2012年12月18日

事業主の働くモチベーション

前から国本さんに伝えていた事なんですが、
最近彼女もやっと腑に落ちたという事があります。
 
 
それが、

【独立して事業主になったら生活費の為に働いちゃいけないよ】

と言う事です。
 
 
ほとんどの会社員の人の働く動機は、
「生活費の為」に働いていると思います。

無給でも、将来の夢のためにこの会社で働く覚悟がある!
という人もいるかもしれませんが…。

そう言う人は少数派だと思います。
 
 
で、その会社員時代の金銭感覚のまま独立すると、
なかなか上手く行きにくい訳です。
 
 
生活費の為に働いていたら、
生活費もままならないのが事業主です。
 
なぜなら、動機がネガティブだからです。
 
 
雇われで縛られて働きたくない…、
お金に追われる生活はしたくない…、

みんな動機がネガティブです。
 
 
事業主になったら、事業投資も必要になるし、
仕事をするにも先にお金が必要な場合が多いです。
 
 
雇われで働くのに初期投資なんて必要ありませんが、

多くの場合、事業主は仕事をするのに、
店内の改装費やら広告費やらを先払いするのです。
 
 
あらゆるものが淘汰されていく時代に、

生活費さえ賄えれば…、

なんて小さい考えで事業をしている限り、
商売で負けてしまい、経済的に豊かな生活はできません。
 
 
【生活費で無ければ、じゃあ何の為に自分はお金を稼ぐのか?】
 
【そのために、いくら稼ぐ事を目標とするのか?】
 
という質問には、自分で答えなければなりません。
 
 
最近ようやく国本さんも、

【お金持ち=単純にすごい】という、
「爬虫類的反応」から脱却できたようですし、
 
 
私も国本さんも「お金の本質」を理解していますから、

自分が贅沢したり、他人に見せびらかして自慢したり、
羨ましがらせたりしたい訳でもなく、
 
その分、もっと「高次の動機」が必要になってくるわけです。
 
 
その「高次の動機」と「お金稼ぎ」が結びついたときに、
お金を稼ぐ為の永続的なモチベーションが完成するのです。
 
 
別にジャンクフードや化学物質入りの食品を売って、
人々を不健康にしている訳ではなく、

先述の自己啓発やスピリチュアルやビジネスにおける、
効果の出ない「アイドル的な幻想」を売っている訳でもなく、
 
 
私たちは、万人に共通する本質と法則を伝え、

人々のネガティブを解放し、波動を高め、
本質的な幸せを提供する仕事をしている訳ですから、

お金を稼げば稼ぐほど、
人の人生や社会に対して大きな貢献をしている事になります。
 
 
お金に対してネガティブな人間は、

自分さえ儲かりさえすれば、
他人の健康や人生、社会や環境がどうなろうとお構いなし。 

法律にさえ引っかからなければ、
お上からのお咎めが無ければ、何をやっても大丈夫。

社会や環境の為になっても、お金にならない事は一切やらない。
 
 
お金に対してポジティブな人間は、

お金はとても便利で大切なものだが、
どこまで行っても手段の域を出ないものであって、

目的では無いと理解しており、
自分たちの理想の生活や、社会や環境を良くするために、

「その為に必要な」お金を稼ごうとする。
 
 
ぜひ、あなたの「高次の動機(成長・貢献)」と
「お金を稼ぐ事」を強く結びつけて下さいね。


mixiチェック

haxe501 at 19:40│clip!