2014年07月31日

地球維新の時代

現在の地球が置かれている状況というのは、
日本における【幕末】と非常に似ている訳です。
  
  
鎖国していた日本に、
遙かに進んだ科学技術を持った異国から、黒船が来港する。
  
これは、地球外からUFOがやってきているのと同じですね。
  
  
「幕末」から「明治維新」にかけて起こった変革を見れば、
   
【今後の流れ】も大体見えてくるわけです。
  
  
ただ、地球外生命体は、
科学技術だけで無く、精神的にも非常に成熟した存在なので、
  
地球と不平等条約を結ぼうとしているのでは無く、
対等な立場で交流したいと望んでくれているのが、
  
当時の列強たちとの大きな違いですね。
  
  
それで、現代における「幕府」というのは、
  
「政府」であったり、
「拝金主義のビジネスマンたち」であったりです。
  
  
そして、「維新志士たち」が、ライトワーカーですね(笑)
  
私の役割は、さしずめ【吉田松陰】と言ったところでしょうか。
  
  
それで、今は、
  
「幕府側に付くか?」「維新志士側に付くか?」
  
で、その後の自分の歩むストーリーが、大きく変わっていく時期です。
   
   
・早晩崩れ去る【旧体制】にしがみつくのか?
  
・まだ目に見えぬ【新体制】にシフトしていくのか?
  
です。
  
  
江戸時代にチカラを持っていたのは、武士でした。
   
でも、明治維新と同時に、廃刀令で、侍は刀を奪われたのです。
  
  
それと同じ事が、近い将来に起こってくるでしょう。
  
  
旧時代のシステムの中で、
非常に強いチカラを持っていた地位が、一気に転落していくのです。
   
   
今後、「物質(お金)」から「精神(心)」への
【価値観のシフト】が起こっていきます。
  
というか、既に起こりつつあります。
  
  
過去、パワーの質が、
【武力】から【経済】にシフトしたように、
  
今回は、 
【経済】から【心】にシフトしていくのです。
 
 
【 武力(江戸) → 経済(明治) → 心(今後) 】へのシフトです。
  
  
江戸時代や戦国時代などでは、
「剣術」が優れていると、尊敬されたと思います。
  
しかし、近代では、
「拝金主義のビジネスマンたち」が尊敬されてきました。
  
  
次は、【「高い精神性」を持つ人間が尊敬される時代】です。
  
  
例えば、今みなさんが幕末に住んでいるとして、
  
「これから明治維新が起こる!」って分かっている時に、
  
必死に剣術の練習なんかしますか?
  
  
きっと、時代の先が読める人は、
「岩崎弥太郎」みたいな事業家を目指すと思います。
  
  
そして、今、
  
「経済」から「心」へ【価値観がシフト】しようとしている時に、
  
【金を集める事】ばかりに躍起になって、固執して、
  
それが本当に【賢明な選択、賢明な判断】と言えるでしょうか?
  
  
  
おそらく、幕末に生きていた多くの人も、
 
「幕府が終わる」なんてことは、なかなか想像できなかったでしょう。
  
  
300年近くも続いてきた体制ですからね。
  
  
ただ、それを読める人間と、読めない人間で、
 
今後の「歩む道のり」は大きく変わってしまうでしょう。
  
  
私は、今、刀を振り回している人の中でも、
  
ちょっとはそれに気づける人がいればいいなと思っています。


mixiチェック

haxe501 at 20:54│clip!