2014年02月18日

「寒波・大雪」と「浄化」

最近、「山梨の大雪」が問題になっていますね。
  
  
実は、昨年の11月頃、国本さんのチャネリングで、
  
「2月〜3月にかけて、自宅から出られない程の、
 寒波や大雪が来るかも知れないから、
 防災対策として、防寒着の用意や、食料の備蓄をしておきなさい」
  
という風に、メッセージを受け取っていて、
その情報を「はこぶね倶楽部」のメンバーにもシェアしていました。
  
  
アメリカの寒波が話題になった時、
日本には来なかったなぁと思っていたのですが、

遂に日本にもやってきましたね。
  
  
この「寒波・大雪」というのも、
高次元の視点から見れば、【浄化のプロセス】です。
  
  
高次元の存在によると、
  
気温が下がると、ネガティブなエネルギーの動きも鈍くなるので、
掃除がしやすいのだとか。
  
  
なので、北極圏近くなどの、
寒い地域は比較的エネルギーが高く、
 
夏よりも冬(北の大気)の方が、
空気がキレイに感じるのだと思います。
  
  
こうやって浄化のプロセスが進むほど、
首都直下型地震などのリスクや被害も軽減されるみたいなので、
 
被害に遭われている方からすると、
怒られる様な内容かも知れませんが、
 
大難が小難に抑えられているプロセスだと言う事です。
  
  
最近、10年に一度とか、20年に一度と呼ばれる、
自然災害や異常気象が発生していますが、
 
みな浄化のプロセスです。
  
  
被害を最小限に抑えるには、
人類の「波動・精神性」を高めることです。
   
   
これも怒られる様な内容かも知れませんが、
 
波動・精神性が高い人は、

高次元の存在からも守られますし、
被害に遭うこともありません。
  
  
自分の為に、全体の為に、自分の「波動・精神性」を高める。
  
  
それが、自分にとっても、他人にとっても、
最高の奉仕・貢献なのです。


mixiチェック

haxe501 at 19:23│clip!