2014年08月31日

「現実の厳しさ」と「平和ボケ」

また辛気くさい投稿になってしまいますが(笑)
  
  
最近、強く感じる事があるのですが、
  
現代に生きる人々の中には、
本当に「現実の厳しさ」がわかっておらず、
  
まさしく、「平和ボケ」しているなぁと思います。
  
  
今の時代ほど、真剣に、
本気で生きなければならない時代も無いと思うのですが、
  
それに気づけている人は、本当に少ないと感じます。
  
  
パラレルワールドの分化という
スピリチュアル的な観点だけでは無く、
  
原発とか、放射能の汚染の問題もそうなのですが、
  
一大事の事実に対して、持っている危機感が薄すぎると思います。
  
  
まるで、自分の脳天に「銃口」を突きつけられているのにも関わらず、
へらへら笑って【自分だけは死なない】とでも思っているかの様です。
  
  
そういう危機感が無い人って、
【どうせ困っても、他人が何とかしてくれるんだろう】
  
と思っているのです。
  
  
「国に頼ってはいけない!」とか言いながら、
  
自分では何も行動しようとせず、文句しか言えない。
  
  
自分で何も考えたく無いから、
面倒くさくない、楽な方へ楽な方へ考えて、
 
「周りもみんな騒いでいないし大丈夫」「なんとかなる」と言うような、
非常に偏った楽観視をして、まるで現実を直視できていない。
   
完全なる、思考停止状態。 
 
    
本当に依存的で、甘えた考えだと思います。
  
  
ホントに、政府はいざという時ほど、何ともしてくれないですよ。
  
  
それに、いざという時に他人に助けてもらえる人は、
「日頃から他人を助けている人」だけですよ。
  
  
情熱的に生きるのだって、充実した人生を送るのだって、
  
【やりたいことをやる】っていうのは、【本気】じゃ無いと出来ないのです。
  
  
「やりたいことをやる」って言うことは、そんなに簡単じゃ無い。
  
  
それに辿り着くまでに、たくさんの試練があり、
  
自分の【内面の恐怖、ネガティブ感情】を直視して、
それを乗り越えた人間だけが、「やりたいこと」を出来るのです。
  
  
内面の恐怖…、ネガティブ感情…、
 
結局、乗り越えなければならないモノは、
【自分の内面】にあって、
  
だからこそ、【心理に関する知識と知恵】が必要なのです。
  
  
全体の雰囲気として、
【事実に対して、あまりにも楽観的過ぎる】と思います。
  
  
もちろん、ポジティブな地球にシフトする人にとっては、
未来は超絶に明るいです。
 
最高の未来が待っている事でしょう。
 
 
でも、それは先ほど言った、
 
自分の【内面の恐怖、ネガティブ感情】を直視して、
「試練を乗り越えた人間だけ」に言えることです。
   
  
・自分のポジティブな未来
・未来のポジティブな世界
 
これらを引き寄せるには、
 
【心理に関する知識と知恵】が最も有効なのです。
  
  
真剣にマスターした方が良いと思うのですが、
  
その必要性、重要性を理解している人は、未だ少なく、
  
それよりも「お金」ばっかり追いかけている人が多い社会です。
  
  
私にとっては、
 
【未だにお金だけを追いかけている事こそが平和ボケ】です。
    
   
【現実は厳しい】です。
  
【平和ボケ】している考えだと、いつか必ず痛い目を見ます。
  
  
そろそろ、全体が「この危機的状況」に気付いて欲しいと思います。


mixiチェック

haxe501 at 11:10│clip!