2013年09月19日

除霊の危険性

今日は、健康の先生の施術で、
今回はほとんど除霊をメインにして頂きました。
  
  
先日、国本さんから大量の邪気と悪霊をもらってしまい、

自分でもかなり浄化したつもりだったのですが、
その時の残骸がまだ身体に残っているとの事。
   
   
邪気と悪霊の性質についてお話を伺いながら、

痛みを伴う方法で(笑)
身体から邪気・悪霊を追い出してもらいました。
  
  
今回わかったのは、除霊なんて仕事は、
【絶対に素人は手を出さない方が良い】と言う事です。
  
  
ちょっと何回かの講座を受けたぐらいで、
「○○○ヒーリングができるようになりました!」

と言っている様な、
そこら辺の素人スピおばちゃんは、本当に危険です。
  
  
まず、オーラが視覚で認識できる【霊視能力】を持っていない時点で、
除霊師としての才能はありません。
  
  
悪霊は非常に狡猾です。

身体の「経絡」や「チャクラ」に寄生し、
本人のオーラ・エネルギーを吸い尽くしていきます。
   
  
それを生半可な能力で妨害しようとすると暴れ出して、
あらゆる手段で身体をボロボロにしようとしますし、
  
霊に取り憑かれた人に対して、
他人がお節介で何とかしようとすると、

その人に霊が乗り移ってきます。
  
  
自分の身も満足に守れないのに、
他人の事など何とかできるハズもありません。
  
  
先生は、霊がどう動くのか把握されていますし、
霊が取り憑いている部分をピンポイントで突いていきます。
 
そして、今までの経験で、
霊から身を守る方法も熟知されています。
   
   
中途半端なヒーリングをやっていると、

自分のエネルギーを吸い尽くされ、
ハイスピードで老けていき、早死にします。
  
  
もし、自分で邪気や悪霊をなんとかしたいのであれば、

「人の手」ではなく、
出来る限り「道具」でなんとかしようとする事です。
  
  
私のオススメしている「浄化アイテム」などがそれです。
  
自分の手を使わず、できるだけ道具を使って下さい。
  
  
「人の手」というのは、
卓越した超一流のプロの手であれば安心して任せられますが、
 
二流、三流、素人の手では、
単に【邪気と悪霊の「なすり付け合い」】になってしまいます。
  
  
先生も、道具を駆使した上で、自分の手も使われます。
 
素人でも、同じように道具を使えば、
正確性では劣るにしても、一定の効果は望めます。
 
 
気功とか、レイキとか、祈祷とか、お祓いなど、
巷にはいろんなヒーリング手法がありますが、

「人の手」や「人のエネルギー」を使うヒーリングに関して、 
任せられるのは超一流のプロだけです。
  
  
間違っても、素人に毛が生えた何の才能も経験も無い人が、
ちょっと勉強したからといって手を出せるモノではありません。 

命の危険があり、寿命も縮みますし、非常にリスキーです。 
   
   
素人はまず、優秀な道具を見抜き、引き寄せ、
優秀な道具を使いこなせるようになる。

まずは、そこからがスタートです。


mixiチェック

haxe501 at 16:04│clip!