2013年04月30日

現場の人間とリーダーの役割

引き続き、「成長」と「人間関係」について書きます。
 
具体的な例で言うと、
私は中学生の時、自殺願望を持っていました。

そして、同じく苦しんでいる人たちを助けたいと、
昔はそう思っていました。
 
 
しかし、私が今、自殺願望を持っている人たちに対して、
一人一人、毎日10人も20人も相手にしていく事が、
 
自分にとって、そして社会全体にとって、
本当に一番良い影響を与える行いなのかどうか?

と言う事です。
 
 
私の今の役割は、

本気で波動を高める気のある人、

または、

将来、たくさんの人々にポジティブな生き方を伝える
未来の教育者、指導者を教え、育てる事です。
 
その方が、【全体をポジティブにする】と言う目的においては、
効率が良いのです。
 
 
逆に、「末端の仕事」ばかりしていては、
【全体に影響する】と言う事ができなくなります。
 
リーダーは個々の現場は後続に任せて、
全体の事を考えなければならないのです。
 
 
もちろん現場も大切ですし、
現場を経験しながら一歩一歩成長していく事が大切ですが、

現場をマスターし終えたリーダーの、
次の段階の役割は、

高い視点、幅広い視野から、
頭脳労働と情報伝達を通して、広く全体に影響していく事です。
 
 
・今にも死にそうな人達を一人一人相手にする仕事
・未来の教育者、指導者を育てる仕事

もちろんどちらも大切でしょうが、
どちらもいっぺんにやる事はできません。
 
 
どちらかしか選べないのだとしたら、

【自分の役割はどちらにあるのか?】

と言う事を自覚する必要があります。
 
 
経済でも同じです。

人々の生活を豊かにしたいと願ったとき、
 
 
目の前の乞食や貧乏人に自分のお金を施し続ける事と、
  
自分が金持ちになり、投資や事業や財団の設立を通して、
社会に広く貢献していく事と、
 
 
どちらも身銭を切ることには変わりありませんが、
【自分の役割はどちらなのか?】と言う事です。
 
 
前者を選び続ける人は、当然ながら後者にはなれません。
 
 
逆に、後者を選ぶ人は、

目の前の可哀想な乞食、貧乏人を自分が直接助けるのではなく、
間接的に助けていくという選択をする事と同じです。
 
 
具体的には、
 
雇用の創出し、仕事を創っていくという事や、

職業訓練、教育などを通じて、
働ける人、高い価値を生み出せる人を増やして行く事などです。
 
 
それは、目の前の人を一人一人直接助けるよりも、
より多くの人々を助ける道です。
 
 
リーダになると言う事、ピラミッドの上を登っていくという事は、
 
目先の人を自分が一人一人助けるのではなく、
大勢の人を間接的に助けていく道なのです。
 
 
人間には、それぞれのポジションと役割があります。
 
自分はどの立場、ポジションで活動していきたいのか?
 
 
「上を目指す人間」は、目先の事への執着を捨てて、

より大きな、より良い影響を生み出す為に、
全体を優先する勇気と覚悟が必要です。


mixiチェック

haxe501 at 01:30│clip!