2014年12月23日

金を払う方がエライと思うな

これは、国本さんに言い続けてきた事ですが、
最近、他の弟子にも伝えています。
  
  
ほとんどの人は、
【「お金」を払う側の方がエライ】と思っています。
  
  
だから、自分が「客の立場」の時には自分の事しか考えず、
 
商品やサービスを提供してくれる人に対して、
 
・何でもやってもらって当たり前
・無理や無茶を聞いてもらって当たり前
 
と言う風に思っています。
  
  
企業の社長であれば、
  
給料を払っている俺の方が偉いんだから、
「社員は俺の言う事を黙って聞けよ」と思っています。
  
  
しかし、私はどこのお店に行っても、
  
お店側の立場を尊重して、お店側の事を考え、
「自分は良い客でありたい」と思っています。
  
  
【良い客】って言うのは、
  
・店側に迷惑をかけない
・他の客に迷惑をかけない
・愛想が良く、お店側に感謝してくれる
・売上げにたくさん貢献してくれる
  
という感じです。
  
  
ホント、大して店側の売上げに貢献していない良い客でも無いクセに、
自分が客と言うだけで偉そうにするなと思いますね(笑)
  
  
私は、自分が居る「空間全体の調和」を考えて、
「身の振り方」や「過ごし方」をいつも考えています。
  
  
だって、お店側に嫌われて困るのは自分です。
  
  
自分がいつも利用させてもらってるのだから、
そこが使えなくなって困るのは自分です。
  
  
企業の社員も同じで、
能力のある社員に辞められたら企業側も困る訳で、
  
そのくせ、相手に偉そうにするなんておかしいのです。
  
  
たった一回しか会わないであろうタクシーの運転手さんにだって、 
私は、良い乗客でありたいと思っています。
  
  
そういう意識が反映されて、私は何処に行っても、
大抵いつも丁寧に接客してくれる人と当たります。
  
  
ただ、弟子たちと一緒にどこかにいくと、
接客が悪い人と当たることもあります。
  
  
自分一人だったら、接客の良い人と当たるのに、
弟子と一緒だったら、接客が悪い人と当たったりします。
  
  
現実は、自分の「意識」と「波動」の反映です。
  
  
彼らはまだまだ未熟で波動が低いので、
彼らが引き寄せる人間のレベルは低く、私とは違います。
  
彼らは、現在の自分のレベルに見合った店員さんを引き寄せるのです。
   
   
それと、「お金を払う方がエライ」という観念を持っていると、
  
・自分が社員の時には会社に逆らえず、媚びへつらう事になりますし、
・自分が社長の時にはお客さんに逆らえず、媚びへつらう事になります。
  
  
自分がお金を払う側の時に傲慢な態度でいると、
それが返ってきて、傲慢な客を引き寄せる事になります。
  
  
社長の方が「俺は給料払ってやってるんだぞ!」
と言うような偉そうな考えだと、
   
「安月給で働いてやってるんだぞ!」
と言うような、傲慢な考えの社員を引き寄せる事になるのです。
  
  
結局は【類友】で、「似た者同士」が引き寄せ合っているのです。
  
  
理想の関係は、お金を払う方も、受け取る方も、
お互いの価値を認め、心から感謝し合っている関係です。
  
  
ですから、私は弟子たちに、
「金を払う方だからと言って気を抜くな!」と言っています。
  
【どこのお店に行っても、お店側の立場を考えて、
 空間全体の空気を読んで、
 
 お互いに気持ち良く過ごせるような「良い客」でありなさい】
  
と言っています。
  
  
そうすればこそ、自分がビジネスをやる時にも、
良いお客さんがやってきてくれる事になるのです。
   
   
自分がお店側に「偉そうにワガママ放題」言っていると、
  
それが返ってきて、
偉そうにワガママを言うお客さんを引き寄せる事になります。
   
  
そして、自分も「お金を払う方がエライ」と思っているモンだから、
  
そんなお客さんに対して、強気な態度が取れなくなるのです。
  
  
商売人と顧客の関係というのは、本来は【対等】なのです。
  
社長と社員の関係も同じく、本来は【対等】なのです。
  
  
それは、上司部下の上下関係とはまた別の基本的な部分においてです。
  
  
【対等】と思えないという事は、自分の感覚がズレているからです。
  
  
スターバックスでは、アルバイトの事をパートナーと呼ぶらしいですが、
   
それも、【対等の関係】を大切にしている事の反映だと思います。
  
  
「金を払う方がエライ」と思っている人は、
  
この資本主義社会によって、
まんまとネガティブに洗脳されているのです。
  
  
何にしても、
  
こっちが金を払うんだから、
「何でもやってもらって当たり前」という風に思って、
   
相手に感謝できないという事は、
とりあえず「精神的にズレている」という事なのです。
  
  
自分がお金を払う時に、相手に感謝できていなければ、
それは、「自分がズレている」という証拠なのです。


という事で、「金を払う方がエライ」と思っている、
社長、経営者、商売人は、【三流】としか言えませんね。


mixiチェック

haxe501 at 06:45│clip!