2015年05月22日

ネガティブな現実を引き寄せるメカニズム

先ほど、「現実は内面の反映」という事をかきましたが、
 
では、なぜ望んでもいない
ネガティブな現実を引き寄せてしまうのか?
   
  
それは、現実創造のメカニズムと言うのは、
 
否定している事も、肯定している事も、両方引き寄せるからです。
  
  
【引き寄せの法則】と言えば、
 
「自分が望んでいる事を引き寄せる法則」
だと思っている人も多いですが、
 
そうでは無くて、
  
自分が肯定している事も、否定している事も、
【同等に引き寄せる】という法則なのです。
  
  
ですから、ネガティブな現実を引き寄せてしまった時は、
  
その「ネガティブな現実が起こること」に対して、
  
否定したり、責めたり、裁いたり、
恐怖心を持っていたりする訳です。
  
  
何かを否定するネガティブな考えが、ネガティブな感情を生み出し、
そのネガティブな感情が、ネガティブな現実を引き寄せるのです。
  
  
例えば、「浮気は悪い事だ!」と強く想っている人ほど、
  
浮気が起きないのでは無く、
  
逆に、パートナーに浮気をされたり、
自分が浮気をしてしまったりするのです。
  
  
肯定にしろ、否定にしろ、
【自分の想いの強さ】で、現実化するかどうかが決まります。
  
  
・「夢を叶えたい!」という、純粋な気持ちと、
・「夢が叶わなかったらイヤだ!」という否定的な気持ち、
  
があるとして、
  
「夢が叶わなかったらイヤだ!」
という否定的な気持ちを強く持っている人は、
  
夢は叶わないのです。
  
  
私は昔、「義理堅いこと」が正しい事だと思っていて、
「恩知らずは悪い事だ」と、強く思っていました。
  
そうすると、
  
自分が何かしてあげた人から、
恩を仇で返される様な現実をたくさん引き寄せてしまうわけです(笑)
   
それも、「自分が否定している事」を引き寄せてしまった訳です。
  
  
当時は、裏切られた時に、
相手のせいにして、相手を責めて、被害者意識を持っていましたが、
  
今では精神的に成熟しているので、
「あれも自分の内面の反映、自業自得だったな…」と思える様になりました。
  
  
では、どうすればネガティブな現実を引き寄せなくても済むか?
 
と言うと、【許すこと】です。
  
  
「別に、裏切っても良いよ。 恩を仇で返しても良いよ。」
 
そういう風に思える様になったら、裏切られる事も無くなります。
  
  
「許す」と言う事は、【否定しなくなる】と言う事ですから、
 
わざわざ、ネガティブな現実を引き寄せなくなります。
 
 
そして、純粋に「自分の望みだけ」が、現実化されていく訳です。
  
  
ネガティブを許した分だけ、恐怖心も無くなって、
ネガティブな現実を創造しなくても済む様になります。
  
  
ネガティブを否定したり、責めたり、裁いたり、
ネガティブに対して恐怖心を持っていると、
 
その否定的なヴィジョンが見事に現実化してしまうのです。
  
  
【 こういう事は絶対に起こって欲しく無い! 】
  
と、強く想えば想うほど、それが現実化してしまうのです。
  
  
「別に起こっても良いよ」と許せちゃうと、起きないのです(笑)
  
  
「恥を掻きたくない!」と強く思っている人は、
逆に、恥を掻いてしまうのです。
  
「別に恥を掻いてもいいけどね」と思っている人は、
恥を掻かなくても済むのです。
  
  
メカニズムがわかればカンタンな話です。
  
  
ネガティブに感じている事を、
ただひたすらに許して許して許して…、
 
そうしていくと、人間としての器が広がり、
イライラしたり、他人を責めたりは、しなくなっていくのです。
 
   
それと同時に、
ネガティブな現実も引き寄せなくなる、創造しなくなるのです。


mixiチェック

haxe501 at 03:56│clip!