2015年06月24日

ネガティブな体験が向上心に繋がる

なぜ自分にここまでの向上心があるのか?
  
って言うと、
  
「ネガティブ体験の賜物」としか言いようがありません。
  
  
精神的に苦しんだ経験があるから、
心理に興味をもった訳だし、
  
これまで、自分より視野が狭く、頭の悪い人間たちに、
見下されてきたからこそ、
  
「自分が正しいって事を証明してやる!」って気になって、
  
【 誰もが認めざるを得ない様な、バカでかい結果を出してやる! 】
  
という、目標を持つに至りました。
  
  
【誰もが認める頂点に、絶対に立つ!】
  
それぐらいしないと気が晴れないくらいの、
とても強い「屈辱」を感じてきました。
  
  
それぐらい、
 
自分は良い事を行っているのに、正しい事を言っているのに、
  
自分より「視野が狭く、頭が悪く、勇気の無い人間たち」から、
誤解されて、石を投げられるという経験は、腹が立つモノです。
  
  
例えるならば、「みにくいアヒルの子」の超絶版ですね(笑)
  
  
「テメエらアヒルのクセしやがって!」
  
「時間が経てば見てろよ!」
  
  
ってな感じです(笑)
  
  
別に、相手に復讐したいと言うわけではありません。
  
ただ、目に見える結果を出すことによって、
自分自身が正しかったのだと、自分に納得させたいのです。
  
  
ネガティブな動機も混じっているかも知れませんが、
  
気を晴らす為の手段は
他人や社会への貢献であり、非常にポジティブなので、
  
別に問題はありません(笑)
  
  
そう思えば、
  
・ネガティブな経験にも価値があったな、
・ネガティブな経験も有り難かったな、
  
という風に思う事が出来ます。
  
  
ネガティブな経験も、
ひっくり返せばポジティブになります。
  
 
ひっくり返すには、ポジティブになる意志を持つこと。
   
   
それが出来なければ、延々とネガティブな現実が続きます。
  
  
私は膨大な「闇」を背負い、それを「光」にひっくり返してきました。
  
まだまだ、まだまだ、ひっくり返し足りません。
  
  
まだまだこれからです。
  
  
頂点に立つまで、私の気は晴れません。
  
  
だからこそ、
 
私は現状に全く満足したりなどしませんし、
  
私のモチベーションは落ちたりしないのです。


mixiチェック

haxe501 at 14:03│clip!