2012年10月22日

「石」と「癒しの本質」

先日、実家に帰った時に、
以前から実家に設置していたパワーストーンを手で浄化したのですが、
その分、絶大な量の邪気を食らってしまいました(笑)
 
 
石の種類によっても効果は違いますが、
強力なパワーストーンほど、邪気を吸収する力も強いですし、
 
体中の気の流れが詰まりまくって、
浄化に一週間もかかりました。
 
 
こんなに体中の気が詰まったのは初めての事でしたが、
自分の身体を浄化する過程で、「貴重な癒しの知恵」を学びました。
 
 
石はただ持っているだけより、
石は扱い方を知っている事がすごく大切だと言うことです。
 
石も人も同じですが、元々悪い石や人もありません。

でも、邪気をたっぷりと吸収したら、
浄化しないとその邪気を周りにまき散らしてしまいます。
 
 
自分の身体を浄化する時には石を使いましたが、
石は上手く使うと、すごくヒーリングに役立ちます。
 
 
巷で言う「クリスタルヒーリング」です。
 
 
たぶん、石を使うとあらゆるヒーリング方法の中で、
一番手っ取り早く身体を癒すことができます。
 
 
ただし、それは「対処的な治療」であって、

本当に根本的に問題を解決するには、
その人の「生活習慣」や「考え方」を改めなければなりません。
 
 
日々の「食生活」や「生活態度」を正さなければ、
対処的な治療をやり続けても、お互い同じ事の繰り返しです。
 
 
「対処」と同じかそれ以上に、【予防】が大事なのです。
 
 
特に、セラピスト、ヒーラー、チャネラーと呼ばれる類の人は、

自分自身がまず健康でなければ、
他人の心や身体、霊体を癒すにも限界があります。
 
 
不健康というのは【肉体、感情、霊体】などの、
不調和な波動によって生まれます。

それを抱えたままでは、他人のお世話までできません。
 
 
もちろん、病気などの不健康を体験した人が、
健康の仕事に携わる事は多々あります。
 
 
でも、それは自分を治そうという強い意志から生まれるのであって、

「自分は不健康なままでもいいや」という様な
妥協の精神ではないのです。
 
 
私は波動に敏感なので、
時々ネガティブな波動をくらって体調を崩しますが、

自分は「体調の悪い状態」が大嫌いなので、
必死に身体を治すことに集中します。
 
 
食事、自然、石、ヨガ、ストレッチ、瞑想、神仏への祈り…、
ありとあらゆる方法を駆使して身体を治しにかかります。
 
 
その過程で、自分を治す方法と他人を治す方法を学びます。
 
 
今回も、

・どこの気の流れが詰まるとどういう症状がでるのか?
・どうすれば効果的に気の詰まりを取り、流すことができるのか?

と言う事をたくさん学びました。
 
 
ただ、他の人が石をヒーリングに使いたければ、

波動に敏感になって、
石の効果や扱い方を感じれる様になる必要があります。
 
同じ種類の石でも、モノによって個性もパワーも全然違います。
 
 
ですので、体系化するのはほとんど不可能だと思いますから、

自分自身がケース・バイ・ケースで対応できる
能力を身に付ける必要があります。
 
それには、感受性を磨き、たくさんの経験を積むことです。
 
 
そして、先ほども言ったように、

「生活習慣」を改めなければ根本的な解決になりませんから、
その人の「考え方」を変えて上げる必要があります。
 
 
よく、「感動」という言葉を引用して、
「人は感じるから動く」と言う人がいますが、

それは「一瞬の短期的な衝動」の場合であって、
長期的な継続的行動は、「理解」によってもたらされます。
 
 
人は、「自分に大きなメリットがある」と理解するから、
継続して自ら行動するのです。
 
強制させようとしてもダメです。
 
  
ですから、「相手に理解させる能力」を磨く事と、

「自分の意見を押しつけず、常に選択肢を与える」という
姿勢を持つ必要があります。
 
 
「人を癒す」というのは尊い仕事であり、
それ故、強い責任感とプロ意識が必要なのだと思います。


mixiチェック

haxe501 at 12:09│clip!