2012年03月08日

本当にやりたい事

最近、自分のエネルギーの調子がすごく悪くて、
どうにもならない状態だったのですが、

やっと自分のエネルギーを守り、そして強めてくれる
必殺マル秘アイテムを手に入れる事ができました(笑)

そのアイテムのおかげで、
まだ本調子ではありませんが、だいぶ回復してきました。


それと同時に、
目に見えない世界の影響って本当に怖いなと…。

自分は特に感受性が強いようなので、
その影響の受け具合がものすごいです。


でも、私は転んでもタダでは起きない男(笑)


久々に自分がうつ病になっていた時の事を思い出しました。


私は向上心がある人のサポートもしたいですが、
ネガティブの底にいる人のサポートもしてあげたいなと、

原点に立ち戻った気がします。


要するに、「成長」と「受容」もバランスが大事で、

自分はまだまだ未熟で成長したいという視点と、
自分はそのままで完璧、そのままで良いのだという視点。


矛盾している様ですが、

この両方の視点のバランスが非常に大切だと言うことが、
改めて腑に落ちました。


私はいつも言っていますが、
精神の耐久力みたいなものがすごく弱い人間です。

良い風に言うと、繊細です。


そして、繊細な上に、

どんなに苦しくても自分の信念は曲げたくないという
超頑固な部分も持っています。

だからこそ、心理を追求する事ができました。


最適な精神バランスを知る為に、
苦痛が最大限になるまで、両極端に偏ってみる。

最大限に苦しみながら、その苦しみを軽減、消滅させる方法、
精神に負担をかけない方法を体験を通して確立させる。

そんな体当たりの様な方法をやってきました。


きっと鈍感な方、ネガティブな事を気にしない、気にならない方は、
心理を追究しようなどと言う気が起きないと思います。


斎藤一人さんや桜沢如一先生は、
「自分は身体が弱い」とご自身で仰っていますが、

だからこそ、健康に詳しくなり、
健康に関する仕事をされているのです。


桜沢先生も、研究の為に、

わざと病気になるまで偏った食べ物を食べて、
一度自分自身が病気になり、

その病気を「食べ物」と「断食」によってまた治すことで、
マクロビオティックという体系を磨かれました。

桜沢先生も体当たりタイプですね(笑)


だから、そんな尊敬するメンターたちの気持ちが、
身を通してすごく良くわかります(笑)


あと、今回のエネルギー不調で学んだ事は、
私は上位のチャクラはとても強いのですが、
下位のチャクラが弱いと言う事です。


上位のチャクラは精神活動に使われるエネルギーで、

下位のチャクラは、
物質次元、物理次元での活動に必要なエネルギーです。


ここで、チャクラについてちょっとおさらいします。
知ってる人は読み飛ばして下さい。

第一チャクラ(ムーラダーラ・チャクラ)
場所:会陰・肛門と性器の間  
性質:生命力(体力・生存・元気さ)
色 :レッド(赤)、ブラック(黒)

第二チャクラ(スヴァディシュターナ・チャクラ)
場所:丹田・仙骨・へその下  
性質:感情・創造・欲求(遊び・社交・楽しさ)
色 :オレンジ(橙)

第三チャクラ(マニプーラ・チャクラ)
場所:胃・みぞおち
性質:意思・自信(仕事・志・強さ)
色 :イエロー(黄)

第四チャクラ(アナハタ・チャクラ)
場所:心臓
性質:人情(調和・受容・優しさ)
色 :グリーン(緑)・ピンク(桃)

第五チャクラ(ヴィシュッダ・チャクラ)
場所:喉
性質:表現(向上心)
色 :ライトブルー(青)

第六チャクラ(アージュニア・チャクラ)
場所:眉間(第三の目)
性質:直感(サイキック・潜在能力)
色 :インディゴブルー(藍)

第七チャクラ(サハスラーラ・チャクラ)
場所:頭頂
性質:精神性(高次意識との繋がり)
色 :パープル(紫)、ホワイト(白)


可視光線と言うのは、虹色に代表されるように、

波長が長ければ(振動数が低ければ)赤色、
波長が短ければ(振動数が高ければ)紫色になります。

可視光線から外れると、赤外線や紫外線など、
目に見えない波長となります。


オーラやチャクラの色というのも、
この法則に当てはめるとわかりやすいですね。


私のオーラの色は、「全体的に紫」と「一部に緑」ですが、

日々のコンディションによって、
開いている、使っている(強い)チャクラは変動します。


私の知り合いに、
どのチャクラが開いているのかがわかる人がいるのですが、

私の場合、日常的には白(第七)、藍(第六)が強いみたいですが、
時には、緑(第四)、黄(第三)が強いときもあると言っていました。

要するに、私は上位のチャクラばかりが強くて、
下位のチャクラがおろそかになっているわけです。


上位のチャクラが強いと、
もちろん精神活動は活発に行われる訳ですが、

下位のチャクラが弱いと、
物質次元、物理次元で活躍するエネルギーが弱く、
足りなくなるという訳です。


ここ最近、受け取ったネガティブエネルギーの影響で、
自分のエネルギーがものすごく下がった訳ですが、

それを回復するためには、
「お肉を食べた方が良い」という直感が降りてきました。


いつもは少量に抑えているお肉も、お薬と一緒で、
非常事態には積極的に食べる事も必要なのだなと思いました。

それで、(※高級スーパーで売っている質の高い)
お肉を買って食べたのですが、
これでまたかなり回復することができました。


お肉は下位チャクラのエネルギーを強める効果があると思いますが、
ネガティブなエネルギーも含まれていますから、

塩で浄化したり、命を捧げてくれたことに対し、
感謝の念を込めながら食べる事で、

お肉の波動を高め、
ネガティブな影響を減らして食べる事が大切ですね。


そこで、もう一度チャクラを見てもらったら、

白、紫、藍、青、緑、黄、橙、赤、黒、
全部のチャクラの色が見えると言うことで、

エネルギーのバランスが
だいぶ良くなった事が確認できました。
 
 
今後の自分の課題は、
物理次元、物質次元で活動する為の下位チャクラの強化です。
 
 
たくさんの人とコミュニケーションを取るにも、
下位チャクラの強化をシッカリとしておく必要があります。
 
 
自分の内面と向き合った結果、
今、私のやりたいことの本質は、

・若くて才能のある子を育てたい
・笑いあい、助け合えるコミュニティをつくりたい
・社会に大きなインパクトを与える仕事がしたい

という事でした。
 
 
でも、上の二つは金銭やビジネスとは無関係にやりたいですね。
これらによって受け取りたいのは、「魂の報酬」ですから。


もちろん、与える事と受け取る事のバランスが大事ですし、

ボランティアであっても、バランスを見ながら

「与えすぎない、過保護にはならないようにする」
「お互いの為に、必要であれば正当な対価を受け取る」

と言う事は前提としてありあますが、


私が好きな人たちは、
全員心理や精神を高める事に興味がある訳では無いし、

どちらかというと、僕の(ネットではなくアナログの)
キャラクターを好いてくれていますので、

そこと金銭やビジネスを絡めると、歪んでくると言う事がわかりました。


「経済的な報酬」と「魂の報酬」を完全に区別した方が、
より楽しい人生が送れるのだと思います。

それを体現されているのは、斎藤一人さんですね。


今までしばらく(気持ち的に)引きこもっていたので、

今後は、またたくさんの人たちと
楽しいアナログの付き合いをしていきたいと思います。


楽しい思い出がよみがえってきて、
本当に人の存在がありがたいなと身に染みます。


主に2009年、2010年中に出会った素敵な人たちと、
また再開できる機会も作って行けたらと思いますので、

どうぞよろしくお願いいたします。


mixiチェック

haxe501 at 19:48│clip!