2014年07月16日

長期的発展・幸せに働く

私が仕事で大切にしていることは、
  
長期的発展…、
  
つまり、「一時的な成功」や「一発屋」などではなく、
長期間にわたって、安定して成長していく事。
  
別の言い方をすると、
  
「持続可能な社会」ならぬ、
「持続可能な会社」を創ると言う事ですね。
  
  
もうひとつが、「幸せに働く」と言う事です。
  
「仕事の内容から得られる充実感」であったり、
「自分の好きな人と仕事をする」と言う事であったり、です。
  
  
ですから、人に仕事のアドバイスをすると言っても、
  
宣伝広告などによって、
目先の売上を上げる方法などについては、ほぼ触れません。
  
  
私が今までサポートしてきた人の中には、
  
・過去最高の売上げが上がりました! とか、
・顧客数が二倍になりました! とか、
  
そういった嬉しい声も頂くのですが、
私の目的は、そこではありません。
  
  
一過性の結果ではなくて、
安定して成長していく事が大切だと思っていますから、
  
目先で良い結果が出たからと言って、調子に乗っていると、
後で落ち込んだ時に痛い目を見ます。
  
  
「勝って兜の緒を締めよ」という諺もありますしね。
  
  
私の弟子やお客さんを見ていると、
真面目にやっている人は、徐々に収入が増えていますが、
  
いきなり急激にドカっと増えるよりは、
  
そういう風に、徐々に増えていくぐらいが、
波が無くて丁度良いと思います。
  
  
無理矢理、急激に上昇させたモノは、
その反動で、必ず落下していくものですからね。
  
私は、ジワジワと時間をかけて、
徐々に収入を増やしてもらえる方が良いと思います。 
   
   
そして、長期間にわたって安定成長を遂げようと思ったら、
   
「明確な理念」や「長期のヴィジョン」が必要です。
  
  
そうやって、「判断基準」や「目的地」を明確にしておかないと、
  
決断する時に、いつも「迷い」が生じてしまい、
自分がどちらに進めば良いのかわからなくなってしまいます。
  
  
ですから、私がアドバイスするのは、
 
主に、「内面と向き合って理念を明確にする事」であったり、
「自分の望みを明確にして、長期ヴィジョンを持つ事」についてです。
   
   
結局、【自分の内面や本質】と徹底的に向き合い、
  
「自分の本質」に沿った仕事のスタイルを創り上げなければ、
  
「長期的発展」も、「幸せに働く」と言う事も出来ません。
  
  
しかし、昨今では、
  
苦しみながらでも、
短期的な利益を上げる事に執着している人も多いかと思いますが、
  
そういう人は、自分の本質から来る純粋な動機ではなく、
  
「他人からスゴイと思われたい虚栄心」など、
内面のネガティブな部分から生まれてくる動機によって、
  
仕事をしています。
  
  
しかし、ネガティブから来る動機というのは、
「瞬発力」はありますが、「持続力」が無いのです。
  
  
ですから、
 
内面にネガティブな部分を抱えたまま突っ走っていると、
いつか天井に頭をぶつけ、転落する事になってしまうのです。
   
   
私は、「仕事」や「働く」と言う事は、
ライフスタイルの一部だと思っていますので、
  
「他人にどう見られるか?」よりも、
「自分が心地良いかどうか?」が一番重要だと思います。
  
  
例えば、本当は小さい家に住む方が好みなのに、
  
見栄を張って、友達に自慢したいから、
無理矢理大きな家に住んでしまうとか、
  
他人の目ばかり気にして、
「本当の自分の望み」をないがしろにしている人が、
  
ほとんどだと思います。
   
   
仕事も、家庭も、健康も、遊びも、
あらゆる面でライフスタイルのバランスを取って、
   
【自分の本質に合った生き方】をすれば良いと思うのですが、
   
ビジネス活動に精力的な人たちの多くは、バランスを欠いていて、
  
「物質的な豊かさ」を重視し過ぎるあまり、
「精神的な幸せ」や「肉体的な健康」を失っている人もいます。
   
   
確かに、全てを大切にするのは、大変です。
  
  
全てを大切にしようと思えば、それだけ労力も増えるからです。
  
  
でも、それでも何かの為に別の何かを犠牲にしたりせず、
  
「全てを大切にする人生」には価値があると、私は思います。
  
  
それは、不可能ではなく、可能な訳ですから、
大変でも、目指す価値があると思います。
  
  
私は、中学生の時に「自分の死」と真剣に向き合ったので、
 
「自分が死ぬ」と言うことを、リアルに感じました。
 
 
だからこそ、自分がいつか死ぬのであれば、
  
死ぬ時に自分の人生を振り返って、後悔するのはイヤだ。

   
【自分は「後悔の無い人生」を送りたい!】と、

強く望むようになったのです。
  
  
まぁ、最終的には、
 
【自分の人生に対して、どれだけ高い理想を抱けるか?】ですね。
   
  
私は、理想の高い人が好きです(笑)


mixiチェック

haxe501 at 20:04│clip!