2012年01月27日

「悲惨な現実の恩恵」と「無条件の愛」

私がなぜこんなにも成長して、
今幸せな人生を歩めるのだろう?

と考えると、

たくさんの「負荷」を背負ってきたというのが大きな要因です。

はっきり言って、僕の今まで歩んできた道のりは、
かなり悲惨な面があったと思います(笑)

そして、僕の弟子や教え子の方々も、
だいたい悲惨な目にあってきています(笑)
 
 
僕の周りには、そんな悲惨な状況でも純粋な心を失わず、
他人の事を考えられるような、そんなピュアな人が集まって来ます。


この世には悲惨な目に合う人はたくさんいますが、
それを幸せになる為の成長の糧とできるかどうかは、

自分に起こったネガティブな現実を
「人のせいにしない」という事が大切になってきます。


私が高速で成長できてきた、
もうひとつの大きな要因は、

自分が否定しているネガティブな現実を、
「決して人のせいにしてこなかった」という事に尽きると思います。


ネガティブな現実をすべて自分の責任と捉え、
恐怖や痛みと向き合い、根本的に解決してきたからこそ、
今の自分があると思います。


あまり「自分が被害者だ」という様な表現をしたくないので、
自分に降りかかるネガティブな事はあまり書きませんが、

今でもたまに試練(苦しみを感じる現実)がやってくる事があります。


今の自分だから不快感もそれほど感じませんし、
すぐに乗り越えられますが、

今自分に起こっていることも、
客観的に見たら、相当悲惨でみじめに見られると思います(笑)


ネガティブを他人のせいにする事は簡単ですし、
ラクに自分を守れますが、それは一時的なもので、

根本的な解決にはなりません。


私は、人のせいにする事は無意味と知っているから
自分を変える事に全精力を注いでこれました。


でも、なぜそんな悲惨な目にあっても、
人のせいにして逃げずに、恐怖や痛みと向き合って来れたのか?

と言う事ですが、

これは両親の「無条件の愛のおかげ」としか言いようがありません。


本当に苦しくて辛くてどうしようもない時でも、
自分がどんなに世間からみて立派でない存在でも、

両親だけは絶対自分の味方でいてくれる。

それを言葉だけでなく、態度行動で示してくれました。


だからこそ、なんど傷ついても、
ギリギリの所で生きてこられたのだと思います。


そして、「無条件の愛」を受け取ったからこそ、
それをまた自分の大切なの人々にも与えていけるのだと思います。


「無条件の愛」とは、どんな状態でも
ありのままを認め、受け入れ、尊重し、大切に想うという事です。


宇宙の視点から言うと、

ネガティブな状況のままでいたい人を、
そのままにして上げる事も、ポジティブな行為なんですね。


だからこそ、現在地球が徐々にポジティブになるにつれて、

ネガティブな事を体験したい人は
ネガティブな地球にシフトし、

ポジティブな事を体験したい人は
ポジティブな地球へシフトすると言われています。


私の夢は、この地球の悲しみやネガティブを全て解放、統合し、
超ポジティブな星にする事です。


最近、クライアントさんのトラウマ解放のお手伝いをして、

あまりにも相手の方の過去の体験が辛いものだったので、
自分が泣いてしまい、

もうこんな悲しい思いは誰にもさせたくないと、
その決意が強くなりました。


その為に、「心理」と「宇宙の法則」を学び、
伝えて行く事が非常に有効です。


悲しみを光に変えるために、
がんばっていきたいと思います。


mixiチェック

haxe501 at 04:26│clip!