2014年10月29日

自滅のカルマ的パターン

昨日「ジョン・タイター」の本が届いたので、読んでいましたが、
非常に興味深く、バシャール並みに面白い本でした。
  
http://www.amazon.co.jp/dp/4903491137 
  
  
質問者に対する「ジョン・タイターの受け答え」をみていると、
  
ジョン・タイターは、
  
非常に「論理的な思考」をしていて、
「精神的にもかなり成熟している人物である」と思いました。
  
  
彼に対して、多くの現代人は、
  
・来年優勝するスポーツチームを教えろ
・来年流行る音楽を教えろ
・値上がりする株価を教えろ
  
という様な事を言うのですが、
  
その「的外れな質問」に辟易していたようです。
  
  
あなたは、
30年前に優勝したスポーツチームを鮮明に覚えているのか?と、
 
さらに、パラレルワールドの概念を理解すれば、
タイムラインは一つでは無く、無限に存在していて、
  
いくらでも違う歴史が作られる可能性はある訳で、
  
「予言した時点で、未来が変わってしまう」という概念を、
理解できない人も多く、
   
【平均的な現代人の頭の悪さ(論理的思考力の無さ)】を
   
露呈するような内容でした(笑)
  
  
私は、本を読んで、ジョン・タイターが
「本物のタイムトラベラーである」という確信がさらに深まりました。
  
  
それと、「時間に対する本質」や、
「タイムトラベルというモノの本質は、具体的にどういったモノなのか?」
  
という事についても、非常に理解が深まりました。
  
  
非常に内容の濃い本だったので、
 
ひとつひとつ学んだ事を解説していくと、
膨大な量になってしまいますが、
  
ジョン・タイターの経験してきた人生、
ジョン・タイターの生きてきた世界、
 
というのは、とてもリアルで厳しいモノでした。
   
   
彼は、「銃火器の扱いに慣れるように」と、
現代人に対してアドバイスしていましたが、
   
彼は、少年の頃から戦争で戦って来ましたし、
   
彼のパラレルワールドでは、
「戦争で生き残る事」が非常に重要だったのです。
   
   
戦争が起こらないパラレルワールドにおいては、
彼のアドバイスが有効で無い事もある訳ですね。
  
  
そして、核戦争の後、彼の時代では、
地球をまた住みやすい星にするために、
  
【復興】に大きな労力を割いているようです。
  
  
彼の世界はネガティブなパラレルワールドとは言え、
  
ネガティブなエネルギーをかなり清算していて、
生き残っている人の中には、比較的ポジティブな人が多い様です。
  
  
他にも、
  
・一般的な人々は、みな農業をしていて、
 「自分の食べ物を自分で作る」という事をしている。
  
・各地で人が集まってコミュニティを作り、
 中央集権から、地方分権になっている。
 
・コミュニティ間の交流はそこまで活発で無く、
 コミュニティに貢献しない人は、コミュニティからの支援を打ち切られる。
 
・放射能汚染によって、出生率が低く、死産が多い。
  
・政治は社会主義国のような体制である。
  
  
という事でした。
  
  
彼のパラレルワールドをイメージして、思い出したのが、
  
【ゼータ・レクチル人】の歴史です。
  
  
ゼータ・レクチル人は、
 
現在の地球と同じ様な歴史を辿り、核戦争で自滅して、
 
地下に逃れましたが、女性が子供を産めなくなって、
 
代わりに、クローン技術によって繁殖するという道を選びました。
  
  
ゼータ・レクチル人たちは、
「行きすぎた個人主義」や「感情」が自滅の原因と考え、
  
クローン技術(遺伝子操作)により、
個人から「個人主義」や「感情」を抹消して、 
 
「何よりも全体を優先するという文明」を作りました。
   
  
ゼータ・レクチル人たちの世界では、
   
全体からはみ出した個人は、容赦なく抹殺されるのです。
   
   
そして、
 
・全体主義に偏っている「ゼータ・レクチル人」と
・個人主義に偏っている「地球人」が、
 
今、その偏りのバランスを取るために交流をしていて、
  
そのハイブリッド種のひとつが、エササニ人な訳ですね。
  
  
ここまで読んですんなり理解できる人は、
 
相当な「宇宙通、スピリチュアル通」です(笑)
  
  
ほとんどの人は、チンプンカンプンでしょうね(笑)
   
   
ゼータ・レクチルって何?ってな感じでしょう(笑)
   
   
まぁ、【人生や歴史にはパターンというモノがある】という事です。
  
  
・そのネガティブなパターンから抜け出すのか?
  
・いつまでもネガティブなパターンを繰り返し続けるのか?
  
  
ネガティブなパターンから抜け出す方法は、
  
どこかで自分がネガティブなパターンを繰り返している事に気付いて、
【勇気を持って自分を変化させる事】です。
   
  
例えば、恋愛なんかでも、
  
【似た様な相手を好きになって、同じような別れ方をしている】
  
というような人がいると思います。
  
  
そういう人は、人間関係から学んでおらず、成長していないのです。
  
  
ネガティブな現実を「他人のせい」にして、責任転嫁しているから、
  
【自分自身に原因がある事】に気づけないし、成長しないのです。
  
  
自分の内面に潜む「恐怖」を克服しない限りは、
  
根本的な解決などせず、
何度でも同じようなネガティブな現実を引き寄せます。
  
  
恐怖を直視し、克服した時に、
 
【何度も繰り返すネガティブなパターン】から抜け出せるのです。
  
  
何度も言うように、
  
【恐怖に対するリアクション】で、人生は決まります。
  
  
恐怖に向かって行くには、「自信」と「勇気」が必要です。
  
  
その「自信」と「勇気」を生み出すものは、
  
【無条件の愛】と【日頃の徳の積み重ね】なのです。


mixiチェック

haxe501 at 18:41│clip!