2014年05月24日

恩を仇で返す人間

私は、滅多に怒りません。
  
人を指導するときも、
  
・人は誰しも未熟である
・ネガティブな振る舞いをしている人にも「悪気は無い」
  
という前提で相手と付き合い、指導していますから、
  
他人の未熟さを見ても責めたり、裁いたりしないのです。
  
  
相手の状態によって、
  
厳しい事を言わなければならない時は、容赦なく言いますが、
   
それは、怒ったり責めたり、
感情的になっている訳でもなく、 
   
非常に冷静な態度で、
【結果を出すために必要】なので、伝えます。
  
  
ただ、私が唯一、「非常に強い怒り」を感じるのが、
 
【恩を仇で返す人間】です。
  
  
そして、私は今まで、たくさんの人たちから、
恩を仇で返されてきました。
  
  
・私のブログ記事からよく学んでいるにも関わらず、
 ライバル(反抗)心剥き出しで、批判・対抗してこうよとしてくる奴ら。
 
・過去の教え子、ビジネスパートナーたちも、
 「結果を出すためには、もっと高い基準で考えないと…」
 
 と助言した瞬間に、
 「現実の厳しさ」や「自分の未熟さ、甘さ」を認める代わりに、
 
 私から「自分の未熟さ」を指摘されたことに「逆ギレ」し、
 私を責めて、ケンカ別れになる。
 
 
と言う事が、今までよくありました。
  
  
なので、私には「怒りを感じる人間リスト」が結構あります(笑)
  
  
そして、【私にケンカを売ったことを、絶対に後悔させてやる!】
 
という気概で、いつも生きています。
  
  
もちろん、精神が成熟していく上で、
 
そんな事が気にならなくなって、
そういう人たちを許せる日も来るでしょうが、
 
私は無理はしません。
  
  
大切な事は、今の自分で幸せになる事です。
  
  
今、幸せになるために、
自分の感情を満たすために、または晴らすために、
  
ネガティブ感情を抑え込む必要はありません。
  
  
許した方が、
自分にとって幸せで、気持ちが良いのであれば、許せば良いです。
 
 
でも、許さない方が、
自分にとってポジティブな影響をもたらすのであれば、
  
別に許さなくても良いと思います。
  
  
私は、基本的に争いごとがめちゃくちゃ嫌いですが、

と言っても、売られたケンカは買うし、
絶対に負けるつもりもありません。
 
「返り討ちにしてくれるわ!」と思っています(笑)
  
  
なぜなら、私は【天(神)の意志】に従って生きているからです。
  
そこにコミットメントしています。
  
  
私のバックには【天】が付いているのです。
 
私に敵対することは、
【天を敵に回す】という意味合いに近いのです。
  
  
ですから、私には常に大義があって、
その大義が、無限の勇気をもたらしてくれるのです。
  
  
そして、私は私にケンカを売ってきた人間に対して、
「負けた」感じたことはありません。
   
相手が私に「負けた」とか、「自分が悪かった」と
感じているかどうかは分かりませんが。
   
  
インディゴ・チルドレンは戦士ですから、
 
基本的に争いが嫌いでも、
「大義のある戦い」では徹底的に闘います。
   
   
【いざとなったら闘える強さ】も、
  
自分の「正義」や「信念」、「使命」を貫くには必要なことです。


mixiチェック

haxe501 at 09:27│clip!