2014年12月28日

覚悟、決断力、集中力

人間が仕事で成功する上で、
【絶対に必要不可欠な性格】というモノがあります。
  
  
それは、
  
・中途半端が嫌い、やると決めたら徹底的
・優柔不断では無く、決断力と覚悟がある
・All or Nothing
  
という、「オンオフ」がハッキリした性格です。
  
  
人間が何かを成し遂げるには、大きなエネルギーが必要であり、
  
そのエネルギーを生み出すのは、【集中力】に他なりません。
  
  
【集中】は、「無駄の排除」によって生まれます。
  
  
無駄を抱えてる人は、
エネルギーがあちらこちらに霧散して、大きなパワーが出ないのです。
  
無駄を排除するからこそ、効率も上がります。
  
  
ですから、「無駄を抱える」と言う事は、
【「集中力」と「効率」を落とす】と言う事です。
  
  
ですから、
 
「無駄」は【有害】であって、
「ゼロ」では無く【マイナス】なのです。
  
  
「たくさんの無駄を抱える」と言う事は、
「たくさんのマイナスを抱えている」という事なのです。
  
  
なので、あっても無くても良いモノは、「無い方が良い」のです。
  
  
じゃあ、なぜ多くの人は、
  
「無駄を抱え続け、無駄を捨てられないのか?」
  
と言うと、【リスクを怖れているから】です。
   
  
「一度捨てたら、もう手に入らないよ」と言われると、
  
「じゃあ持っておこうかな?」と思ってしまうのです。
  
  
「モノ、人、情報の断捨離」が出来ないのは、
リスクを怖れ、リスクを避けているからです。
  
  
要するに、自分が「決断、判断、選択」で失敗して、
損をする事を怖れていて、何か保険や保証が欲しいのです。
    
   
新しく「価値ある何か?」を手に入れる為には、
今持っているモノを手放さなければなりません。
   
  
その程度のリスクも背負えないようであれば、
「よりよい生活、よりよい人生」など望めません。
  
  
【失敗】を怖れる人が、どうして成功できると言うのでしょう?
  
失敗を怖れている限り、成功はできませんし、
 
リスクを取って、「何かを捨て、何かを選ぶ」という、
決断をする必要があるのです。 
  
  
常に安全な道を進もうとする人には、何も成し遂げられません。
  
  
「リスクの無い道には、成功も無し」です。
  
出来る限りリスクを減らすことは大切ですが、ゼロにはできません。
  
  
「成功するかどうかわからないけど、
 とりあえずこれに賭けてやってみよう!」
  
という【覚悟を決める瞬間】が無ければなりません。
  
  
私の弟子は、私に人生を賭けているのです。
  
私に弟子入りする前は、
 
「弟子入りした後、自分がこの先どうなるか?」
なんてわかってない訳です。
  
  
私に弟子入りしたところで、
「確約された事」や「保証」など、何もありません。
  
  
もし、私や国本さんがグルでウソを付いていて、
  
とてつもなく悪いヤツだったら、
人生を棒に振る事になるかもしれない訳ですからね(笑)
  
  
それでも、信じて、賭けてやってみようと思うから、
価値ある何かが手に入った訳です。
  
  
捨てる事を怖れていたら、価値ある何か?なんて手に入りません。
  
  
私は、中学生の時に自殺願望を持っていましたが、
この日本で、最悪な事って自殺だと思います。
  
この日本で、「拷問されて生き地獄を味わう」
っていう事は無いと思うので(笑)
  
  
肉体的苦痛か、精神的苦痛で、
どうしても苦しかったら、最後は自分で自分の命を絶つ。
  
  
それが、最悪の最低ラインだと思います。
  
  
でも、私はもうそれを経験しちゃったので、
  
あまり怖いモノが無いのです。
  
  
「自分の人生がどうしてもダメになったら、最後は自殺だな」
  
と思って、生きてきましたから。
  
  
でも、スピリチュアル的に自殺は、
宇宙にとっても自分にとっても、かなりマズい行為みたいなので、
  
どれだけ苦しくても自殺はしない方が良いみたいですけどね。
  
  
ただ、私は最悪の最低ラインを経験したので、
「底」がわかっているわけです。
  
「底」を何度も乗り越えてきたので、もうあまり怖いモノがないのです。
  
  
だから、リスクも積極的に背負って生きていけるのです。
  
  
私は、独立できずに一生サラリーマンで生きるなら、
死んだ方がマシだと思っていました。
  
だから、世間の常識で言われるように
「正社員で長期間働くこと」などにこだわらず、
 
【自分の成長】と【独立】だけを目指してきたのです。
  
  
それは、「安定したサラリーマンの道を捨てた」という事です。
  
  
過去の私に、
 
「失敗すればサラリーマンに戻ればいいや」
なんて気持ちは微塵もありませんでした。
  
  
【独立以外は「死」】 その覚悟で生きてきました。
  
  
私は自分の人生において、
 
「保険をかけよう」とか、「保証が欲しい」なんて、
そんな態度で生きてきた訳ではありません。
  
  
独立一本だけを目指してやってきたわけです。
 
サラリーマンの道を断っている分、【集中力】が凄まじいのです。
  
  
「サラリーマンの道も残しておこう」なんて思っている人は、
  
集中力が出ないので、
成功はなかなか難しいんじゃ無いかと思います。
  
  
孫正義さんが、
「事業で失敗したらサラリーマンでもやればいいかぁ」
 
なんて気持ちで起業した訳がありませんから(笑)
  
  
・自分にはこの道しか無い!
・自分の人生をこの道に賭ける!
  
その覚悟、集中力が、「爆発的なエネルギー」を生み出すのです。
  
  
「自分の進む道を一本に絞る」という事は、
 
【それ以外の道を断つ、捨てる】という事です。
  
  
それぐらいのリスクを背負う「覚悟」と「決断力」が持てないと、
  
仕事で大きく成功する事は難しいですね。 というか、不可能ですね。


mixiチェック

haxe501 at 09:29│clip!