2014年07月30日

チキンか? 勇者か?

夢を実現するには、
   
【夢】も【現実】も、両方見なきゃいけないわけですが、
   
多くの人は、
   
・「夢だけ」を見て、「現実」を見ていないか、
・「現実だけ」を見て、「夢」を見ていないか、
   
どちらかに偏っている訳です。
   
   
・地に足が付いていない「空想家、妄想家」か、
・常識や世間体に囚われすぎている「常識人、凡人」か、
   
大体どちらかに分類される訳です。
    
    
それに、「夢」と「現実」を両方見ても、
  
夢を実現する過程の【試練】を乗り越えられず、
諦める人も多くいるので、
  
さらに、【夢を本当に実現させられる人】の割合は、少なくなる訳です。
  
  
一番、イヤなパターンは、
  
「夢さえ描いていれば、きっと引き寄せの法則か何かで、
 チャンスが巡ってきて、自然と夢が叶うのだろう…」
  
と言うような、【受動的な楽観主義】に陥ることです。
   
   
そんな【受動的な態度】では、夢など叶わないです。
   
   
「受動的な楽観主義」に陥ると、
時間ばかりが無駄に過ぎていき、
  
気づいた時には、年齢だけを重ねていて、
  
夢が叶わなかったことを、
自分の【意志】や【覚悟】ではなく、
  
「才能」や「運」や「他人」や「社会」のせいにしたりして、
どんどん卑屈になっていく…。
  
  
個人的に、私はそういう人生が一番イヤだなぁと思います。
  
  
結局、人生の分岐点で、
「逃げるか?」「乗り越えるか?」で、
 
【 逃げ続けた人間 】 と 【 乗り越え続けた人間 】 が居るだけです。
  
  
本当に、それだけの違いだと思います。
  
  
私は、逃げたことも何回かありますけど、
【乗り越えた回数の方が、圧倒的に多い。】
  
  
だから、理想が叶っている訳です。
  
   
本当にそれだけです。
  
  
それに、一回逃げても、同じような試練がまたやってくるし、
  
結局は、いつか乗り越えるしかないわけです。
  
  
それに、私は「試練を乗り越える方法」を教えるプロですから、 
  
「乗り越える気のある人」は、私にその方法を聞いてもらったら、
 
負担も少ないし、スピードも速いんです。
  
  
  
チキンか? 勇者か?
  
  
人生で問われるのは、究極的にはそれだけだと思います。


mixiチェック

haxe501 at 19:55│clip!