2011年09月25日

目標となる人を見つけました

ついに、自分の目標となる様な人を見つけました。

それが、今までも時折ご紹介してきた、
ジョン・F・ディマティーニ博士です。

これまで、
ディマティーニ博士の書籍を三冊読みました。

・正負の法則
・世界はバランスでできている!
・そして、お金を「引き寄せる」最高の法則


どれも本当に素晴らしい内容なのですが、

読めば読むほど、博士の知識量に驚きますし、
自分のやりたい事を既に体現されている方だなと思います。

幅広い知識を持ち、
そして、何よりも「宇宙の法則」にフォーカスを当てて、
全てを論理的に説明していくあたりが、僕と非常に似ています。

こんな人いたのか! というカンジです。


と同時に、まだまだ自分が未熟であり、
得るべき知識も積むべき経験もたくさんあるなと知り、

謙虚になって、さらに向上できる事が嬉しくなりました。


シンプルで、再現性100パーセントのメソッドを
確立されているあたりも純粋にすごいなと思います。


僕のメソッドも「本質」と「メカニズム」に焦点を当てているので、
基本的には再現性100パーセントですが、

よりシンプルにわかりやくする事ができると感じましたし、
まだまだ洗練の余地があるなと思いました。


学ぶ事は簡単ですが、
自分が脳みそでわかっていることを、

いかに相手に実感させるかというスキルは非常に難しく、
そして、価値が高いことです。


それは、経験を積んで自分の腕を磨き、
洗練させていくしかありません。


もちろん、全ての人はユニークですから、

ディマティーニ博士のメソッドやコンセプトと、
僕のメソッドとコンセプトは近いですが、少し違います。

僕は僕の独自の表現方法を追求します。


しかし、ディマティーニ博士という、方向性を持つ事により、
自分のヴィジョンがより明確になり、モチベーションも高まりました。

やはり、目標となる人を持つ事が大事ですね。


本というのは、ページ数が多いから
学べる量も多いというわけではありません。

情報には、密度があります。

密度が高い情報は、
少ない量でも脳がお腹いっぱいになります。


僕がコンサルティングをする時も、

90分も話せば、相手の方の脳みそをお腹いっぱいにして、
もうこれ以上入らないよ、と言う状態にする事ができます。

まぁ、その時の相手の方の吸収力が高ければ…、
という条件はありますけど。


ディマティーニ博士の本は、
一冊で他の本の数倍の密度があると思います。

僕でも本の内容を全て落とし込むまでに少し時間がかかります。


人にはタイミングというのがありますから、

別にいますぐじゃなくても良いと思いますが、
いずれ、その時がきたら読んでみて下さい。

イチオシです。



mixiチェック

haxe501 at 10:25│clip!