2014年01月25日

アセンションこそ目的

先日、船井幸雄さんが他界されたというニュースを見かけました。
  
  
この時期に亡くなられる方というのは、
アセンション(次元上昇)できるのか?
  
という事が知りたかったので、
チャネリングで聞いてみたところ、
  
彼は、自分の金銭的利益の為に、
  
「世の中に広げた方が良い商品」を知りながら、
それを売らなかった、
  
というカルマがあるので、
「まだこの次元での修行が残っている」との事でした。
  
  
病気で亡くなられた様ですが、

それも、自分が積んできたネガティブなカルマによる
ネガティブエネルギーが原因であるとの事。
  
  
私が愛用している素晴らしい商品のメーカー社長も、

「船井さんの所にウチの商品を持って行ったけど、
 儲からないという理由で販売を断られた」

と仰っていたので、
本物研究所というネーミングに少し疑問が残りますね。
  
  
もう一人、最近亡くなって高名な方と言えば、
ネルソン・マンデラ氏。
  
  
彼について訪ねたところ、

彼はアセンション(次元上昇)に必要な、
最低限の「波動(精神性)の高さ」をクリアしていたので、
 
無事に、この次元での修行を終えて、
 
次は地球よりも高い次元の、
苦しみや痛みなどがまったく無い、
ポジティブな世界に行けると言うことらしいです。
  
  
私がいつも言っている様に、

全体の利益よりも、目先の自己の利益を優先し、
保身に走っていたら、せっかく他で積んだ徳も台無しです。
  
  
真に優れたリーダーとは、
 
目先の「自分の利益」や「保身」よりも、
常に【全体の利益を優先】します。
  
  
私も、常に全体を優先しているからこそ、
誰でも読めるブログで情報を発信しています。
  
  
目先の利益を優先し、他を犠牲にし、保身に走っても、
他人を犠牲にしたカルマは、いずれ自分に返ってきます。
  
長期的に見たら、良い事なんてないんです。
  
  
私は常に、長期的に考え、全体を考えています。
  
  
なぜなら、全体に貢献すれば、
いずれそれが自分に返ってくるし、
 
長い目で見れば、
それが自分にとっても一番良い事だと理解しているからです。
  
  
私も昔、「この人は全体の為に生きているなぁ」と尊敬していた方が、

恐怖に負けて保身に走るのを見て、
幻滅し、ガッカリしたのを覚えています。
  
  
保身に走るよりも、全体の為に生きる方が、賢い道です。
  
  
今、地球上のこの時代に生きている魂にとって、
一番大切な目的、目標は、【アセンション(次元上昇)する事】です。
  
  
このネガティブな次元(第3密度)に留まり、
幾度も輪廻転生を繰り返し、苦しい修行を続けるのか?
 
より高い次元(第4密度)に進化して、
一切の苦しみの無い世界へ行くのか?
  
  
現代の人々は、その「分かれ目」に立っているのです。
  
  
そして、アセンション(次元上昇)の条件が、
 
自分が何か判断、選択、決断しなければならないとき、

【目先の自己よりも全体を優先できるか否か?】です。
  
  
そして、ある人にとっては、

【現在のネガティブな人間関係よりも、成長を取るか否か?】です。
  
  
私の使命は、一人でも多くの魂を、
無事にアセンション(次元上昇)させることです。
  
  
できる限り、心を磨き、精神性を高めて下さい。

それに集中する事です。
  
  
もちろん、身体を大切にし、
健康状態を高め、維持する事も非常に大切です。
   
  
今のその鍛錬が、数十年後に驚嘆するほどの差となって、
報われる事になるのですから。 
 
今は、それしかやる事は無いのです。


mixiチェック

haxe501 at 18:09│clip!

この記事へのコメント

1. Posted by k   2014年02月04日 08:51
中井さん初めまして。まだ22歳なんですね。プログまだ他のところは遺伝子組み換え食品以外拝見してませんが、どこからそんなに沢山の情報を得たのですか?遺伝子組み換え食品について書かれていることは正しいと思います。ご自分の直接体験がありますか?
2. Posted by 中井貴雄   2014年02月06日 00:01
コメントありがとうございます^^
 
このブログを始めた時期がそれぐらいの年齢でした(笑)
今は7年経って、満30歳です。
 
私は20歳の頃から人の幸せについて研究し初めて、

心理・経済・健康・スピリチュアルなど、
多岐にわたる分野を学び、その本質を研究してきました。
 
もちろん、頭の中だけで完結させず、
体験を通して確信した事をベースにブログ記事を書いています。
 
ぜひ、他の記事も読んでいって下さいね。