2014年06月27日

「パラレルワールド」と「今後の時代の流れ」

「現実は内面の反映」と言うことですが、
  
情報にしろ、人にしろ、
【自分の波動にないものは、感知できない】様になっているらしいです。
  
  
情報にしろ、人にしろ、【感知できる、知覚できる】と言う事は、
自分がそれに近い波動を持っているからです。 
  
  
現在、地球ではネガティブな人も、ポジティブな人も、
混在しているような状況ですが、
   
   
基本的に、
  
ポジティブな人は、
ネガティブな人・情報にアクセスできない。
  
ネガティブな人は、
ポジティブな人・情報にアクセスできない。
  
という風になっています。
  
  
そして、その傾向は、今後ますます高まっていきます。
  
  
今では、ポジティブな人も、
少しはネガティブな人や情報に触れることができます。
  
逆に、ネガティブな人も、
少しはポジティブな人や情報に触れることができます。
  
  
でも、これからはその繋がりがどんどんと薄くなって、
接点が見えなくなっていきます。
  
  
地球全体の波動向上に伴い、
【類友の法則】が、強化されていくようなモノです。
  
  
例えば、書店に、
 
・これから世界はどんどん良くなる!という本と、
・これから世界はどんどん悪くなる!という本があって、
 
ポジティブな人は、前者の本を手に取り、
後者の本は目に留まりません。
 
ネガティブな人は、後者の本を手に取り、
前者の本は目に留まりません。
  
その存在にすら気づくことが出来ないのです。
  
  
そして、これからは、
 
ポジティブとネガティブが混在している地球から、
 
・完全にポジティブな地球
・完全にネガティブな地球
・または、その中間のどちらでも無い地球
 
に分化していきます。
  
  
今までいろんな色が混じっていたのが、【一色に統一】される感じです。
  
  
自分の波動の状態で、
どのレベルの地球にシフトするのか?が決まりますが、
  
  
要するに、「自分は良い人間だ」と思う人は、
 
これから、良い人ばっかりと出会うようになります。
  
  
逆に、「自分は悪い人間だ!」と言う人は、
 
これから、悪い人ばっかりと出会うようになります。
 
 
はたまた、「そのどちらでもない人間だ!」と言う人は、
  
これから、どちらでもない人ばかっかりと出会うようになります。
  
  
だからこそ、早めに自分の精神性を高めておけば、
 
残りの人生、良い人ばかりに囲まれて生きていけるようになるので、
 
「早く精神性を高めた方が良いですよね」って、私は言ってきました。
  
  
  
例えば、「自分の事が嫌いだ」って人は、
  
周りも自分の事が嫌いだって人ばかりに囲まれて生きる事になりますから、
  
ちょっとゾっとしますよね(笑)
  
  
「並行現実、並行世界の分化」を象徴するように、
 
私の創ったコミュニティ、
「はこぶね倶楽部」のメンバーは、
  
今後、自分のライフワークを見つけ、
それで収入を得ていける様な方向性になってきています。
  
  
今までは、
「ライフワーク(成功)を目指している人の集まり」だったのですが、
  
今後は、
「ライフワーカー(成功者)の集まり」になっていく様です。
  
  
私は、【やれば絶対に結果が出る方法】しか伝えていませんから、
 
あとは本人のやる気次第です。
  
  
時間差はあっても、やった分は必ず返ってきますから、
 
真面目にやっている人ほど、
報われるような現実が早く手に入ることになりそうです。
  
  
私は、自分の指導に自信を持っていますが、
 
逆に言うと、学ぼうとする人は覚悟が要ると思います。
  
  
私は、【やる気さえあれば必ず結果が出る方法】
 
と言うのを、今まで徹底的に追求してきました。
  
  
ですから、
 
「人のせいにして責任転嫁するクセのある人」にとっては、
  
結果が出ると分かっていても、
怖くて私のメソッドを学べないかもしれません。
   
   
それは、上手くいかなかった時に、【言い訳ができないから】です。
   
上手くいかなかったら自分のやる気がなかったせい。
   
   
それを認めるのが怖い人にとっては、
 
【結果が出ると分かっている方法の方が、怖い】のです。
   
   
ですから、
私の元には、【結果を求めるやる気のある人】しか寄ってきません(笑)
  
私も、そういう人しか相手をしたくないと思っています。
  
  
他人のせいにして、責任転嫁する様な、言い訳癖のある人にとっては、
  
【言い訳が出来ない事】こそが怖いのです。
   
   
これから自分に問うべき事は、
 
【周りが自分と同じような人間ばっかりになった時、
 それは居心地の良い世界だろうか?】
  
って事です。
  
  
「YES」であれば、まったく問題ありませんが、
  
もし「NO」の場合、早めに対策を取らなければ、
  
  
今後ずっと、居心地の悪い世界で生きなければならなくなります。
  
  
もし、もっと居心地の良い世界で生きたければ、
自分の精神性を高めるより他にありません。
  
  
ポジティブな地球で生きる事を選択した人は、
 
これから、たくさん心も身体もデトックスしなければなりません。
  
  
「全体がポジティブになる」と言う事は、
  
「中に抱えたネガティブの排出・浄化が加速する」と言う事です。
  
  
今、地球の波動が高まってきているので、
  
世界レベルで言うと、「天災、異常気象、事件、事故」など、
あらゆる方法でネガティブエネルギーの排出・浄化が起こっています。
  
  
個人レベルで言うと、これからますます、
  
精神的苦痛を感じる人、病気になる人が増えていくでしょう。
   
   
それは、自分自身をポジティブに浄化していくために、
避けては通れない試練です。
  
  
・その試練を乗り越えられない人は、
・地球全体の波動の高まりに付いていけない人は、 
・ポジティブな地球に付いていけない人は、
  
  
自殺するか、病気で死ぬか…、
  
天災、異常気象、事件、事故で死ぬか…、
  
  
とにかく、ポジティブな地球では存在できなくなります。
  
  
完全に自分を浄化するか? 死ぬか?
  
  
ポジティブな地球を選んだ人は、
  
【極端な二択】を迫られることになります。
  
  
ただ、パラレルリアリティの概念から言うと、
 
ポジティブな地球で死ぬ人でも、
ネガティブな地球では生き続ける、
 
というパターンもありますから、
 
どの視点から語るかによって、話は変わってきますけどね。
   
   
精神的苦痛も、病気も、
自分をデトックス、浄化する為に起こることです。
  
  
それを、浄化と捉えて、
生活習慣や生き方を改めて、生き残るか、
 
逆に、今までの古い生活習慣や生き方にしがみつき、死ぬか?
  
  
そのどちらかです。
  
  
私は別に、脅しで言っているのではありません。
  
  
私の得た複数の情報を統合すると、
 
今後20年間で、
地球の人口は「半分〜3分の1」にまで減ると言われています。
  
  
それだけ、ポジティブな地球で生き残れる人は少ないのです。
  
試練を乗り越えられない人は多いのです。
  
   
おそらく、宇宙の視点から見れば、
これでも、だいぶ多い方なのだと思います。
  
  
20年くらい前の情報だと、
25%〜5%くらいまで減ると言われていたのですから、
  
それに比べると、
  
たくさんの人(存在)たちの努力のおかげで、
生き残れる人はかなり増えていると思います。
   
   
私は、2010年か、2011年くらいの時に、
  
【 2015年までにどう生きるかが大切 】
  
という事を書いたと思いますが、
  
それを聞いたことのある人は、
ちゃんと悔いのない4年間を過ごしてきたのでしょうか?
  
  
まだ、あと少し時間はあります。
  
  
これを読んだ誰かが、
「これからは勇気と覚悟を持って、もっとポジティブに生きる!」と決断し、
  
これから幸せになってくれれば、幸いです。 


mixiチェック

haxe501 at 08:24│clip!