2015年02月18日

自分の人生を本気で良くしたいと思っている人は少ない

私が「人に教える内容」で一番大切にしている事は、
  
【 確実性 】です。
  
  
「自己啓発」や「ビジネス教育」に携わっている講師や著者、
コンサルタントなどのほとんどは、
  
自分なりの成功哲学、成功法則を語る時、
  
その中身は【経験則】か【思い込み】です。
  
  
だから、全員に当てはまりません。
  
  
一方、私の伝えている内容は、
 
「経験則」でも、「思い込み」でもなく、
【宇宙の法則に基づいた、絶対的に揺るがない事実】です。
  
  
私が伝えている内容を素直に実践すれば、
 
誰でも「人生の質」を高めていくことができます。
  
  
もし、私が伝えている内容を実践しても結果が出なかったら、
腹を切って死んでやりますよ(笑)
  
それぐらいの自信があります。
  
  
私は、自信を持つ、ストレスを無くす、
人間関係を良くする、収入を高める、 などなど、
  
「人生を良くする方法(成長法・成功法)」について、
  
一切の例外を許さない、
【 万人に当てはまる方法論 】を研究してきました。
  
  
ですから、「人生を良くする」というテーマにおいて、
私が伝えている情報と、その他大勢の情報では、比較になりません。
  
月とスッポン、雲泥の差です。
  
  
なぜ、私がそこまで【確実な方法】を研究し、構築できたのか?
  
  
というと、「他人の人生を良くしたい」という、
 
並々ならぬ情熱があるからです。
  
  
その「想い」だけは、誰にも負けないと思います。
  
  
その「妥協無き想い」があるから、限界まで追求するのです。
  
  
自分が「この人の人生を良くしたい!」と思って、
  
出来なかったら悔しいじゃ無いですか。
  
  
私は、「自分の事だけ考えて、他人の事は知りません」というような、
ドライな事は出来ないのです。
  
  
普通の教育者なら、生徒の結果が出ない時、
 
「相手に才能が無い」とか、「行動力が無いからだ」とか、
  
何かと言い訳を付けて、「結果が出ないのは相手のせい」で、
  
自分の【指導力不足】ではないし、「自分の責任じゃ無い」と思うでしょう。
  
  
「他人の人生を良くすることに、どこまでも真剣になる」よりも、
   
「自分の責任を回避すること」の方が大切なのです。
  
  
だから、それ以上考えないと思いますが、
 
私は、なんとかして「この人に結果を出して欲しい!」と思います。
 
 
だから、【自分に出来る事を限界まで追求している】のです。
    
    
生徒に結果が出ないことを、「生徒側の責任」としている限り、
  
それ以上、教育者、指導者として成長する事はありません。
  
  
私は、
「生徒に結果が出ないのであれば、それは全て自分の責任だ」
  
という信念を持って、徹底的に研究を続けてきました。
   
   
その積み重ねの結果、
 
【万人に当てはまる方法論】を確立できたわけです。
   
   
「これで、たくさんの人を救えるぞ!」って思いました。
  
  
ところが実際には、ほとんどの人が、
  
【 そこまで「自分の人生を良くしたい」とは思っていない 】
  
という事実に気付きました。
  
  
自分の人生を良くするために、
  
「やりたくない事」をやる必要は無いし、
寝る間を惜しむような「ハードワーク」も必要ありません。
  
  
ただし、【 絶対に必要なこと 】があって、 
   
自分自身の抱えている【恐怖・ネガティブ感情】と向き合って、
   
自分の意識内の「ネガティブな考え方や感情」を浄化し、癒し、
クリアにしていく必要があります。
  
  
その上で、孤独への恐怖を乗り越え、人間関係への執着を捨てて、
  
「向上心の無い人たちとの関係をバッサリと断つ事」が必要です。
  
  
でも、ほとんどの人は、
 
それをしてまで、「自分の人生を良くしたい」とは思っていないのです。
  
  
なぜなら、自分本人にそこまでの向上心が無いからです。
  
向上心がある人間より、
向上心が無い人間と付き合っている方がラクだと思えるくらいに、
 
自分に向上心が無い訳です。
  
  
私が、「誰でも歌が上手くなれる方法」を伝えられるとしても、
 
「歌が上手くなりたい!」と、毎日自ら進んで練習するぐらい
「歌に情熱を持っている人」ばかりでは無いように、
   
   
私が、「誰でも人生を良く出来る方法」を伝えられるとしても、
 
恐怖やネガティブ感情と向き合ってまで、
「人生を良くしたい」と思っている人は、多くないのです。
  
  
それは私にとっては、【衝撃的な事実】でした。
  
  
たくさんの人を救うために、研究を重ねてきたのに、
  
「救われたい人自体」がほとんどいない訳ですから(笑)
  
  
だから、私は他人の人生を良くするために、
【本人の「やる気」と「勇気」】以外のモノは用意しますけど、
  
「やる気」と「勇気」が無い人は、どうしようもないんだと悟りました。
  
  
だから、「やる気」と「勇気」だけは、生徒側の責任です。
  
それ以外の要素は、すべて私の責任です。
  
  
もし、「やる気」と「勇気」を持って、私の伝えるメソッドを実践し、
  
それでもし結果が出なければ、全て私の責任にして頂いて構いません。
  
  
それぐらいに、強気で自信満々に言える「教育者・指導者」って、
私の他にいないと思いますよ(笑)
  
  
私が言っているのはハッタリや見栄ではなく、本物の自信ですからね。
  
  
私が伝えているのは【 誰でも確実に結果が出せる方法 】だからこそ、
 
そこまでの自信が持てるわけです。
  
  
「絶対に勝てる賭け事」みたいなものです(笑)
  
  
でも、ほとんどの人は、「長期的に人生の質を高める事」よりも、
  
「目先の感情」の方が大切なのです。
  
  
目の前の「恐怖」や「快楽」に振り回されて、 
  
先の事なんか考えずに、
「今さえ良ければそれで良い」というような生活を送っています。
  
  
まるで、エサを我慢できないワンちゃんと同じですね。
  
  
目の前の「恐怖」から逃げ続け、目の前の「楽しみ」だけを追い続ける。
  
  
イヤな事、考えたく無い事は、「先回りして対処」するどころか、
全部【先延ばし、先送り、保留】
  
  
国民の大半がそういう人間だからこそ、
  
政治家も、日本の借金について根本的解決に目を向けず、
赤字国債を発行し続け、問題を先送りし続けているのです。
  
  
質の高い人生を送る人は逆です。
  
長期的視野を持って、「将来の楽しみ」のために、
今苦しくとも、先回りして「目の前の恐怖」と向き合い続けるのです。
  
  
「やる気」と「勇気」を持つ人が増えれば
  
世の中は良くなっていくのですが、
 
私は、【人々の意識の目覚め】を待つばかりです。


mixiチェック

haxe501 at 00:13│clip!