2012年11月05日

「意志力」と「環境適応力」

人間の性格や個性というものを見ていくと、
「大胆さ」と「慎重さ」という風に、相反するものがあります。

そのうちの中でも、特に人生に大きく影響を与える相反の個性が、
「意志力」と「環境適応力」だと思います。
 
 
僕は、自分で言うのも何ですが、
意志がものすごく強いんですね。 超頑固です。
 
その代わり、「環境適応力」がほぼ皆無です(笑)
 
 
雇われて働いていたときも、
その環境に適応することができず、辞めたことばかりでした。

正義感も向上心も強かったので、
自分の思う理想の事ができないとストレスで仕方がありませんでした。
 
 
まぁまぁ自由にできて居心地が良い環境でも、
ある程度自分が成長してきたら飽きてしまって、

同じ所で勤務したのは、最長で一年でした。
 
 
で、「環境適応力」が無いものだから、

自分に合わない環境にいると、
「身体や精神の病」が発症して、

そこから立ち去らざるをえなくなります。
 
 
そのうち、どんなにお金が無かったとしても、
やりたくない仕事は一切できなくなりました。
 
 
自分の今までの人生としては、
「意志を貫くか、死ぬか」の常に二択だったのです。
 
それ以外の中途半端な道はあり得ませんでした。
 
 
で、こんな自分の内面を誰にも理解してもらえる訳でもなく、

まぁ悲惨な体験もたくさんしてきましたが、

やりたくない事はしない…、というか出来ないので、
「やりたい事だけで生きていく」という道を貫いてきました。
 
 
でも、多くの人は、
僕みたいに「環境適応力」がゼロというわけではなく、

個人差はあれど、ある程度、
今の環境に適応できる能力があるのではないかと思います。
 
 
でも、そこに大きな危険性も潜んでいます。

意志力が弱く、環境適応力が強いと言うことは、
環境に自分の生き方が大きく左右されてしまうと言うことです。
 
 
ですから、自分は環境適応力が高いと思っている人ほど、
環境を真剣に選ぶ必要が出てくると思います。
 
 
僕自身は、自分に合わない環境では、
冗談抜きに「病気になるか、死ぬか」してしまいますが、
 
そういった自分に合わない環境でも、
何とか堪え忍んでやっていこうと思うと、
自分の魂の道、本来の自分から遠ざかっていく危険性があります。
 
 
「環境選び」が自分の人生を分かつ選択になるかもしれません。

一番大きな環境は、「付き合う人」です。
 
これをもっと慎重に、そして真剣に選んでいく必要があると思います。


弟子の国本さんにも、
「あの時、あの人との縁が無かったら今の自分は絶対に無い。」

と言う様な「出会い」と「人間関係」があります。 
  
 
人間というのは、明確な意志を持たなければ、
周りに流されていってしまうものです。
 
 
だからこそ、自分の人生で、一番大事な環境を選ぶ時だけは、
その意志のチカラを最大限に発揮してもらいたいなと思います。


mixiチェック

haxe501 at 20:41│clip!