2013年02月22日

出る杭は嫉妬される、出過ぎた杭は尊敬される

【「出る杭」は嫉妬される、「出過ぎた杭」は尊敬される。】

と言うのが、私の持論です。
 
 
自分の内面が充分に成長すると、
外面でも変化が徐々に現れてきますが、

内面だけが変化しているウチは、
それほど人の気にとまりません。
 
しかし、外面が変化し出すと、嫉妬される事もでてきます。
 
 
もし嫉妬され始めたら、さらに勢いをつけて
「出過ぎた杭」になるまで飛び抜けていかなきゃなりません。
 
 
嫉妬されるのも、自分が過去嫉妬した事に対するカルマなので、

あまり気にとめる事無く、
自分のやるべき事を淡々とやるだけです。
 
 
私はもう何年も前から、ブログに、

【自分の将来のヴィジョンは世界規模で活躍する人間になる事】
 
と書いてあって、
実際にそうなるべく日々自己研鑽している訳ですが、
 
目に見えるモノしか信じれない人は、
私の外面だけしか見ず、完全に舐められる事も多いんですね。
 
 
で、そういうタイプの人が、

他人を自分よりポジションが上か下かというだけで判断し、
人によって態度があからさまに違うような、

目上には媚び、目下には偉そうな態度を取る人なのです。
 
 
そういう人が、嫉妬しやすい人なんですが、
大切な事は、現在のセルフイメージではなく、

ポテンシャルのセルフイメージ(将来のヴィジョン)と、
そこに向かっていく成長スピードの速さなのです。
 
 
謙虚さが足りずに批判されるのは自業自得ですが、
 
もし自分に非が見当たらず、それでも嫉妬され始めたら、
外見に変化が出るくらい内面が成長したのだと喜んで下さい。
 
嫉妬されても、自分のヴィジョンの邪魔になりませんし、
むしろ追い風となります。
  
 
それに、自分に嫉妬する様な人とは、
将来到達する高み、極み、レベルも当然違いますし、

どの道長い付き合いはできないので、すぐに別れが来ます。
 
 
と言う事で、嫉妬されても何も問題ありませんし、
特に気にする必要もありません。
 
気に止めず、自分自身をどこまでも成長させていって下さい。


mixiチェック

haxe501 at 06:22│clip!