2013年09月09日

諦めず、粘れば叶う

昨日は私とお客さん、合わせて計11名でいつもの宝石店の展示会へ。
 
半分以上のお客さんが新たな宝石を購入され、
さらにパワーアップされました。
  
  
お客さん同士が仲良くなって、
ワイワイ盛り上がっている姿を見ると、

「あぁ、自分はこれが見たかったんだなぁ…」
と感慨深い気持ちになります。
  
  
嬉しくてずっとニコニコしていました。
 
やはり、【人の成長と幸せに貢献する事】こそが、
何よりも自分のやりがいとなりますね。
  
  
ただ、イベントに参加されるお客さんの男女比が、
8:2くらいで女性の方が多いのが気になります。
 
昔は半々くらいでしたから。
  
  
「ハーモニック スタイル」のメンバー割合も、
女性6:男性4ぐらいなので、
 
私のメッセージは男女分け隔て無く
興味を持ってもらえていると思いますが、
  
積極的に絡んできてくれるのは女性が多いですね。
  
  
私個人としては「優秀な男性」も相手にしたいのですが(笑)
  
  
男は傾向として、弱い自分を見たくない、認めたくないので、
私の放つ厳しい助言から逃げて、避ける傾向にあるので、
 
素直で根性のある男性も増えて欲しいですね。
  
  
男って、女性と比べて
「弱い自分」を見たがらない、認めたがらない傾向にありますから。
  
  
私は現実で痛い目を見ないように、
先回りして厳し事を言っているのに、

男はどうもその厳しい助言を避け、逃げ、
自らの頭を打つ方を選んでしまうようです。
  
  
そこで気付けばまだ良いのですが、

学生時代の頃は大口を叩いていても、
サラリーマンになったら夢を諦めてしまう人もいるので非常に残念です。
 
 
「弱い自分」を素直に認めて自己責任を認めるよりも、

「仕方無い」と外的要因のせいにして
言い訳していた方がラクなんですよね。
  
  
女性はその点、学生の時には頭角が現れなくても、
社会人になってからも粘り強く自分を成長させ、
 
夢を実現する為に一歩ずつ進み続ける「粘り強さ」があります。
  
  
結局、諦めずに最後まで粘った人間が勝つのです。
  
  
あと、女性は男性と違い、余計な見栄やプライドが少なく、

「他人を素直に頼れる」「素直に助け合える」という所も、
素晴らしい利点ですね。
 
 
人間って自分一人で何でも出来きませんから、
全てを自分一人でやろうというのは自惚れです。

一方的な依存は良くありませんが、

対等な助け合いを前提として、
「素直に他人を頼る人」が成功しますね。
  
  
現在、自己啓発書やビジネス書を書いているのは、
男性の方が多い訳ですが、
  
次の時代では、ますます女性が表舞台に立ち、
活躍する時代になっていくのでしょうね。
  
  
少し前までの戦争やって【争う時代】は
男が活躍していたかも知れませんが、

これからは、【助け合う時代】ですからね。
 
 
時代に必要とされる素養も時代と共に変わってゆきます。
  
  
宝石店を出た後は、
お客さんと宝塚の石川さんのお家にお邪魔して、

歓談しながらディナーと日本酒をご馳走になりました。
  
  
この日本酒、びっくりするぐらい美味しくて、
自然と笑ってしまいました。
 
 
人間、本当に美味しいモノを口に入れると、
笑ってしまうものですね(笑)
 
 
あまり日本酒は飲まないのですが、
これは自分でも買って飲みたい!と思うほどの逸品。
 
 
「一流に触れる人間は一流になる」と言われますが、
これからは、世に存在する一流の食べ物も知っていきたいですね。
 
 
そして、より幸せに生きていける人を増やして行きたいと思います。


mixiチェック

haxe501 at 18:50│clip!