2015年03月10日

UFOキャッチャーから学ぶこと

昨日、久々にUFOキャッチャー(クレーンゲーム)をやりました。
  
  
私は基本的に、
「不確実なモノ(不確定要素)」にお金を出す事はしません。
  
  
「勝てるかどうかわからない、負けるかも知れない…」
という「戦(いくさ)」は好まず、 
  
【勝てるとわかっている戦】が好きです(笑)
  
  
ただ、「このまま行ったらどうせジリ貧だ」とわかっている時には、
  
リスクを取って「勝てるかどうかわからない戦」
にでも賭けた方が良い事もありますし、
  
自らの【美学、信念】を貫く為に、決死の覚悟で、
「負けるとわかっている戦」でもやらなければならない時もあります。
  
  
ただ、「ピンチを切り抜ける手段」についてたくさん学ぶより、
そもそも元からピンチにならないように備えておく方が賢いです。
  
  
なので、基本的に戦は「勝つべくして勝たなければならない」と思いますし、
  
その為に用意周到な「準備」や「見極め」は欠かせません。
  
  
ですから、UFOキャッチャーをやる時も、
  
まず、「取れるかどうか?」を見極めます。
  
  
「取れないヤツ」にいくらお金をつぎ込んでも取れませんから、
  
「取れるとわかっているヤツ」を狙うのです。
  
  
もし、「取れるかどうかわからないヤツ」にチャレンジする時は、
結果に執着せず、お金をドブに捨てるつもりでチャレンジします。
  
  
何故かというと、ゲームに求めているのは【景品】では無く、
  
難しいゲームにチャレンジする事によって感じる、
「ハラハラ・ドキドキ・悔しさ・達成感」という【感情】だからです。
 
「ジェットコースター」や「お化け屋敷」などと同じですね。
  
  
そして、何回かやってみて、
「もう取れそうに無い」と判断したら、すぐに諦めます。
  
「引き際」や「諦め」が肝心なのです(笑)
  
  
無謀なチャレンジにいくら突っ込んで行っても、
生産性はありませんからね。
   
   
こういう所でも、【 知性 】や【 精神力 】が試されます。
   
   
「戦」には「お金」が必要ですが、 
   
「勝てるかどうかわからない戦」を仕掛けて、
   
しかも、「(元を取る)勝つまでやる!」なんて思っていると、
   
貴重な資源(お金)を、底がつくまで浪費し続けてしまいます。
  
  
そういう人間がギャンブルをやると、
破産するまでやり続けてしまうのです。
  
  
商売(ビジネス)も同じですね。
  
  
無謀に「勝てない戦」をやり続けるのは、頭の悪い殿様です。
  
「勝てない戦」を出来る限り避けて、
「勝てる戦」になるように【段取り】してから仕掛けるのが賢い殿様です。
  
  
大切なのは、
  
・攻めた方が良いのか、退いた方が良いのか、
・諦めない方が良いのか、諦めた方が良いのか、
  
その【 見極め 】なのです。
  
  
そして、負けてしまった時に、
  
それ以上傷口を広げない為に、
【 潔く負けを認めて、退ける勇気 】なのです。
  
  
それを見極める方法が、
宇宙の絶対の法則である【バランスを理解し、体得する事】です。
   
   
「潮時」や「引き際」を見極めるには【知性】が必要です。
  
そして、
潔く自分の負けを受け入れるには、【精神力(度量)】が必要です。
  
  
無謀なチャレンジに貴重な資源を突っ込み続ける人間は、
  
【知性】も欠けてしますし、潔く負けを認める【精神力】も欠けています。
  
  
ですから、「悲惨な結果」を招いてしまうのです。
  
  
個人事業、個人経営だとしても、
自営業者にはリーダーシップが求められます。
  
  
そして、リーダーには、【知性】と【精神力】が欠かせないのです。


mixiチェック

haxe501 at 13:55│clip!