2012年10月26日

「営業研修」と「コンサル」

最近、企業の「営業研修プログラム」を
創ろうとしていたのですが、
 
 
【教育】って、内容もさることながら、
「どうやって効果的に伝えて行くのか?」

ってことがめちゃくちゃ大切なんですね。
 
 
教育の目的は、知識を与えて終わりなんじゃなくて、
「意識を変化させること」だから。

そうじゃないと確実な結果というのが出ないのです。
 
 
僕は、自分が対価を受け取って何かを提供するときには、
【確実に結果を出す】という事に対して異様に執着しています。
 
意地というか、こだわりというか…、プライドですね。
 
 
結果が出ない情報でも、「結果が出る」と言って
たくさん売ったら儲かるかもしれませんが…、
 
自分の信念が許しません。
 
 
自己啓発書やビジネスノウハウ本、
情報商材を買っても、多くの人は結果がでません。
 
それは、知識だけ学んでも、意識が変わってないから。
 
 
でも、「人の意識を変える」って
そうカンタンじゃ無いんですよ。
 
 
教える内容がパーフェクトでも、
受け取る相手の状態も加味して伝え方を工夫しないとダメです。
 
 
僕は、教える内容については絶大な自信を持っていますから、

相手の「やる気と意志」さえあれば、
すぐに意識を変えてもらう事ができます。
 
 
なので、セミナーするよりも、

1:1でやる気のある人をコンサルしているときの方が、
一番大きな成果がでます。
 
 
で、「中井さん、100人の営業組織の面倒を見て下さい」
って言われたときに、
 
僕がセミナーや研修なんかで一人一人に伝えて行くと、
すごく効率が悪い。
 
 
モチベーションが様々な人たちに対して、

一人一人心理を理解してもらう、
意識を変えてもらうって尋常じゃない事です。
 
  
そんなのは、複製媒体で基本を浅く広く伝えれば良いことです。
 
 
ですから、効率的に影響していこうと思ったら、

結局、社長とか営業部長とか、
管理職の人に徹底的に心理とか本質をマスターしてもらって、

その人が日々、部下からの相談にのってあげてもらう事の方が、
よほど効率が良いという事に気付きました。
 
トップの影響力が一番大きいですから。
 
 
と言う事で、やっぱり自分のやるべき事は、
トップ向けの1:1のコンサルに立ち戻りましたとさ(笑)


mixiチェック

haxe501 at 12:10│clip!