2013年12月10日

「OS」と「アプリケーション」

弟子の吉田さんは、「カードリーディング」という、
「オラクルカード」を使ったセッションをしています。
  
国本さんも、その影響でカードを購入し、
セッションで「オラクルカード」を使うようになりました。
  
  
このオラクルカードには、
高次元の存在とエネルギー的に繋がりやすくする仕掛けがあり、
 
メッセージを降ろす以外にも、ヒーリングに使えたりと、
いろいろな使い方ができる非常に便利なツールなので、

自分もリーディングしてみたいと思って、
いろいろやってみるけど、あんまりコツが掴めなかったんですね。
  
  
で、前回吉田さんがセッションルームにやってきた時に、
いろいろ話していた中で、
  
このカードの効果的な使い方って
人によって違うんだって事がわかりました。
  
  
このカードは、誰でも使えるものですが、

人によって、発達している感覚が違うので、
【自分が敏感な感覚】を使ってカードを読み取れば良いとのこと。
  
  
吉田さんは、絵も描きますし、視覚が発達しているので、
カードの絵柄から、いろいろなメッセージを読み取ります。
  
  
国本さんは、今までチャネリングをしてきたので、

カードを持ってチャネリングするだけで、
メッセージを降ろすことができます。
  
  
私の場合は、【右手の手のひら】の感覚が発達しているので、

カードに右手をかざせば、
エネルギーを読み取りやすいらしいです。
  
  
そういえば、私が宝石を選ぶ時も、
宝石を【右手の親指】で触ってエネルギーを読みますからね。
  
  
私の心理や、私の扱う電磁波防止グッズもそうですが、
 
【本質を突いた万能なモノ】というのは、
何にでも応用が効きますから、
  
「使い方」が多岐にわたるんですよね。
  
  
本質を突いた「発明」も素晴らしいですが、
そういう発明ができる人はごく少数です。
  
  
しかし、その「発明」の【効果的な使い方】を研究し、

「一人一人に合った使い方」を伝えられるというのは、

発明家たった一人ではできませんし、
これから必要になってくる仕事です。
  
  
スマートフォンという発明は少数です。

しかし、中に入っているアプリケーションの開発と
効果的な使い方は、無数に広がります。
  
  
私の【心理(波動向上)メソッド】は万能ですから、
他のどんなセラピーやヒーリング手法にも応用することができます。
  
まさに、コンピュータを動かす基盤となる「OS」の様なものです。
  
  
それを用いて、弟子には一人一人、自分にしかできない、

オリジナルのソフト(セッション)を
創り上げていって欲しいと思っています。


mixiチェック

haxe501 at 21:05│clip!