2015年03月08日

価値観のメカニズム

人間には、人それぞれ「価値観」があります。
  
  
「価値観(Values)」というのは、
「優先順位(Priorities)」と言い換えても良いです。
   
何よりも何を優先する…、
  
その集合体が、その人の価値観を形作っています。
   
   
その人それぞれの価値観を知る一番の方法は、
  
【「お金」を何に使うか?】を見れば良い訳です。
  
  
・貯金
・自己投資
・ギャンブル
・旅行
・オシャレ
・インテリア
・お酒
・他人との交流
・スポーツ
・芸術
  
  
その人の「お金の使い方」を見れば、
  
その人の価値観がよくわかります。
  
    
どんなに経済的に豊かでも、成長を目指さない人は、自己投資しません。
  
逆に、どんなに経済的に貧しくても、成長を目指す人は、自己投資します。
  
  
ですから、私は相手がどれだけお金を持っているかどうか?ではなく、
  
「自己投資に価値を感じて、お金を払うかどうか?」を見ています。
  
  
価値観というのは、
「お金」だけで無く、「時間の使い方」にも現れています。
  
  
その人の時間の使い方を見ても、その人の価値観はすぐに読み取れます。
  
  
でも、ここで忘れてはならない事は、
 
【 人の価値観は、その人の成長と共に変わっていく 】
 
という事です。
  
  
例えば、私は20歳の時に、お金持ちになりたいと思いました。
  
なぜなら、お金持ちになれば、幸せになれると思ったからです。
  
  
それに、他人からすごいと思われるし、
  
過去、自分を嫌っていた人間たちを見返せる!とも思いました。
  
  
でも、
 
・「不幸な金持ちもいる」という事を知り、
・「他人からすごいと思われたい」という気持ちが薄れ、
・「お金の本質、経済の本質」を理解していくと共に、
  
「お金持ちになる」という事に対して、【固執】することは無くなりました。
  
  
それよりも、
 
【自分の才能、能力を限界まで使って、
 この人生で、この世界で、自分には何が成し遂げられるのか?】
  
それを【知りたい!】と言う気持ちが湧いてきました。
  
  
それさえ目指していれば、
  
自動的に「有名」にもなるし、「お金持ち」にもなると思いますから、
過去に自分が望んでいたことも、全て一緒に叶うことになります。
  
  
要するに、過去の自分の、
「お金持ちになりたい」という欲求は、
  
【 他人から認められたい、すごいと思われたい 】
  
という、「満たされない想い」から生まれていた訳で、 
   
【自分本来の価値観】では無く、【歪められた価値観】だった訳です。
  
  
【「精神的に成長する」と言う事は、
 「本来の自分に戻っていく」という事】です。
  
  
しかし、ほとんどの人は、「自分の価値観」を自覚していません。
 
「自分が本当に何を求めているか?」を知らないのです。
  
  
そして、自分に【軸が無い】から、
    
【「多数派の動向」や「他人の評価」】を気にして、
自分の振る舞いを決めています。
  
  
例えば、私はウイスキーやブランデーは飲みませんが、
 
それは、「自分の好みじゃ無い」と言うことを知っているからです。
  
  
私は、「自分の好み」を知っているから、
好きな飲み物を選んで飲めるわけです。
    
  
でも、自分の好き嫌いがわかっていない人は、
  
カワイイ女の子たちが、
「ウイスキーやブランデーを飲める男性って、大人っぽくて素敵!」
   
なんて言っていたら、その子たちから"良く見られたくて"、
自分が「本当は飲みたくも無い飲み物」でも、我慢して飲んでしまう訳です。
   
   
要するに、
 
「本来の自分の価値観」では、お金を求めている訳では無いのに、
 
【お金を持っているとスゴイと思われる!】
 
という思い込みから、お金を求めている人は多いのです。
  
  
そういう人たちが本当に欲しいのは、
「お金」では無く、【他人の評価】なのです。
  
  
でも、自分の精神を成長させて、
「他人からすごいと思われたい!」という気持ちが無くなれば、
  
【お金に固執する気持ちも無くなる】のです。
  
  
「価値観が変わる」わけですね。
  
  
ですから、短期間で価値観が急激に変化している人ほど、
   
「ハイスピードで成長している」という事になります。
  
  
それと共に、【時間の使い方、お金の使い方】も変わります。
  
  
私は、世間の常識や、他人の評価によって歪められてきた価値観を手放し、
  
【 自分本来の価値観 】を知る事に注力してきました。
  
  
つまり、「他人の好き嫌い」に振り回されること無く、
 
【自分の好き嫌いで生きられる様になってきた】という事です。
  
  
だから、私は幸せです。
  
  
「他人の評価」の為に、
自分が飲みたくも無い酒を飲むことがありませんから(笑)
  
  
他人から、「そんな酒を飲むなんて、気が知れない…」
  
なんて言われても、自分はそれが好きだから、それを飲みます。
  
  
それが、「自分を幸せな気分にしてくれる」という事を知っているからです。
  
  
みんな、他人から嫌われる事を怖れて、
  
「自分を幸せな気分にはしてくれない酒」を飲んでいます。
  
  
他人から嫌われる事を怖れている限り、
   
【 自分本来の価値観(好き嫌い) 】というのは、見えてきません。
   
   
【自分を幸せにしてくれる酒】を知る事無く、死んでいくことになります。 
  
  
私は、今までたくさんの人に嫌われてきました(笑)
  
  
意気投合した友達やビジネスパートナーに嫌われ、女の子に嫌われ、
目をかけた生徒や弟子に嫌われ、
  
  
いや、本当によく嫌われてきたなと思います。
  
  
尽くしてきた相手にほど、嫌われて、
  
今まで、「恩を仇で返される事」の連続でした。
 
  
「純粋な愛を持って、エネルギーを注いできた相手に嫌われる苦痛」
というのを乗り越えてきましたし、
  
そのおかげで、私には【嫌われ耐性】があるのです(笑)
  
  
他人から嫌われる事に対して何にも思わなくなると、
  
自分を縛ってきた枷が取れて、本当に、精神的に自由になります。
  
  
他人に振り回されたり、惑わされること無く、
本当に自分の好き嫌いだけを優先して生きていく事ができます。
   
   
そして、自分と趣味の合う人たちと生きていく事が出来るわけです。
  
  
ですから、
とても辛かったけれども、今思えば良い修行だったなと思います。
  
  
もし、他人の目を気にして、本来自分を偽っているのだとしたら、
  
現在の人間関係も、【偽りの人間関係】という事になります。
  
  
ただ、お互いを傷つけないように、孤独を慰め合うだけの、
上辺だけの関係です。
  
  
そこに、「信頼関係」はありませんから、
  
いざというときに、何の役にも立ちません。
  
  
「本来の自分」をさらけ出して付き合える相手が、本当の仲間です。
   
   
ですから、まずは自分の精神を成長させ、恐怖を乗り越え、
   
「本来の自分の価値観」を自覚出来るようになる事が大切なのです。
   
   
それが出来ない限り、
 
「自分を幸せにしてくれる酒」を知らないまま死ぬことになります。
   
   
他人の評価を気にして、
「自分の口には合わない酒」を我慢して飲み続けることになるのです。
  
  
ただ、それを我慢し続けられる人は、平凡な人生で良いんじゃ無いですか?
  
  
・不味い酒を飲み続けるのが、どうしても我慢できない人、
・自分を幸せにしてくれる酒を見つけたい人
   
は、私が教えますよ。


mixiチェック

haxe501 at 17:38│clip!