2011年11月12日

人間関係における「基準」と「軸」

(※Facebookで書いた記事なのですが、
振り返ってみるとブログ向きだなと思ったので、こちらでも公開します。)

「中井さんって頭良いですね」ってたまに言われたりするんですが、
シンプルが好きなだけに、複雑な計算がめちゃくちゃ苦手です。

と言うか、嫌いです(笑)
 
 
斎藤一人さんとか本田健さんはすごく計算が得意だと思います。
 
本田健さんのマーケティングは本当にすごいです。
 
あれだけ本が売れているのは偶然ではなく、
緻密な計算の上です。
 
 
深く観察していくと、「どんだけ頭ええねん!」と思います。
 
 
でも、元ライブドアの堀江貴文さんは、
講演で「自分は計算していない」と言っていました(笑)

僕も同じタイプです(笑)

計算してたら
わざわざ人に嫌われるような発言しないと思いますしね(笑)
 
 
オバマ大統領とか、圧倒的なカリスマを持つ人は、
人の巻き込み方を緻密に計算してるんでしょうね。
 
 
逆に、僕の思考は直球ストレート、シンプルです(笑)
 
シンプルな生き方がしたいですし、
あんまり考えたくない面倒臭がりだからこそ、
考えなくても済むように「本質」を求めるのだと思います。 
 
 
 
僕の人間関係における行動指針は明確です。
 
 
 
【自分の持てる最高のモノを出し惜しみせずに与え尽くす】

与えたモノが返ってくると信じていますので。
 
 
 
【自分が与えるモノに対してお返しや感謝をしてもらえない場合は距離を置く】

これは、感謝して欲しいと言う意味ではなく、
価値観が違う人とはWin-Winになれないのでお互い不幸になってしまうのです。

僕も、いくら貴重なサッカーの試合のプレミアチケットをもらっても、
サッカーが好きな人とは価値観が違うので、感謝できないと思います。

自分の与えるモノに高い価値を感じ、
より喜んでくれる人との関係が大切です。
 
 
 
【受け取る事と与える事のバランスを取る】

与えすぎるときは、与えるのをやめるか、対価、報酬を要求する
受け取りすぎるときは、感謝を示し、恩返し、お返しをする

ちなみに、報酬はお金だけとは限りません。

自分が与える事で得られる、
自分を高めてくれる経験、機会、実績、人脈、素敵な感情

も大切な報酬です。
 
 
そして、価値があるものを受け取ったとして、

感謝もお返しも恩返しもしないとしたら、
自分のセルフイメージが下がってしまうので、

僕は受け取りすぎたら、感謝、お返し、恩返しを心懸けています。
 
 
 
人の価値観は人それぞれ千差万別ですから、
自分の軸を持つという事が大切になってきます。

どの価値観が素晴らしいというのはありません。
価値観に上下は無いのです。
 
 
僕の価値観では、一番高い価値を置いているのは、

やはり【自分を成長させ幸せにしてくれる知識や機会】と
【それを提供してくれる方々】です。

そこに一番感謝できるので、
事ある事に紹介してしまうのです。
 
 
最近は、【目に見える豊かさ】にも深く感謝していますので、
たくさん豊かさが流れ込んできています^^
 
 
 
この3つが僕の行動指針です。

計算嫌いの人間が辿り着いた、人間関係で悩まない方法です(笑)
 
 
本当に、「かけひき」とか「計算」とか、苦手で嫌いなので
よろしくお願いします(笑)
 
 
ま、僕の場合、
かけひきで人を利用しようと思っている人はすぐにわかっちゃうので、
即さようならしますけど(笑)
 
 
「かけひき」や「計算」が悪い訳じゃなくて、
どういう目的でそれをするのか?が大切ですね。
 
 
人を幸せにする為に「複雑な計算」をしてる人は、
僕にはできない事なので尊敬します。


mixiチェック

haxe501 at 16:43│clip!

この記事へのコメント

1. Posted by さゆりん   2011年11月12日 20:28
今日お話をうかがっていて思ったのですが

ボールの渡し方も本当は大切なのではないかという

気はします

貴雄さんの球はいつも直球なので はじめ

受け取るのが大変なこともありますが

しばらくすると納得します

これが計算されていないのがすごいところですよね!

感性のなせる技なのだと思います

貴雄さんの魅力ともいえるのかもしれません

直球の後の変化球って感じでしょうか(^◇^)
2. Posted by Takao   2011年11月12日 21:05
コメントありがとうございます^^

今日も言いましたけど、
僕は直感(インスピレーション)に従って、

その人の幸せに今一番必要なメッセージを
届けていると思っているんです。


それで、相手の方がどういう感情を持つかは、
僕にとってはコントロール出来ないところなので、
そこは仕方が無いと思っています。


自分が生み出す感情はすべて自己責任だと思っていますし…。


でも、素直な方ほど直球ストレートを喜んでくれますし、

一度ネガティブな感情を抱いた人でも、
後になって感謝してくれる人もいらっしゃいます。


これが僕の自然体、僕のスタイルなので、

それが好きな人が集まってきて、
それが嫌いな人は離れていきます。

でも、それで良いと思ってます。