2013年07月28日

パラレルリアリティの分化

パラレルリアリティについて書きます。
 
 
2012年12月21日から、
パラレルリアリティの分化が始まっていると言う事ですが、

最近、その概念を「頭で理解する」というよりも、
肌の感覚で直に感じられるようになってきました。
 
 
カンタンに言えば、これからはますます、
「自分と同じような考えの人」とばかり集まるようになり、

「自分とはあまりにも違う考えの人」とは、
出会わなくなり、交流も持たなくなっていくと言う事です。
 
 
今までは「ポジティブとネガティブが混在した世界」ですが、
これからは二極化が進み、

自分がポジティブな人間だと思っている人は、
ポジティブな人とばかり出会い、付き合うようになり、

自分がネガティブな人間だと思っている人は、
ネガティブな人とばかり出会い、付き合うようになると言う事です。
 
 
単純に表現すれば、
 
自分が良い人であれば、周りも良い人だから、これから天国。
自分が悪い人であれば、周りも悪い人だから、これから地獄。
 
と言う事です。
 
 
自分自身の精神性のレベルによって、
各々の世界に別れていくと言う事です。
 
 
先日のチャネリング情報によると、

私は将来、自分みたいなオタク人間ばかりと
付き合うようになるらしいです(笑)
 
 
今はそれぞれ一人で孤独に研究をしているオタク達が、
いつか集まって、頭脳集団が作られるとの事。
 
その時期が楽しみです(笑)
 
 
今でも人間関係は自分の内面の反映ですが、
これからは、ますますその傾向が加速していくとの事。
 
 
とにかく、これから先は、
【自分と近しい考えの人ばかりとしか出会わなくなる】

であれば、今からできる限り自分が「良い人」になっておけば、
今後出会う人も、それだけ「良い人ばかりになる」と言う事です。
 
 
特に、宇宙人やスピリチュアルに対する態度や姿勢は重要で、
 
これらを否定すると言う事は、

現代科学至上主義で、未知の世界に対して保守的で、
宇宙人や霊に対して、相当な恐れを持っているワケで、
 
宇宙人がいると公になった時点で、
その恐怖が爆発して、否定派の人はパニックを起こします。
 
 
今まで真実を隠してきた政府に対する不信感も極まり、
何を信じて良いのかわからなくなり、

宇宙人に対して非常に排他的になる人も出てくるでしょう。
 
 
黒船来港に対する、「攘夷運動」みたいなものですね。
 
 
それらの転換をスムーズに移行できるかどうも、

どれくらいポジティブな世界にシフトできるかどうか
と言う事に大きく影響してくるでしょう。
 
 
自分みたいな人間ばかりの世界になったら、
そこは天国でしょうか?地獄でしょうか?
 
 
周りはみんな敵で、何されるかわからないと思っている人と、
周りはみんな味方で、安心できる、大丈夫だと思っている人では、

まったく違う世界に生きる事になるでしょう。
 
 
限られた資源が目の前にある時、

自分の分をまず確保するため、ネガティブに奪い合うのか、
全体の事を考え、ポジティブに分かち合うのか、

自分ならどうするのか?
 
 
地獄に住みたくなければ、自分の人間性を高める事です。
 
 
これからは、時間がものすごく貴重になってきます。
 
 
残された時間を
自分と向き合う為に使うか、ただ何も考えずに過ごすのか。
 
 
ここ数年は、自分がどういう一生を送る事になるか?という事において、
非常に重要な時期となるでしょう。


mixiチェック

haxe501 at 17:39│clip!