2012年10月23日

全ての企業の最大の目的

企業の活動の一番大きな目的というのを考えて見ると、
これは、「利益」という言葉に集約されると思います。
 
もしも「利益」が無ければ、ポジティブな行いだとしても
ボランティアや啓蒙活動という区分になりますね。
 
やはり、企業である限りは利益が絶対に必要です。
 
 
利益が出れば、自分の欲しいモノを買ったり、
将来の為に様々な投資をしたりもできますし、

諸経費や税金などで、自動的に「支払い」も起こります。
 
つまり、それで経済は回るのです。
 
 
では、利益を出すにはどうすれば良いのかというと、

これは、

1.売上(粗利)を増やす
2.効率を高める(お金、時間、労力などの無駄を削減する)
 
と言う事に集約されてきます。

つまり、「プラスを増やす、マイナスを減らす」
と言う事です。
 
 
そして、売上を増やそうとするにも、
効率を高めて無駄を削減しようとするにも、

そこに人が介在する以上、心理が必ず関係しています。
 
 
いつも言っている、
セルフイメージとメンタルブロックです。
 
 
よく、社長一人で管理できる社員の数は、
20〜30人だと言われています。

それ以上になると、さまざまな事が把握できなくなり、
優秀なマネージャーが育っていなければ、
規模を増やす事が出来ないという事らしいです。
 
 
社員数20〜30人以下は小さな会社で、
それ以上は中〜大の会社だとしたら、

小さな会社では経営者一人の意識、メンタルが全てです。
 
それ以上の規模になってくると、
新しい意識を組織全体に浸透させるには工夫が必要です。
 
教育、システム、環境設定などです。
 
 
これから、国本さんが
小さな会社の社長さん向けに新たなサービスを始めるらしいです。
 
多くの場合、小さな会社の社長さんの悩みというのは、
お金と時間、もしくは人間関係だと思います。

もちろん、健康の悩み相談も大丈夫ですが。


国本さんも、
個人向けとして社長さんの悩みにものってきましたが、

対企業とする事で、よりビジネスとしての突っ込んだお話もできますし、
社員さん向けのサービスも行う予定です。

 
良い方向へも悪い方向へもそうですが、
社長さんの意識が変われば、会社の全てが変わります。
 
 
そして、心理があれば、
あらゆる悩みを根本的に解決する事ができます。


今後は、より経済の現場で貢献できるようにしていきたいと思います。


mixiチェック

haxe501 at 19:34│clip!