2014年08月26日

「指導方法」の「指導方法」

私が、吉田さんのトランスチャネリングを紹介してから、
http://growheart.livedoor.biz/archives/51931815.html
 
既に10件以上、セッションの依頼が殺到して、
  
最近では、いろいろ忙しくしていると思います。
  
  
やはり、知識や情報などよりも、
【濃い経験こそが、最も価値のある財産】なので、
  
たくさんの経験を積んでもらえることが嬉しいですね。
  
  
今まで、「基礎固め」ばかりやってもらっていましたが、
  
私自身も、「指導方法について指導できること」が嬉しいです。
  
  
吉田さんも、これから、
【人を教え導くと言うことの奥深さ】を、
  
身を持って知っていく事になるでしょう(笑)
  
  
【親の有り難み】というのは、
自分が親になったときに初めてわかるものだと思います。
 
【先生の大変さ】というのは、
自分が先生になったときに初めてわかるものだと思います。
  
  
【人を教え導く】と言うことは、非常に高度なスキルが必要です。
  
「ただ情報を伝えるだけ」では、導くことにはなりませんからね。
  
  
巷の【くだらない自称教育者たち】は、
ただ情報を伝えるだけで、相手を正確に導くことは出来ていません。
  
  
うまく人を導いていくには、
高い基礎力が必要なのはもちろん、様々なコツがあるのです。
  
  
私の指導は、一言で言うと【的確】です。
 
自画自賛しますけど、
 
自分ほど「自己実現という領域」において、
【的確】に指導できる人は、いないと思いますし、
  
弟子たちも、私の【指導の的確さ】を身を持って感じています。 
   
  
その的確の精度を高めるには、
【広い視野】と【本質を見抜く眼力】、そして【経験】が必要です。
  
  
何でもそうですけど、問題の根本的解決には、
  
素早く「問題のコア(本質)」を発見し、
そこを「ピンポイントで突く事」が求められるのです。
  
  
優れた医者は、患者の悪い部分を一発で見抜けると思います。
 
その【見抜く能力】が、指導者にとって、何よりも大切なのです。
  
  
相手の状況、状態を正確に見抜けなければ、
【的外れな処置】をしてしまう事になってしまいますからね。
  
  
まぁ、見抜いた後にも、いろいろとやることがありますし、
それぞれにコツがあるので、全てを書き切る事は出来ませんが。
  
  
【指導力、指導技術】というものは、
 
経験を積みながら、ひとつひとつ私の伝えるコツを学び、
体得していくしかありません。
  
  
他人は、自分の思い通りにはなりません。
  
「思い通りにならない他人」の【自由意志を尊重】しながら、 
うまく人生を良い方向に導いていってあげる。
  
  
これには、表面的な技術の習得だけでは不可能です。
  
「思い通りにならない他人」に対する【忍耐】や、
 
相手の幸せを真剣に願うような、
【相手に対する無条件の愛】なども必要不可欠です。
  
  
【教育】や【指導】というモノは、
 
自分の【精神力】と【知力】を最大限に引き出し、費やす事が求められる、
非常に高度な【知的、精神的ゲーム】です。
  
  
高いレベルでの【愛】と【知性】
  
その両方が求められるチャレンジなのです。
  
  
【教育】や【指導】というものは、【限りなく深い】ものなのです。


mixiチェック

haxe501 at 18:28│clip!