2014年11月26日

ブランド(信頼)は効率の要

私は、お客さん向けに、
自分が使って良かった商品を紹介し、オススメしていますが、
  
お客さんも、みんなそれをすぐに買って試してくれます。
  
  
「中井さんがオススメするなら、きっと良い商品だろう」と、
お客さんたちは、私の事を信じてくれているのです。
  
  
昨日投稿したエルメスの件もそうですが、
  
【ブランド(信頼)】があれば、
 
何かを紹介する時に、「コマゴマとした説明」が要らないのです。
   
   
ブランドが無いから、
毎度毎度、コマゴマした説明が必要になるのです。
   
それって、だいぶ手間ですよね?
  
  
私は、【無駄が大嫌いの「効率の鬼」】なので、
  
「ブランド(信頼)」を何よりも大切にしているのです。
  
  
「ブランドが有るか無いか」で、効率に非常に大きな差が出るのです。
  
飛び込み営業だって、相手との「信頼関係」が無いから大変なのです。
  
  
相手との「信頼関係」があれば、
商談や取引も、それだけスムーズになるのです。
   
   
なので、【ブランド(信頼)】は【効率の要】なのです。
   
   
そして最近、私が「はこぶね倶楽部」で紹介した商品が、
 
アマゾンや実際の店舗で
【在庫切れを起こす】という事象が数件起こっています。
  
  
なので私は、「不特定多数の読者向け」のブログ記事では、
「固有名詞」をほとんど紹介しないのです。
  
  
既存のお客さんや、
紹介した商品を取り扱う企業に迷惑がかかるといけませんし、
  
私自身、「他人が作った商品を紹介する」という事に対して、
それ相応のリスクを背負っています。
  
  
もし、私が紹介した商品で、何か事故でも起これば、
  
それは、他人に迷惑をかける事になり、
私自身の【ブランド(信頼)】にも傷が付く事になるからです。
  
  
だから、私は「他人が作った商品」を紹介する時には、
  
極めて慎重に考えています。
  
  
弟子たちにの中には、
この事があまり解っていない子もいたので、
  
以前、注意した事がありましたけどね。
  
  
私は安易に「他人の商品」を紹介しませんし、
  
アフィリエイトなどで、【自分の利益(マージン)の為】に、
何でもかんでも「情報商材」を紹介している人たちを見ると、
  
美学の欠片も無いし、気持ち悪いと思ってしまいます。
  
  
彼らにとっては、
「お客さんの結果」よりも、「お金」の方が大事なのです。
  
  
そんな姿勢で仕事をしているから、
「上辺だけ」で、【中身の伴った本物のブランド】も出来ないし、
  
毎度毎度、面倒な手間をかけて、
セールスレターを作らなければならないのです。
  
  
一方、はこぶね倶楽部では、信頼を何よりも大切にしていますから、
  
「メンバーが何か新しい事を始める!」と言った時も、
スムーズに人が集まります。
  
  
それをいちいち、「セールスレター(紹介文)」を書いていたら、
 
手間が面倒すぎて、貴重な時間が無くなります。
  
  
私は、【信頼】を大切にしているので、
  
面倒な事に手間をとられず、時間にゆとりがあるのです。
  
  
商売っていうのは、信頼の上に成り立つモノです。
  
  
【信頼の重要性】をわかっていない人間が、
  
インターネット上で、何も知らない無知な人間に衝動買いをさせて、
  
金を奪って、「自分はビジネスをわかっている」と思い込んでいるのだから、
 
「勘違い」も甚だしいですね。
  
  
まぁ、無駄な事に手間をかけてる人って、
忙しいのが好きなのかもしれないですけどね。
  
  
私は「時間にゆとりある生活」が好きなので、
 
無駄を排除して、徹底的に効率を高めていきます。


mixiチェック

haxe501 at 18:15│clip!