、
世界を揺るがすような事件も多発していきます。
  
  
そんな中、何もせずに、
現在の生活レベルをずっと維持できると思ったら大間違いです。
  
  
社会全体が急激に成長している中、
自分は成長せずに立ち止まっていたら、
  
生活は苦しくなっていく一方です。
  
  
成長しない者は、必ず淘汰されていきます。
  
  
10年後には、今やっている仕事も、
テクノロジーに取って代わられるのです。
   
だから、進歩し続けないと、自分のやる仕事は無くなっていきます。
  
  
私が子供の頃、コンピュータを触っていたのと同じように、
 
今から次世代を迎える上でできる備えは、
 
自分の才能を開花させ、
【 自分だけのクリエイティブな仕事が出来るようになる事 】です。
  
  
それ以外の仕事は、みんなコンピュータとロボットがやります。
  
  
こう言っても、ほとんどの人は、「目先の事」ばかりに囚われて、
具体的な準備などしないものですけどね。
  
  
これから平凡な人生など無く、上に行くか、下がるしか無い。
  
そいういう状況で、自分はどっちに行きたいのか?
  
  
その決断を下すことで、自分の未来が決定するのです。


mixiチェック

haxe501 at 15:32│clip!