2012年10月30日

「罪悪感」と「忍耐」

多くの人が、苦しみの泥沼から抜け出せない
大きなの原因のひとつに、【罪悪感】があります。
 
「自分を責める事」と「他人を責める事」は同じです。
 
自分を責め、批判し続ける人も、
他人を責め、批判し続ける人も、

同じく苦しみから抜け出す事はできません。
 
 
そして、多くの人は目に映る
「現実」や「現象」にばかり気を取られ、
 
それを生み出している宇宙の偉大な法則や、
自身の内面を無視し、ないがしろにしています。
 
 
何時如何なる、どんな時でも、

自分にできる事は
【今出来る範囲でベストを尽くす】

と言う事だけです。
 
 
それ以上の事は到底出来ないのです。 

それ以外は潔く諦めるのです。
 
それ以上は人間を超越した宇宙の領域、神の領域です。
 
 
ですから、「現実」や「現象」がどう映ったとしても、
ぐれたり、腐ったりせず、【自分のベストを尽くす】
 
 
その姿勢さえ貫いていれば、結果は後から付いてきます。
 
以前も書きましたが、
「調子の悪いときこそが真価を問われる時」です。
 
 
他人からいくら責められ、なじられ、批判されて、
たくさん傷つき、涙を流しながらも、

僕は苦しい時も忍耐を崩さず、

自分と全体の将来の為に

「自分の内面を変え続け、精神性を高め続ける」
「ひたすらに徳を積む」

という姿勢を貫いてきて、
今振り返っても、本当に良い選択をしたと思っています。
 
 
人間には、どうあがいても何ともならない時があります。

それは宇宙の領域です。
 
 
他人の目線、反応がどうあっても、

自分にできるベストな事は
 
【自分を責めるのを止めて、
 自分を無条件に許し、愛する事】です。
 
 
他人からいくら強く責められ、批判されても、

自分がそれに値しないと思っていれば、
傷つく事はあり得ません。

その他人のアイデアを自分が採用したときに傷つくのです。
 
 
「苦しい時でも、
 一貫した姿勢、信念を保ち続ける事ができるかどうか?」
 
 
これが試されていて、底を脱したときに必ず、
忍耐を貫いて良かったと感じる事でしょう。


mixiチェック

haxe501 at 22:23│clip!