2014年04月30日

後悔しない人生

ここ5年を振り返って、
2009年、2010年は、私にとって「出会いの年」でした。
 
その時出会った【20代の若者】の多くは、「向上心」に溢れ、
将来に「大きな夢や希望」を抱いていました。
 
・独立する
・起業する
・社長になる
・金持ちになる
 
そんな野心を語る若者がたくさんいました。
 
 
そして4〜5年経ってみて、
 
その中の、野心を語った「何パーセントの人間」が、
夢や希望に向かって、今も迷い無く歩いているでしょうか?
 
 
おそらく、そう多くは無いでしょう。
 
1割以下かもしれません。
 
それが現実です。
  
  
私はそういった人々を見てきて、強く感じました。
 
【【 成功は甘くない 】】
  
と言うことを。
  
  
たぶん、ある若者がオッサンになった時、
 
「同窓会」なんかに行って、
周りの人たちを見渡せばわかると思います。 
 
【 成功する人間がどれくらいなのか? 】
 
と言うことが。
 
 
でもその時、自分が成功してなかったら、
もう【時既に遅し】です。
 
 
「こんな風になるってわかってたら、
 もっと若い頃頑張ってたのになぁ…。」
 
なんて、オッサンになってから振り返っても、
もう遅いんです。
   
   
人生は一度きり。 ワンチャンスです。
  
そのワンチャンス逃したら、また来世です。
  
  
私は、夢や理想を叶えられる可能性は、
誰にでもあると思っています。
  
でも、【実際にそれを掴める人間】はごく少数。
  
  
何故か?
  
  
一つ言えることは、
 
成功しない人間は、
【自分の成功よりも、友達や恋人の方が大事】なんです。
 
 
「友達と一緒に成功する」
 
それを実際に実現させている人もいるでしょう。
 
 
でも、たぶん成功した人に聞いてみればわかります。
 
あなたは、「自分の成功」と「友達」と、どっちを取りますか?
 
 
成功している人はみんな、【成功を取る】と答えるでしょう。
  
  
成功を取るか、友達を取るか? どちらが優先か?
  
そこが【人生の分け目】です。
  
  
自分を「今の周りの友達のレベル」に合わせていて、
【少数派の成功者】になれる訳がありません。
 
 
【経営者は孤独】と言われますが、
 
孤独を避け、孤独から逃げている様では、成功は無理です。
  
  
【孤独になっても、上に昇りたい!】
 
そういう人間が、上に昇るのであって、
  
  
「孤独がイヤ」なんて言ったら、上になんて昇れません。
 
ピラミッドは上に行けば行くほど、尖ってるんですよ?
  
  
だから、【浅く広い付き合い】から、
【狭く深い付き合い】になっていくんです。
  
  
他人と「浅く広い付き合い」しか出来ない人は、
将来性がもう見えています。
  
  
自分の人生、横に広がりたいのか、上に昇りたいのか?
  
大事なのは、その方向性です。
  
  
私は「ピラミッドの頂点」を目指していますから、
 
とことん尖って上を目指します。
  
 
それが、私の人生にとって、何よりも大切な事です。
 
そして、私の弟子も一緒に連れて行きます。
  
  
弟子にとっては、
  
私一人だけ先に進んで「大きく差がついてから」指導されるより、
   
私と共に、同時に成長していく方が、絶対に【楽で得】ですから。
 
 
斎藤一人さんの弟子だって、
 
現時点で一人さんに弟子入りして、みんな大成功できるかって、
それは難しいでしょう。
  
  
一人さんと【苦楽を共にし、一緒に成長】してきたお弟子さんが、
大成功している訳です。
  
  
もしかしたら、今後
 
【ある程度成長出来きたので、中井さんの弟子を卒業します。】
 
なんて言う人が出てくるかもしれません。
  
  
別に私は他人を縛りたいと思っていないので、
「どうぞどうぞ、好きにしてください」って感じです。
  
でも、その選択をする弟子がいたら、
きっと【二流、三流止まり】です。
    
  
私は一流の人間を育てる為にやっています。
 
中途半端にそこそこで満足して、私から離れていく様では、
一流にはなれません。
  
  
そもそも、

「自分一人だけでは一流になれない(上に昇れない)」から、
優秀な先生の指導を受けたいと思ったのでしょう?
  
  
誰かに弟子入りしなくても一流になれる、ごく一部の人間は、
他人に師事したりなんかしません。
  
  
ですから、【一流になる前に私から離れる】ということは、
 
そもそも成功しないか、
そこそこの結果が出せたとしても、
 
【自分は二流、三流で落ち着きます】と宣言している様なモノです。
   
   
私の弟子の条件は、【一流を目指す】ということです。
 
 
・「そこそこ」で満足するようであれば、
・「ピラミッドの上層(一流)」を目指さないのであれば、
 
私の弟子は降りてもらいます。
  
  
私は全員一流まで引き上げるつもりでやっていますからね。
  
  
しかも、今の私の弟子たちには「支え合える仲間」がいますから、
その点でも孤独ではありませんし、楽勝でしょう。
  
  
上に昇りたかったら、周りに流される様じゃ無理です。
  
 
泣きベソかいても、食らいついていく

【感情に流されない自制心、忍耐、勇気、覚悟、意志】が必要です。
  
  
私も昨日、「自分の未熟さ」を発見する機会があって、
 
めっちゃくちゃイヤな気持ちがしてきて、
 
「あぁ、みんなこれから逃げてるから成長しないんだよなぁ…」
 
と思うと同時に、
 
「このイヤな気持ちを乗り切るから、
 自分はもっと成長して、次のステージに進めるんだ!」
 
と、少し嬉しくもなりました。
  
  
「人生80年」と言われますが、
 
その中で、【勝負を掛けられる期間(タイミング)】というのは、

とても短いように思います。
  
  
その「短い期間、一瞬のタイミング」をどのように過ごすかで、
人生は決まります。
    
  
本当に、【人生は甘くない、成功は甘くない】と思います。
  
現実というのは、「冷酷無慈悲」な部分もあります。
  
  
私は、5年、10年経ってから、
自分の人生を後悔してほしくないから、
 
【先回り】して厳しい事を言っているのです。
  
  
ぜひ、「後になってから後悔しない人生」を選択し、歩んでください。


mixiチェック

haxe501 at 09:32│clip!