2013年04月21日

「学習」と「会得」のステップ

人間が学習し、何か会得していく段階には、

・知っている
・理解している
・実践している
・結果がでている
 
というステップがあると思います。
 
 
結果がでないのは、実践していないからで、
実践できないのは、理解していないからです。
 
 
ここで大切なのは、
「【知る】と言う事にはさほど価値が無い」ということです。
 
 
学校のお勉強では、「記憶力」や「計算力」が大きく問われました。
 
でも、記憶力や計算力なんていうのは、

パソコンができた段階で、
人間にとってそれほど必要なスキルでは無くなってしまった訳ですね。
 
 
【知っている、何がすごいの?】ってな訳です。
 
 
例えば、斎藤一人さんは「ツイてる」って言いなさいとか、
竹田和平さんや小林正観さんも「ありがとう」って言いなさいとか、

そういう話はたくさんありますが、

やってない人は何故やってないのかというと、
「やる事の価値やメリットが理解できていない」からです。
 
 
「ツイてる」って100回言ったら100万円もらえる
とわかったら、誰でもやりますよ(笑)
 
 
人間は、価値やメリットがわかったらやるんです。
 
それには、知る事ではなく、理解する事です。
 
 
そして、私の心理メソッドは
【理解させる事】に重点を置いていますし、
 
その後の【実践方法】についても、
誰にでもできるような事ですから、

理解すればやるし、やるから結果が出やすい訳ですね。
 
逆に言うと、やってない人は、
実は知っているだけで【完全に理解まではしていない】と言う事です。
 
 
よく、

感動するから人は行動するんだ!
感情によって人は動くんだ!
 
と言う人がいますが、それは一時的な行動(衝動)です。
  
 
何かのドキュメンタリー番組を見て感動して、
一回の寄付をしたとしても、

10年続けられる人はなかなかいないでしょう。
 
 
継続的な行動には、必ず【理解】が必要なのです。
 
 
つまり、人間は理解したら実践、行動できるわけですが、
 
【実践方法】についてはお客さんにしか伝えていません。

なぜなら、実践方法だけを無料で伝えても人はやらないからです。
 
 
人は対価を払うからこそ、
「元を取るためにせっかくだからやってみよう!」

という気になるのです。
 
 
ですから、私の中で、

「ブログ記事(理解)」は無料
「具体的なノウハウ(実践)」は有料、という区別をつけています。
 
 
それでお知らせですが、今月の23日から、

5月1日からスタートする、
"はこぶね倶楽部"という会員制コミュニティの
メンバー 一般募集を始めたいと思います。
 
 
現在既に、モニターの20数名の方々を対象に
サービスを開始していますが、
   
はこぶね倶楽部では、
具体的な実践ノウハウを出し惜しみせず公開しています。
 
質問にも丁寧に答えていますし、
クローズなので、メンバー同士の交流も安心です。
 
 
料金は少しばかり高くなるかも知れませんが、

また、詳細はお伝えしますので、
興味がある方は楽しみにお待ち下さい。


mixiチェック

haxe501 at 00:00│clip!