2013年11月24日

「裁判官」と「生殺与奪権」

私は自分と他人を「幸せ」にする為に、
徹底的に研究を重ねてきました。
  
そして、ついに【万人に等しく効果の出るメソッド】を創り上げました。
  
しかも、結果が出るまでのスピードが【最短最速】です。
  
  
私の体系化した方法は、万人に等しく効果が出せますから、
私がサポートに入れば、どんな人でも人生が良くなります。
 
会社であれば、必ず業績が向上します。
  
  
ただし、私の協力を得られる事ができるのは、
今のところ【徳を積み、対価を払う姿勢がある人】だけです。
  
  
私は、自分と縁のある人には
誰にでも良くなって欲しいと思っているので、
 
私と出会うと、
そこから運気がめちゃくちゃ上がると思います。
  
  
運気って言ってますが、
波動が上がるので、調子(コンディション)が良くなるんです。
  
  
「私と会った直後」はみなさん波動が高くなっているので、
Facebookに写真や記事を投稿する頻度が上がります(笑)
 
非常にわかりやすい指標です(笑)
  
  
でも、私としばらく過ごしていると、 
「調子が良いのは自分の実力だ」と勘違いする人も稀に出てきます。
 
過去の教え子や弟子にもそういう人間がいました。
  
  
私がいなくても、この昇り調子を維持できると思ってるんですね。

そして、私のサポートを過小評価し、
自分自身には過信をし、私から離れていきます。
 
 
私は自分から離れる人間に対しては、
エネルギー的なサポートを打ち切りますから、
  
そしたら、今まで私から受け取っていた
「多大なプラス」が「ゼロ」に戻ります。

ですから、結局人生に変化が無いままなんですよね。
  
  
別に、今までがプラスで、それがゼロに戻るだけですから、
【自分本来の実力】に落ち着くだけです。
  
  
自分の実力を知るには良い機会ですね。
  
  
でも、ここで気がついたのですが、

私は「他人の人生を大きく変えるチカラ」を持っていると言う事です。
  
  
国本さんも、私と出会わなければ今の彼女は無いでしょう。
  
  
もちろん、何か結果が出たとしたら「半分は自分の実力」ですが、

でも、もう半分は「周りのおかげ」なのです。
  
  
おそらく、今後私のサポートを受けられるかどうか?

と言う様な瀬戸際にいる人もいると思いますが、
 
 
私にとっては「生殺与奪権」を握っているような、

相手の人生を大きく左右する、
有罪か無罪かの判決を下す「裁判官」の様な

そんな重大な責任感を覚えます。
  
  
天から大きな権限を与えられているからこそ、
出来る限り「自分の我」を排除し、

中立・中庸の判断をしなければなりません。
  
  
もう一度言いますが、
私は基本的に【誰でも良くなって欲しい】と思っています。
  
ですから、基本的には
やる気のある人であれば誰でもウェルカムです。
  
  
ただし、愛とは優しさと厳しさの二面性ですから、

私は基本的には「底抜けに優しい」ですが、
裏を返せば「底抜けの厳しさ」も持ち合わせています。
  
  
私が「厳しさ」を見せるのは、
相手が「学ぶ事」や「仕事」に対して傲慢な場合だけですが、
   
普段優しい分、その一回、一回はとてもヘヴィです。
  
  
普段は「過保護にし過ぎないようにしないとなぁ…」
と思うくらい優しいですが、
  
  
厳しいときは、
 
自分の「我」で厳しくし過ぎないようにしないとなぁ…と、
自分を戒めなければならないぐらい厳しいです。
  
  
でも、それも相手の早い成長を想えばこそですし、

私に厳しくされるのも、相手の自業自得、自己責任です。
 
 
故意にしろ、過失にしろ、それなりの事をしたからです。
  
  
国本さんも、今まで傲慢になる事がよくありました。
  
  
私の指摘を受けると時には泣いたりしますが(笑)

気持ちが落ち着くと謙虚になり、
自分の過ちを素直に認め、謝ります。
 
 
【 素直に自分の過ちを認め、謝る 】
 
これって普通の人には中々できない、
素晴らしい性格、素養だなぁと思います。
   
普通は他の何かに責任転嫁して、言い訳したくなります。
  
   
先日また一人、私の元に弟子志願に来ました。
   
   
私は自分からは引き上げる手を離しません。
 
だから、過信して自ら私の手を離さないように…。
 
と伝えました。
   
   
私も、より相手に対して中立・中庸の判断、態度ができるように、

「自分の我」を排除し続けます。


mixiチェック

haxe501 at 14:50│clip!