2013年03月02日

「宇宙の秩序」と「社会の常識」

「宇宙の秩序」というのと「社会の常識」というのは、
大きく乖離しています。
  
例えば、私は「他人に迷惑をかけても良い」と言います。
 
 
社会の常識では「いけない事」と教えられている事でも、
 
宇宙の視点から見れば、善悪は無いのだから、

「そういう人に迷惑をかけてしまう自分を許す事が、
 精神の成長、幸せへの道ですよ」と伝えます。
 
 
でも、「社会の常識」で生きてきた人にとって、

今までの自分の考え方と違う事を言われた時には、
戸惑う事もあると思います。
 
 
その時、

既存の考えを守ろうとして、新しい考えを跳ね除けるか、
今まで自分の頭には無かった新しい考えを理解しようとするか、

という選択があります。
 
 
どちらを選択しても良いのです。 完全に自由です。
 
 
ただし、私個人は自分と他人を「幸せ」にする為に生きており、
その為の「成長」を提供していきたいと思っています。
 
 
もし、

・自分の未熟さなんか認めたくない
・成長なんかまっぴらごめん
・自分は不幸のままでかまわない
・社会なんかどうなっても良い

という考えの人がいたとしたら、

私とは「水」と「油」ですから、
きっと相容れる事はできないでしょう。
 
 
音楽でもまったく同じですが、

クラシックが好きな人間と、
クラシックが嫌いな人間がいたら、

わざわざ一緒に時間を共有したとしても、
まったく楽しくありませんね。
 
 
人間は必ず仲良くしなければならない、
必ず理解し合わなければならない、

というのもネガティブな思い込み、観念ですから、
 
一緒に居ても楽しく無い人とはただ離れれば良いだけです。
 
 
宇宙に「善悪」はありませんが、「好き嫌い」はあります。
 
自らわざわざ嫌いなことを選択する必要もありませんし、

各々が好きな事だけを選択すれば、
それが調和の取れた世界です。
 
 
バシャールも言っていますが、
人生に決まった意味はありません。
 
自分が与えた意味が真実になります。
 
 
高次元の情報を正しく理解するには、
「理解しようとする意志」が必要です。
 
 
波動が低い人に波動の高い情報は伝わりません。
 
私も初めはバシャールの言っている事が
ちんぷんかんぷんでしたが、

今わからない事でもいつか理解したいと思い、
自分を高めた結果、ようやくわかってきた事があります。
 
 
元々理解する気が無い人に、
いくら何かを理解してもらおうと思っても不可能です。
 
 
正しい、間違っているという価値観はネガティブな選択です。
好き、嫌いという価値観はポジティブな選択です。
 
 
どちらの価値観を採用して生きていくかも、
完全に個人の自由意志に任されています。


mixiチェック

haxe501 at 17:26│clip!