2015年08月04日

「遊び」の機会提供

ここ数日、はこぶね倶楽部に関して、
「次の一手」を考えていました。
  
  
成長の機会提供は、もう充分過ぎるほどだと思いますが、
  
ライフワーク(自分の好きな仕事)を見つけて行くためには、
自分のやりたい事をどんどんやっていく事…、
  
つまり、「遊び」が必要となります。
  
  
私は、ここ何年も仕事ばかりしていますが、
  
中学3年生の時に挫折してからは、
何年も遊びまくっていました。
  
高校の頃は、パソコンゲームに没頭し、
専門学校は、音楽と歌に没頭していましたから、
  
その間の5年ほどは「遊びまくり生活」だったと思います。
  
  
そうやって、やりたい事をやりまくってきたので、
  
自分の好きなこと、嫌いな事が明確に自覚していますし、
自分の好きな仕事で生きていられると思います。
  
  
しかし、ほとんどの人は、
  
人生の中で、5年間も学校の勉強もせずに
遊びまくるような生活などしていないと思います。
  
  
だから、「遊んだ方が良い」と言われても、
何をして遊べば良いのかわからないのです。
  
  
そこで、今後は、
はこぶね倶楽部で「遊びの機会提供」をしていきたいと思います。
  
  
私は、最近マンガをよく読んでいましたが、
  
自分の好きなマンガを読んでいたおかげで、
弟子たちに「成長に役立つマンガ」を読ませる事が出来ました。
  
  
他にも、私は高級なお店でご飯を食べるのが好きですが、
  
それも、弟子やお客さんを連れて行くことで、
波動向上の機会を提供している訳で、
  
別に、初めから仕事に役立てようと思っていなくても、
自分の好きでやっていたことが、仕事の役に立っている訳です。
  
  
つまり私は、【 好きで遊んでいる事が、結果的に仕事に繋がる 】
  
というライフスタイルを送っているのです。
  
  
逆に言うと、遊ばないと「経験と引き出し」が乏しくなり、
  
「仕事のネタにも困ってしまう」という事です。
  
  
バシャールの言う通り、
  
「ワクワクを追いかけていると、全てが調和していく」
  
という感じです。
  
  
プライベートでワクワクする事をしているから、
仕事も上手く行くわけで、
 
ワクワクする事を抑えていたら、
仕事にもブレーキになってしまいます。
  
  
ただ、私は一人で遊ぶのは得意ですが、
  
みんなで遊ぶという経験に乏しいので、
「ここは国本さんの出番だな」という感じです。
  
  
スケジュール調整とか、私は苦手なのですが、
国本さんは得意なので、非常に助かります。
  
  
ちなみに、私がやってみたい事のひとつに、
バンジージャンプがあります。
  
  
小学生の頃、ある遊園地に行ったときにやってみたかったのですが、
「体重が軽すぎてダメ」と言われてしまいました。
  
  
ハワイでのスカイダイビングも超楽しかったですし、
とにかく空を飛ぶのが好きみたいです。
  
  
根性試し、勇気試しにも良いかなと思いますので、
ぜひ、みんなでやってみたいと思います。
  
  
今後、国本さんには、
純粋な遊びの企画をたくさん立ててもらいたいです。


mixiチェック

haxe501 at 21:41│clip!