2015年04月06日

クリエイター or 農家

これから、ますます画期的なテクノロジーが生まれてくる訳ですが、
  
そうなると、当然ながら、
  
今まで人間がやっていた仕事を、
テクノロジーが奪っていくことになります。
  
  
それは、「産業革命」の時も、「IT革命」の時も同じです。
  
  
イノベーションと言うのは、旧い物事を破壊してくのです。
  
ですから、今まで存在していた多くの仕事が
失われていくことになるでしょう。
   
 
技術革新は、大量の失業者を生むのです。
 
   
ですから、
  
【 「機械、ロボット、コンピュータ」には、絶対に出来ない 】
  
という仕事をしていかないと、職を失う可能性が非常に高いわけです。
  
  
で、テクノロジーに仕事を奪われ、
職を失った人はどうなるのか?って言うと、
   
「農業に携わる可能性が非常に高い」と思われます。
  
  
これは、チャネリングの情報でもそうですし、
理屈で考えてもそうなる可能性は高いと感じます。
  
  
ですから今後は、
  
・頭脳労働者、クリエイター、ライフワーカーとして生きるか?
・田舎で農業をしながら暮らすか?
   
という、ざっくり大きく分けて「2方向の生き方」を迫られると思います。
  
  
別に、農業をバカにしている訳では無く、農業は重要です。
  
重要だからこそ、そこに人が流れていく訳です。
  
  
・自分の才能を開花させて生きていくのか?
・テクノロジーに仕事を奪われて、田舎に引っ越して暮らすか?
  
  
現在の時期というのは、
  
【どちらの生き方を選択するのか、迫られている時期】
と言っても、過言では無いと思います。
  
  
正直、田舎暮らしも悪くないと思いますよ。
  
都会でストレスにまみれて生活するより、
幸せだと思います。
  
  
「農業が大好き、農業が天命」と言って、自ら田舎に引っ越す人もいれば、
 
「仕事が無いから仕方無く…」という理由で引っ越す人もいるでしょう。
  
  
どちらにしても、
  
「自らのクリエイティブな才能」を開花させない限り、
  
テクノロジーに仕事を奪われる可能性大です。
  
  
自分の才能を磨くこと無く、
目の前のルーチンワークをただこなしているだけでは、
  
【 ワクワクした未来 】には辿り着けないのです。
  
  
今ここで、
  
【自らの才能を自覚し、開花させ、磨いて行く選択】をしないと、
  
10年後、20年後、本当にどうなるかわかりません。
  
  
目先の日銭を追っているだけでは、
【長期的な豊かさ】は手に入らないのです。
  
  
私は、【人が持つ固有の才能を開花させる仕事】をしていますので、
  
長い目で見て、「ワクワクしながら豊かに暮らしたい人」は、
  
覚悟を決めて、やってきて下さい。


mixiチェック

haxe501 at 09:46│clip!