2014年11月27日

公器・公僕となる覚悟

「企業は社会の公器である」
  
この言葉は、松下幸之助さんの言葉ですが、
ユニクロの柳井さんも、この言葉を信条とされているらしいです。
  
  
そういった【世の中に対する「奉仕・貢献の信念」】があるからこそ、
社会のてっぺんに立つ様な企業を創り上げる事ができるのでしょう。
  
  
【無私の精神、滅私奉公の信念】があるからこそ、
  
誰よりも大きな成功が手に入るのです。
  
  
私も若い頃は、「社会の公器」なんて言葉を聞いても、
  
意味がわかりませんでしたし、
その「崇高な言葉」に共感も出来ませんでしたし、
  
「自分には関係がない話だ」と思っていました。
  
  
でも、今の私には【公器・公僕になる覚悟】があります。
  
  
なぜなら、私の「夢・理想」を叶えるためには、それが必要だからです。
  
  
夢・理想というのは、「願えば叶う」というモノではありません。
  
【相応の負荷を背負い、対価を払ってこそ、】手に入るモノなのです。
  
  
「自由と責任」という記事でも書いていますが、
  
自由を手に入れる為には、
その分の「責任(不自由)」を背負わなければなりません。
  
  
会社の社長は、会社の中で一番自由な立場ですが、
  
社長は転職出来ませんからね。 不自由でしょ?(笑) 
  
  
社員は、仕事がイヤになったらすぐ転職できますが、
  
社長は、仕事がイヤになったからと言って、
お客さんや取引先をほっぽり出して、逃げたり出来ないのです。
  
まぁ、夜逃げする人もいるかもしれませんが、
逃げたら、信頼を失いますし、結局、まともな生活は出来ません。
  
  
社員は逃げれますが、社長は逃げられません。
  
  
社長は、会社の中で「一番自由で、一番不自由」なのです。
 
それが、リーダーというポジションなのです。
  
  
【大きな事を成し遂げる】という、
自分の「夢、理想、志、野心」を現実のモノとするには、
  
【相応の負荷を背負い、対価を支払う必要がある】のです。
  
  
私の「夢、理想、志、野心」は非常に大きいので、
 
その分、背負わなければならないモノも大きくなります。
  
  
だから、

自分の【手に入れたい夢・理想】と、
自分が【背負わなければならない負荷・対価】を、
 
天秤にかけて、
 
自分が「一番心地よい」と感じるバランスポイントに収まることが、
 
「自分の望み通りの幸せな人生」を送る上で、大切な事です。
  
  
「手に入れたい夢・理想」が小さければ、
「背負わなければならない負荷・対価」も小さくなります。
  
  
【じゃあ、自分はどれぐらいの負荷・対価を背負えるのか?】
  
  
それが、「人間としての器の大きさ」を決めます。
  
  
私は、極限まで自分の夢・理想を追求したいから、
  
極限まで負荷を背負い、対価を払っていくつもりです。
  
  
そして、「偉大な夢・理想」を叶えるには、
  
【社会の公器・公僕となる覚悟】が必要なのです。
  
  
そうしてこそ、社会の中で広く認められ、
必要とされる存在になることが出来るのです。
  
  
そういう生き方が出来る人は少ないでしょうし、
  
そんなに多くなくても良いと思います(笑)
  
  
人によって、
  
・夢・理想の大きさ
・背負える負荷・対価の量
  
というのは、違ってきます。
  
  
大きければ良いというモノでは無く、
 
「自分の好みのサイズ」に収まることが、
本人の人生にとって一番幸せな事だと思います。
  
  
例えば、飛行機で移動するとなれば、
   
そりゃ、出来れば、狭いエコノミーに座るよりも、
プライベートジェットに乗りたいと思うでしょう。
  
どっちでも良いと言われればね。
  
  
でも、プライベートジェットで移動できる人は、
それ相応の負荷を背負い、対価を払っている訳です。
  
  
【じゃあ、自分はどれだけの負荷を背負い、対価を払えるのか?】
  
  
その背負える分だけの大きさだけ、夢・理想も手に入ります。
  
  
私には、【偉大な夢と理想】があります。
  
その為に、
  
・「天の意志に従う(操り人形になる)」というコミットメント(覚悟)
・「社会の公器・公僕となる(無私・滅私奉公)」というコミットメント(覚悟)
  
をしている訳です。
  
  
その「大きな不自由(責任)」を背負ってでも、
  
私は、自分の夢・理想を叶えたいと思うからです。
  
  
結局、宇宙は【公平なバランス】で出来ています。
  
  
「自分だけズルをする」なんて言うことは出来ません。
  
ズルをしようとしたら、「しっぺ返し」が必ずやってきます。
  
  
私の弟子たちも、自分の夢・理想を叶えるために、
  
「どこまでも負荷を背負い、対価を支払う」という覚悟が出来ています。
  
  
自分の限界まで背負う。 
 
つまり、上限・制限なしの「ノーリミット」な訳です。
  
  
その覚悟が持てないのであれば、
弟子を辞めてもらうと言っていますから(笑)
    
   
そのコミットメントがあるので、将来有望なのです。
  
  
その覚悟の無いヤツが、
いくらノウハウやテクニックなんか学んだって、成功できません。
  
  
結局は、【根本の精神力(意志・勇気・覚悟)】で差が付き、
  
「結果が出るかどうか?」が決まるのです。
  
  
あなたは、「自分の夢・理想」の為に、
   
【どれだけの負荷を背負い、対価を払えますか?】


mixiチェック

haxe501 at 15:56│clip!