2012年12月14日

ライフワークの難易度

メンタルの話はいつもしているので、
今日は実務レベルの話をします。
 
 
ライフワークのコンサルティングをしていると、

起業するにあたって、
大体の人が「実務でつまずくポイント」というのがあって、
それは多くの人に共通していて、けっこう明確です。
 
 
それは、
 
1.サービスメニュー(価格設定)
2.販売(営業、集客)
3.会計(お金の管理)
 
です。
 
 
要するに、【 作る → 売る → 管理する 】の流れです。
 
 
この3つは全て密接に繋がっているので、
一つの変化が残りの二つにも必ず影響してきます。

もし商品の単価を変更すれば、
多くの場合、販売成約率や粗利率が変わってしまいますからね。
 
値上げや値下げの値段変更なんかも、全体的な視野に立って、
全体像を考えながらやる必要があります。
 
 
もちろん、上手く行ってる大企業などは、

全てについて細かくテストをしたりして、
緻密に行っていますが、
 
初めて自分で商売を行おうとする人は、
かなりつまずきやすいポイントです。
 
 
これは、3つを全体としてみる視点が大切です。
 
でも、この3つをそれぞれ単独としてではなく、
全体像としてわかりやすく伝えられる人は
中々見た事がありません。
 
 
で、独立して一番早く結果を出すのは、

自分以外の他の誰かが作った儲かる商品を扱い、
売る事だけを一生懸命にやっている人です。
 
 
ですが、私のところにくるお客さんの多くは、

「既存に良いサービスがないからこそ、
 自分自身で納得の行くものを作りたい!
 今までに無かった、新しくてより良いものを作りたい!」

という情熱を持っている方々です。
 
 
つまり、商品開発から集客から何から何まで、
ゼロからやろうとしているわけですから、
けっこう難易度が高いわけですね。
 
 
ですから、ライフワークって言葉にすれば軽い響きですけど、

結構難しい事にチャレンジしようとしているんだっていう風に、
前提として考えておいた方が良いと思います。
 
 
来年は、ライフワーカーを支援するための、
心理レベルと実務レベルの両方をサポートできるような、

そんなサービスを提供できれば良いかなと思っています。


mixiチェック

haxe501 at 19:34│clip!