2014年09月27日

現実を直視する

人間というのは、意識をしなければ、
自分を基準にして物事を考えてしまう生き物です。
  
要するに、基本的には【主観】な訳です。
  
  
自分が良い人だと思っている人は、他人もみんな良い人だと思っていますし、
自分が悪い人だと思っている人は、他人もみんな悪い人だと思っています。
  
  
でも、実際の社会には、「良い人」も「悪い人」も混在しているので、
  
自分基準で考えている限り、
真実を正しく認識できている訳ではありません。
  
  
ですから、
  
どうしたって、「自分が考えている事」と、
「実際に他人が考えている事」にはズレが生じます。
  
  
例えば、私は「向上心」が強いです。
  
  
だから、自分基準で考えてしまうと、
「自分以外のみんなも向上心が強いだろう」と、
  
「主観」と「先入観」でそう思ってしまいがちなのですが、
  
実際には、向上心が強い人というのは、思っているよりも少ないのです。
  
  
それは、「他人の価値観」を学んで、初めて知る事が出来ます。
  
  
つまり、自分と価値観の違う人たちと触れあっていく事によって、
  
徐々に【客観】を学んでいきます。
  
  
「他人の価値観」を知り、「客観的視点」を持てる様になればなるほど、
他人への配慮ができ、空気が読める様になって行くわけです。
  
  
私は仕事柄、他人の精神状態を観察する事が習慣なのですが、
  
最近、私が思っているよりも、
   
【普通の人は自分の人生なんて、どうでも良いと思っている】
  
という事を理解して、ちょっと衝撃でした。
  
  
私は、【自分の人生を最高のモノにしたい】と思っていますから、
  
【世の中(社会)に対しても、最高の世の中にしたい】と思っています。
  
  
「自分の人生に対する態度」と、
「世の中に対する態度」は同じです。
   
  
【自分の人生なんかどうでも良い】と思っている人は、
  
別に、【世の中なんかどうなっても良い】と思っています。
  

だから、政治が良くならないのです。

  
何故、自分の人生について、真剣に、真面目に考えないんだろう?
  
と思いますが、
  
  
自分の人生について深く考えない人は、
  
1.現状の生活に「そこそこ満足している」
  別の言い方をすると、【まだ我慢できるレベル】
  
2.自分の内面にある恐怖やネガティブ感情から「逃げている」
  別の言い方をすると、【現状を他人のせいにして責任転嫁している】
  
そのどちらかです。
  
  
結局、人は怠惰ですから、
自分の【我慢の限界】が来るまで、徹底的に苦しまないと、
    
【自分の人生を変えよう!】なんて、本気で思わないんですよね。
  
  
私も、徹底的に苦しんできたからこそ、
  
その苦しみから逃れるために、自分を高めてきました。
  
  
初めっから【崇高な目的】なんて持てませんよ。
  
  
だいたい、「成長への道」というのは、
  
【この最悪にイヤな苦しい状況から逃れたい!】という所から始まるんです。
  
  
それで、自分の人生でイヤな事が無くなってきた時に、
   
次は、「情熱的に生きる事」を目指そうと思うのです。
  
  
ですから、ネガティブな状況というのは、
   
ポジティブな方向へ向かうためのエネルギー源なのです。
  
  
人間の精神には成長段階(ステップ)があります。
  
はじめっから、崇高な目的なんて持てませんから、
  
  
まずは、【このネガティブな状況から逃れたい!】
 
という気持ちを爆発させる事です。
  
  
それが、ポジティブな方向へ向かう為の推進力になります。
  
  
そして、【ネガティブから逃れたい】という気持ちを爆発させるには、
  
「現状のネガティブ面」をちゃんと直視する事です。
  
  
ネガティブ要素を無視し、逃げていると、
「ネガティブから逃れたい」という気持ちは爆発しません。
   
  
それは、自分が重い病気で、早期の治療が必要な状況にあるのに、
  
「大丈夫、大丈夫、診断の方が間違っているし、たぶん気合いで治るよ!」
 
なんて、
   
・地に足の付いていない、現実離れした楽観視
・訳のわからない、無謀な希望的観測

なのです。

だから真剣味が生まれない。
   
   
【現実を直視】しないから、
自分の置かれている「ネガティブな状況」に対して麻痺していて、
   
ジリジリと泥沼にハマっていくのです。
  
  
人間がネガティブな泥沼にハマっていく理由は、ただひとつだけです。
  
  
・「恐怖」や「ネガティブ感情」を感じたくないが為に、
  
・「現実を無視」している。 「現実を直視」していない。
  
・「現実離れした楽観視、希望的観測」に逃げている。
   
   
ただそれだけの理由です。
  
  
怖いことから逃げている、チキン野郎なのです。
  
  
全ては【現実を直視する事】から始まりますが、
  
人間の無意識というのは、
恐怖やネガティブ感情から、出来る限り逃げようとします。
  
  
だからこそ、心理のプロのチカラを借りて、
「恐怖」や「ネガティブ感情」を克服していくことが、
  
ネガティブな泥沼にハマらず、
自分の人生をポジティブな方向へ向かわせる為に「有効な手段」なのです。
  
  
「人の助けなんか借りたくない!」と、意地や見栄を張っている人は、
  
謙虚さが足りませんし、まだまだ苦しみが足りないと思うので、
     
謙虚な気持ちになるまで苦しみ続けるしかありませんね。


素直に他人の助けを借りられる人が、救われます。


mixiチェック

haxe501 at 11:03│clip!